タケヤと愉快な仲間達

大好きな映画やお酒、観光名所等、なんでもないような出来事を綴っていけたら・・・

アダムス・ファミリー

2013年10月06日 | 映画他レビュー
監督: バリー・ソネンフェルド 出演:ラウル・ジュリア、アンジェリカ・ヒューストン 、クリストファー・ロイド、クリスティナ・リッチ

【解説】
かつて「アダムスのお化け一家@」というTVシリーズにもなった、リチャード・アダムスの怪奇漫画を映画化。当主ゴメス、妻モーティシア、子供たちウェンズデーとパグズリー、モーティシアの母グラニー、それに物言わぬ執事ラーチと“手”。このアダムス・ファミリーの財産を狙う顧問弁護士は、金貸しの息子をゴメスの生き別れの兄フェスターとして屋敷に送り込むのだが……。(allcinema ONLINEより)


 おばけ一家アダムス・ファミリー。面白いかつまらないかは個人差あると思いますけどこのインパクトの強さは万人にとって変わらないものでしょう!1991年の作品なんですね。結構前だったんだなあ。この作品も映画館で観た記憶があります。高校生から大学生にかけて映画ばっか観てたんですねえ。それは今も変わりませんが(笑)今日も試験から帰って来て早々にDVD観賞しました。

 個性的なキャラクターと独特のブラックギャグが好きな作品でした。ゴメスとモーティシアの会話も(高校生の頃は分からなかったけれど)今観るとスゴくいい。エロくてシュールで刹那的で(笑)子供たちは子供たちで相手を電気椅子に縛ったり、斧を振り回したり・・・(笑)クリスティーナ・リッチはこの歳で存在感がスゴい!手だけが生きて動いている"ハンドくん"やフランケンシュタインにそっくりな執事"ラーチ"。そしてバック・トゥ・ザ・フューチャーで有名なドクが今作品ではゴメスの兄フェスターとして大暴れ!いやーホント懐かしい。。。1時間40分の上映時間はあっと言う間!そして最後は・・・M.C.ハマーで決まり!!!(むっちゃ流行ったよなあ(懐))いいねえ~。車ん中でCD大音量で聴きたくなりましたね~。(CD持ってないけど(笑)) 

タケヤの絶対的偏見評価 8/10(10点中8点!)

【Amazon.co.jp限定】アダムス・ファミリー(初回生産限定) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« やっと試験が終わりました。。。 | トップ | 安芸の宮島へゆく! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画他レビュー」カテゴリの最新記事

トラックバック

アダムス・ファミリー (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「アダムス・ファミリー」監督:バリー・ソネンフェルド出演:アンジェリカ・ヒューストン、ラウル・ジュリア、クリストファー・ロイド、クリスティーナ・リッチ、ジミー・ワーク ...