タケヤと愉快な仲間達

大好きな映画やお酒、観光名所等、なんでもないような出来事を綴っていけたら・・・

スター・トレック(2009)

2013年09月07日 | 映画他レビュー
監督:J・J・エイブラムス 出演:クリス・パイン、ザカリー・クイント、エリック・バナ

【解説】
テレビドラマや映画でおなじみの「スター・トレック」を再構築し、ジェームズ・T・カークの若き日を描くスペース・アドベンチャー。あるアクシデントによりUSSエンタープライズに乗ることになったカークが、宇宙への冒険で成長していく姿を描く。監督は『クローバーフィールド/HAKAISHA』のJ・J・エイブラムス。カークを演じるのは、『スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい』に出演しているクリス・パイン。1960年代から続く人気シリーズが、最新のVFXを駆使してどう生まれ変わったのかが見どころ。(シネマトゥデイより)


【あらすじ】
ジェームズ・T・カーク(クリス・パイン)が宇宙艦隊に入隊して3年。USSエンタープライズに乗ることに成功したカークだったが、船内のトラブルメーカーになってしまう。それが気に入らないスポック(ザカリー・クイント)は、カークを船から追い出そうとするが……。(シネマトゥデイより)


 今まさしく旬である「スター・トレック」の第一弾。ジェームス・カークの出生秘話から宇宙船エンタープライズ号艦長となるまでの"ビギンズ"が描かれます。そしてスター・トレックの永遠の主役と言っても過言ではないスポックとの友情物語も見事に詰め込まれた佳作です。何度も言ってしまいますがなぜ当時観なかったんだろーなーって。今思うとフシギなぐらい面白かったです!

 僕の場合は「~イントゥ・ダークネス」2作目から観た訳だけれども・・・新生スター・トレックの素晴しい所は(以前も書きましたが)全く予備知識がなくても作品を楽しめるという事と、1作1作が作品として見事に完結している事にあります。これは言うは易しだが実際には非常に難しい事だと思う。ただ名作と呼ばれるシリーズ作品は全てこの手法がうまく連鎖しています。このシリーズも間違いなく長きに渡って"名作"と呼ばれる事になるかなあと。

 予備知識は必要なしと言いましたがやっぱり1作目を観て良かったと思う部分も(笑)スポックって冷静沈着理論的だと分かってはいましたが、ここまでとは・・・。2作目にうまく繋がれる経緯がよく分かりました。またカーク達が生身の身体で惑星に落下していくシーンや年老いたスポック(レナード・ニモイ)が登場したシーンには往年のファンも新生ファンも思わずニヤリ。(だと思う。)

 こんな名作が今はブルーレイで1500円で買えるんだから・・・いい時代になりましたよね~。1作目観てない人、「~イントゥ・ダークネス」を観るつもりなら絶対観てください。でももし・・・見忘れたとしても・・・楽しめる事は間違いありません。どっちやねん(笑)

タケヤの絶対的偏見評価 8/10(10点中8点!)

スター・トレック [Blu-ray]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン



コメント (2)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« ああ~今週も・・・ | トップ | 「道後温泉旅行」② お盆旅行♪ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (けん)
2013-09-08 01:47:06
今回のスタートレック観たら、やっぱり一作目も観たくなりますよね♪
俺もまだ観てないので近いうちにレンタルしてこようと思ってます☆
けん様 (タケヤ)
2013-09-09 21:14:50
おお~けんさんがまだ
観てないなんて珍しいですね!

これも・・・すっごい面白いですよ!

コメントを投稿

映画他レビュー」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

「スター・トレック(2009)」 友情の始まり (はらやんの映画徒然草)
「スター・トレック」の第一作が公開されたのは、「スター・ウォーズ」が大当たりをし
スター・トレック (to Heart)
原題 STAR TREK 製作年度 2009年 上映時間 126分 監督 J・J・エイブラムス 出演 クリス・パイン/ザカリー・クイント/エリック・バナ/ウィノナ・ライダー/ゾーイ・サルダナ/カール・アーバン/ブルース・グリーンウッド/ジョン・チョー/アントン・イェルチン テレビド....