タケヤと愉快な仲間達

大好きな映画やお酒、観光名所等、なんでもないような出来事を綴っていけたら・・・

傷だらけの悪魔

2018年12月21日 | 映画他レビュー
監督:山岸聖太  出演:足立梨花、江野沢愛美、加弥乃、岡田結実、藤田富、小南光司、仲谷香春、芋生悠、高野海琉、YUKINO、中島愛蘭、花影香音、福田愛美、吉増裕士、簑島宏美、岩井七世、川原亜矢子、宮地真緒

【解説】
コミック&ノベルサービス「comico」で連載中の澄川ボルボックスによる原作を実写映画化した学園サバイバルドラマ。田舎の学校に転校した主人公が、かつて自分がいじめていた少女と再会したことから立場が逆転、彼女をターゲットにしたリベンジ劇が繰り広げられる。出演は、『劇場霊』などの足立梨花、『大人になった夏』などの江野沢愛美、『ら』などの加弥乃ら。監督は『全員、片想い/あさはんのゆげ』の山岸聖太。衝撃的な物語に挑むキャスト陣の熱演に息をのむ。 (シネマトゥデイより)

【あらすじ】
家庭の事情で田舎の高校に転校した葛西舞(足立梨花)は、そこで中学時代に舞のグループにいじめられていた小田切詩乃(江野沢愛美)に再会。舞は詩乃のことを覚えていなかったが、恨みを抱き続けていた詩乃は、仕返しをしようと考える。そして、クラスメートを巻き込むバトルが始まり……。(シネマトゥデイより)


 超ひっさびさだね、映画鑑賞。なんか最近忙しくて観る時間がないんですよね。(まあ全く時間がないわけでもないけれど。)でも久々にアマゾンプライムのリスト見て(ああっこれだ!)と思ったワケ。だって梨花チャン、すっげえ可愛いじゃない。で鑑賞即決め!でも内容は結構暗めでしたけどね~。

 本作品、一言で言うならば「全員エゲツない。」

 舞もイジメをしてたからその仕返しにあってんだし、人の(イジメ)に乗っかってしまうこのクラスの連中もそう。担任なんか論外のクズ野郎だし(笑)ただね、ひとつ言いたいのは大人の世界も一緒。力関係(人間関係)のバランスが変わると周りも変わる。力を持てば寄ってくるヤツがたくさんいるし、その逆もあり。その中でしぶとく生きていくしかないんだよね。

 まあでも日曜の朝には似合わない、後味は悪い作品だったのは確かだなー(笑)

タケヤの絶対的偏見評価 6/10(10点中6点!)


傷だらけの悪魔 [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント




『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 高円寺の「STAR CASE」に行... | トップ | ファンタスティック・ビース... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画他レビュー」カテゴリの最新記事