hiroべの気まま部屋

日ごろの出来事を気ままに綴っています

1月の神代植物公園:ロウバイ

2019-01-14 08:39:14 | 写真


 タイトルとは無関係ですが、梅原猛先生が亡くなられました。
 もちろんお会いしたことはないのですが、現在も続いている仏教の勉強、そのための本「仏教の思想」シリーズでの著者のお一人で、その意味では私の先生でもあります。西洋哲学者でありながら仏教哲学でも独自の見解を展開された大先生です。
 先生の功績に感謝するとともに、なかなか理解できないのですが、勉強の完遂をお誓いして、ご冥福をお祈りいたします。

 さて、本題に!
 金曜日に神代植物公園で蠟梅(ロウバイ)の写真を撮ってきました。



 神代植物公園には40本ほどのロウバイの木があるとのことですが、咲いていたのは日当たりの良い場所の数本だけでした。それでも、ロウバイ独特の香りがあたりに漂っていました。



 12月のベゴニアに代わりましてロウバイの写真、順次ご紹介していきます。





『写真』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 東京の今朝の天気(1月13日)... | トップ | 東京の今朝の天気(1月15日)... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
蝋梅の写真 (屋根裏人のワイコマです)
2019-01-14 09:52:01
素晴らしい写真となりましたね。
きっと先に蝋梅をしっかり良く見て・・
その香りまでを胸に染み込ませて・・
そしてから カメラに なので蝋梅が
望んだ角度で撮られていて、素晴らしい
作品となっていますね・・見事ですね・・
最後の逆光にも果敢に挑戦・・そのうちに
フラッシュを焚いたりしていろんな技工を覚えられると思います、春をありがとうございました
ワイコマさん (hiroべ)
2019-01-14 21:45:27
大輪の花は自ら主張してくれるので、ある意味
花任せでも大丈夫ですが、小さな花はポイントを
決めるのが難しいです。
どう撮ったらいいのかよく分かりませんでした。
冒頭の写真は特に、蠟梅の「蝋」の感じが出るように
頑張ってみましたが、どうですか?
勉強することは多そうです。

交換レンズはもちろん、フィルターなどの小道具も
少しづつそろえていますが、フラッシュはまだです。
やはり、フラッシュの効能を知ってその上で買うのが
いいのかと思っています。
フラッシュの使い方などの教室もありますので
一度参加するつもりでいます。

蝋梅! (ぴあ野)
2019-01-15 08:03:47
もう、そんな季節ですよね・・・
隣りの義父母の家にもあるのですが、
暖冬のせいか、葉が落ちていないから花の存在感がなくて・・・
ここ何年も、我が家の近所では、香りを追って探してみると、
葉付のまま、花が咲いていてがっかりさせられています。
地味な花ですかr・・・
蝋梅は、hiroべさんのお写真のように、キラキラと蝋細工のような輝きをもってほしいものです。

どのお写真も素晴らしいのですが
2枚目のお写真が、わたしのイメージする蝋梅の花なので
拝見していて一番うれしいです。
ぴあ野さん (hiroべ)
2019-01-15 11:45:53
普段の散歩コースにも蠟梅の木があって、
昨年末には花をつけていました。
それで、神代植物公園に出かけてみたのですが、
全体としてはまだこれからといったところでした。
それでも、小さな花で、数本咲いていれば鑑賞にも
写真を撮るにも十分でした。

今日もUPしましたが、しばらく蠟梅の花を
ご紹介していきます。よろしければご覧ください。

植物園で蠟梅はうめ園にあるのですが、梅はまだでした。
来月は梅を撮りに出かける予定です。

コメントを投稿

写真」カテゴリの最新記事