タケヤと愉快な仲間達

大好きな映画やお酒、観光名所等、なんでもないような出来事を綴っていけたら・・・

HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス

2016年10月12日 | 映画他レビュー
監督:福田雄一 出演:鈴木亮平、清水富美加、柳楽優弥、ムロツヨシ、水崎綾女、皆川猿時、新井浩文、やべきょうすけ、勝矢、足立理、上地春奈、木根尚登、佐藤仁美、片瀬那奈、池田成志、安田顕

【解説】
あんど慶周のコミックを基にした実写化企画の第2作で、鈴木亮平演じる頭にパンティーをかぶることでパワーを発揮する主人公が新たな危機に挑むアクションコメディー。世界からパンティーが消失してしまうという非常事態に立ち向かう変態仮面の活躍を描く。監督は、前作に続いて『明烏 あけがらす』などの福田雄一。ヒロインの清水富美加やムロツヨシといった続投組のほか、柳楽優弥、水崎綾女らが出演する。鍛え上げた鈴木の肉体と俳優陣のコミカルな演技や、“変態秘技 苦悶蜘蛛地獄”などの新必殺技にも注目。(シネマトゥデイより)

【あらすじ】
世界からパンティーが消えていく状況で、色丞狂介(鈴木亮平)は姫野愛子(清水富美加)のパンティーをかぶり、変態仮面として悪を倒していた。複雑な感情を抱く愛子はパンティーを返してもらったが、狂介と愛子の心にすれ違いが生まれてしまう。愛子に対してひそかに好意を寄せる同級生の真琴正(柳楽優弥)は、愛子を傷つける狂介を憎いと感じていた。そんな中、変態仮面の前に新たな敵が出現し……。 (シネマトゥデイより)


 変態仮面・・・決してリビングで観させてくれる事のない作品。タイトルを聞いた瞬間のつれあいの顔は(もうホントに勘弁して。絶対子供の前で観ないで!なんで連休にこんな作品借りるのかしら?)と声なき声で僕に訴える。。。←本当に何も言ってないのだけれど僕にはそのように読み取れる。。。でも観るよ!近くの劇場ではどこも上映してなかったからね!自分の部屋で観れば家族には迷惑を掛けないよ!←と心の中でつぶやく。。。

 (で作品内容と言いますと)今作も前作以上にスバラシイ!もう変態仮面は鈴木亮平サンしか考えられないよね(笑)声も超ハマっててさぁ「それは私のおいなりさんだ。」もシビレちゃいますわ(笑)しかも今作からあの柳楽優弥クンも参入。着ぐるみ着てとんでもなくイッちゃってるその姿は「星になった少年」の面影は全く感じられません(泣)そして大金玉男(←どうよ?この名前(爆)) を演じるムロツヨシは前回同様、超ヤバいというか超キモい(笑)街中にいたら絶対に関わりたくない相手である。しかも今作では改造した身体でクモみたいになってる!ホント、キモさがハンパない。。。まあこの作品でまともな人を探す事自体無理なお話ですが・・・(笑) 後は完結編を作って早く3部作として欲しい。そしたらブルーレイ買おうっと(笑)

タケヤの絶対的偏見評価 8/10(10点中8点!)

HK/変態仮面 アブノーマル・ブルーレイ [Blu-ray]
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)

コメント (6)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« オーメン(1976) | トップ | エクソシスト »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは! (ヒロ之)
2016-10-12 20:59:45
タケヤさん、こんばんは。
TBありがとうございました。
たまには大人の男が観たい映画だってありますよね(笑)
まあ確かに題名がこれなんで余りおチビちゃんには教育的によろしくないかもしれませんが、コメディ映画としては普通に楽しめる内容ですから大目にはみて欲しいかも。
怪しい雰囲気で終わったので3作目の内容が気になります。
変態仮面は鈴木君がやってこその面白さだと改めて思いました。
Unknown (ふじき78)
2016-10-12 22:29:11
エロい部分を持つ映画なのにブログ記事で男の話題しか出てないのが、奥さんも心配する部分だったりするのでは?(超鋭いツッコミ)
こんばんは。 ()
2016-10-14 17:43:27
男女関係を描きながら、愛の深淵に踏み込む、というようなテーマは感じられませんでしたが、変態仮面が、意外にも、白い無垢のパンティを好み、それを愛子のものにする能力は、濃厚な恋愛でしか見れないものでしょうね。

大玉の怪人が奪っていく下着の山を観ても、何とも甚大な被害のある有害な怪人とは思えませんでしたが、男性で困る人は変態の側なのでしょう(笑)。すると、大玉は男性への世直しを考えたのかも。
ヒロ之さん (タケヤ)
2016-10-15 20:52:29
そう!男は何年経ってもHなんだから!(笑)

パンティパンティって(作品の中で)言ってるだけで別に教育上悪いとは思わないんだけどな~。(でもカミさんには勝てないんですけど(笑))

鈴木サン、ホントすごいと思います。
この人じゃなかったらここまで面白い作品じゃなかったと思いますもん。
ふじきさん (タケヤ)
2016-10-15 20:53:51
なんか前作の時も同じ事言われてましたよね~(笑)
僕、純粋にオンナノコが好きなんだけどな~。

深層心理で男が好き???・・・・なワケなーーーい!
というワケで今後も宜しくお願いします(笑)
隆さん (タケヤ)
2016-10-15 20:55:33
いや、そんなに難しいテーマじゃないっすよ。多分(笑)

観て笑って(アホだ~馬鹿で~)
そんな事を言う作品です、きっと!
間違いありません。

映画他レビュー」カテゴリの最新記事