hiroべの気まま部屋

日ごろの出来事を気ままに綴っています

ノギ屋の弁当風鳥飯(バルサの食卓より)

2018-11-06 07:44:04 | 主夫業


 久しぶりの主夫業のお話です。冒頭の写真は、タイトルの「ノギ屋の弁当風鳥飯」を元に作った夕飯です。

 今年の2月の末から読み始めた、上橋菜穂子の「守り人シリーズ」全12巻(番外編2巻を含む)を先月末に読み終えたのですが、文庫本の裏表紙の紹介にもう一巻「バルサの食卓」というのが載っていたので、図書館で取り寄せて中身をみたら、これがなんと料理のレシピ本でした。
 守り人シリーズの中で、随所に食事の場面が登場しますが、その料理を再現したという何とも珍しいレシピ本です。

 守り人シリーズ全編が上橋さんのファンタジー系の創作ものです。登場する料理も当然、基本は上橋さんの創作によるもので、実際の料理があるわけではありません。上橋さんの場面ごとの料理イメージとプロの料理人が何人か参加して、料理創作の共同作業の結果がレシピ化されて本になっているという、ともかくユニークなレシピ本です。

 ということで、まだ読み始めたばかりですが、最初の方のレシピから簡単そうなものを選んで、昨日一品作ってみました。

 鳥飯ということですが、鶏の照り焼きをご飯の上に載せた物と思ってもらった方が分かりやすいと思います。鶏の照り焼きオン・ザ・ライスというわけですが、妻は「オン・ザ・ライス」は好まないので、皿で出して、私はご飯に載せて食べました。

 以下は簡単なレシピ(4人前)です。

 鶏のものも肉2枚は最初は皮目を下にして、油を使わないでフライパンで両面を弱火でじっくり焼きます。八分どおり焼けたら、たれ(すりおろしリンゴ1/4個分、醤油お玉1/2、酒お玉1)を加えて絡めて煮込み、さらにみりんお玉1/2を加えて照りを出します。
 仕上げに山椒の実20個分を軽くつぶして加えます。食べやすい大きさに切って、ご飯の上に載せ、残ったたれをかけて食べます。
 リンゴの種類で甘さが変わるようです。私は醤油をやや多め、みりんを少なめに調整しました。それと粒山椒の代わりに、粉山椒を切った後にかけて食べました。

 いたって簡単な鳥ご飯、味は◎です。妻も喜んで食べていました。粉山椒でしたが、特に山椒がよく合います。是非お試しください。お勧めです






 
 

 
『男の料理』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 東京の今朝の天気(11月5日)... | トップ | 東京の今朝の天気(11月7日)... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
美味しそうな・・ (屋根裏人のワイコマです)
2018-11-06 10:21:59
人間生き物ですから、まず食ですよね・・・
そして歳を重ねてきますと この食だけが
楽しみですよね~ hiroべ さまのように
料理の得意な人が羨ましいです
このレシピを印刷して、家内に渡してみます
家内は料理好きですから・・何でも挑戦
私はいただく専門で家内の留守のときしか
料理はしません。でもカレーとピラフと
スパゲティーは子供や孫には好評です
ワイコマさん (hiroべ)
2018-11-06 17:06:25
>カレーとピラフと
スパゲティーは子供や孫には好評です
いずれも基本的な料理です。これって素晴らしいことです。
他の料理も美味しくできると思います。
是非今日の料理も作ってみてください。
簡単です!

お~ (ぴあ野)
2018-11-07 18:38:32
久々に主夫業のお話ですね♪
しかも、守り人シリーズの再現とは・・・
わたし、このレシピ本は、見ていないんですよ・・・
シリーズ中から、ゴハンがおいしそうだねぇとは
話題になっていましたが・・・

何より、hiroべさん、シリーズ全巻読破とは、素晴らしいです!

残念ながら、わたしは鳥料理が苦手なのですが
(ごめんなさい!)
今度はタンダの鍋料理をぜひ♫
レシピ本の類は大好きなので、わたしも、今度、のぞいてみま~す。
ぴあ野さん (hiroべ)
2018-11-07 21:51:41
そうでした、鶏駄目でしたよね。
大変失礼しました。
さすがにぴあ野さん読みが深いですね。
ページの後の方ですが、タンダの鍋料理もレシピにあります。
次回はこれにします。(笑)

本の方は月に1,2冊のペースですから、のんびりと
読んでやっと終わったのですが、TVドラマを
思い出しながら楽しんで読みました。
この後は、予定どおり今度は本を思い出しながら
ドラマをもう一度見直したいと思います。

コメントを投稿

主夫業」カテゴリの最新記事