携帯からKanon祭り第6話

携帯で投稿です

今回、作画監督が堀口悠紀子さんです。
堀口さん独特の絵柄を抑えた仕事内容になってました
バランスを考えて、設定に対して忠実に修正する仕事っぷりに脱帽です


ではでは
コメント ( 2 ) | Trackback ( 5 )


« まだ家具が ぽんぽこ »


 
コメント
 
 
 
京アニ (スタジオ時代(だけ?)を知る人)
2006-11-10 12:48:30
初めまして、こんにちはぁ。
とあるブログのコミュに懐かしい名前が。
で、クイズの答えと言うわけじゃないですが。

2.の民家に補足を加えると。
元、二棟続きの賃貸借家だったはずです。
(京都アニメーションスタジオ時代は、その半分を借りて仕事をしていました。その後有限化した前後だったかな・・・に、二棟共の使用を始めました。一時は、駅に向かった窓を使って、たこ焼き屋をしようかなどと言う冗談話もしていたような(笑))
 
 
 
のどかでよいですね。 (管理人しゃにむに)
2006-11-10 13:52:08
スタジオ時代(だけ?)を知る人 様

こんにちは
京アニに関する情報ありがとうございます

私は昔の民家時代の京アニを知らないもので、
こういう情報は大変うれしいです

たこ焼き屋をやろうかという冗談話や、
昔やっていた小さな美術館にしても、
雰囲気がのどかで良いですね

他のスタジオをたまたま見に行ったのですが、
スタッフがまるでゾンビのようになってまで、
作業していました
それと比べると京アニのほうは、
あまりそういうのがなく、本当に羨ましく思っています。

ではでは
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。