光山鉄道管理局・アーカイブス

鉄道模型・レイアウトについて工作・増備・思うことなどをば。
こちらはメインブログのアーカイブとなります。

Nゲージの「骨董モデル」に思うこと

2013-08-27 18:47:55 | 思いつくままに・考察






 






トップページ レイアウト・モジュール 車両紹介リンク
思い出の書籍 ふと思うこと 趣味の思い出 そのほか



 今回は最近の入線車に感じたことから

 2,3か月前でしたか、たまたま奥の出物に「関水金属の初代C50」というのがあり入札状況を見ていたらあれよあれよという間にとんでもない値付けが付き仰天した事があります。
 最後の方では8万円弱位になっていたと思いますが落札画面を見ていないので最終的にはいくらになったのやら。
 これで驚いているようでは自分には骨董コレクターは向いていないとつくづく思います。

 さて、一昨年、鉄博風のモジュールを作った時にそこの展示車(もともと運転会で他のメンバーの自慢の車両を展示してもらう事が目的でしたからあまり自分のは意識していなかったのですが)をエントリーした時、自分の手持ちの車両の中に骨董物の旧モデルが意外に多いのに気づいて苦笑した事があります。

 以前も触れましたが私の場合、趣味の中断期間の終わり頃に車両の大半を親類に譲渡してしまっており、基本的には再開以後の車両ばかりです。
 ですからここに並ぶ骨董車両の群れは趣味の再開以降にあちこちの中古屋で見つけたものという事になります。
 (中にはKATOのEF65とかDD13とかみたいに奥で見つけたものもあるにはあるのですが)

 その目で見るとこの10年位でずいぶん増えたものです。
 入線理由は値段の安さというのももちろんですが、親類に譲渡してしまったのと同じ機種を懐かしさにかられて購入するパターンとか、中断前の時期に「欲しくても買えなかったもの」への意趣返しとかもあると思います。

 前者の場合は、中断前の青春時代の思い出を甦らせるという意味では純粋なノスタルジーという事になります。
 ですが後者の場合はどう解釈したものやら(汗)
 KATOの181系とか、TOMIXの香港583系、あるいはエーダイのキハ58系なんかがこれに該当します。
 いずれも現代の水準でリニューアルされているモデルが多く、単純に出来を問題にするなら最新型のモデルを買った方が良いに決まっています。

 ですが店先などでこれらの骨董モデルを見つけてしまうと親の仇を見つけた様な気分になります。
 あの頃のあこがれのモデルは大概カタログや専門誌などの写真を食い入るように眺めたモデルが多く(笑)頭の中に刻みつかれた特徴が実物を目の前にすると甦る事で頭の中の何かのスイッチが入ってしまうようです。
 で、気が付くと鉄博モジュールを埋め尽くしても足りないくらいの骨董モデル(そのくせプレミアは殆どなし)が並ぶ事になります。
 我ながらなんという事かと。

 不幸中の幸いはそれらの大半が1両辺り3桁価格だった事です。
 今ほど骨董モデルにプレミアが付かなかった時期に集中して購入・入線させたのが効いていますが最近ではなかなかそうもいかない事も多いようです。
 最近だと先日レストアしたEF70あたりがそんな値段でしたがあれくらいのパーツの欠落が無いと安くもならないようですね。 

 さて、こうしたビンテージモデルの入線増加に伴いやはり「走りはどうなんだろうか」と言う部分に関心が向きます。

 もちろん最新モデルの方が走りがスムーズなのは当然なのですが走りの個性の点ではまだまだ旧モデルも面白い所があると感じます。
 TOMIXや中村精密のテンダードライブ、エーダイの5極モータ、これまたTOMIXのウォームスプリング伝導やしなのマイクロのフライホイールと初期から80年代のNゲージ勃興期のモデルの動力機構にはメーカーの個性や主張が感じられとても興味深いものがあります。

 ところで、従来この手のヴィンテージモデルを語るキーワードとして私自身も「現在の細密一辺倒の方向に対するアンチテーゼ」「模型としての素朴な魅力」「骨董品としての時代的な存在価値」と言う外見上の部分で語られがちだったと思います。
 ですが実際に旧モデルが増えてくるともうひとつの方向性として「走りの個性」の強さが私の中では別な魅力としてクローズアップされつつあります。

 もちろん現在のモデルより洗練された走りのモデルなんてのは少ないのですが。
 ですが30年前までは「Nゲージの動力は非常に精密なのでユーザーレベルでの分解はしない方が良い」と言われるほど動力はブラックボックス化しておりその分走りを通して各メーカーの工夫や苦闘を肌で感じる所も大きいと思います。
 その結果、「当時としては」という但し書き付きでですが意外と走りがタフだったり音がやかましいけれどスローがよく効いたりなどという個性が楽しめる感じがします。

 こうした部分に注目できるようになったのも曲りなりに「レイアウトを持つ事ができるようになった」からという要素が大きいです。
 どんなに細密でどんなに実物そっくりでも「レイアウト上でまともに走れなければただの置物以下」という単純な、それでいて非常に厳しい価値基準でモデルを見る事ができるようになってきたのは個人的には収穫でした。
 
 もうひとつ、昔のモデルは180R以下のミニカーブをクリアできる物も多く、この点でも「280R以上推奨」が多い最近のモデルに対する大きなアドバンテージと思います。

 Nゲージの場合、ただでさえ物が小さすぎる上にガニ股を語る以前に車輪やフランジが大きすぎて車両そのものを「飾る・展示する」用途にはあまり向かないと思えます。
 ましてせっかくギアとモータを組み込んでいるのですから「どれだけよく走ってくれるか」「どれだけ走行条件を選ばないか」という価値基準による評価があっても良いのではないでしょうか。

 余談ですが、昔書店のクルマの本を並べた一角で目立っていた本の中に「走らない奴は黙ってろ!」と言うタイトルのがありました(懐かしいな)
 その伝で言うなら「走らせない奴は黙ってろ!」という価値基準で鉄道模型を語る方向があっても良いとは思います(笑)


 そう思うと細密感一辺倒のモデル嗜好に対する私なりの独自の判断基準を持てる意味でもこの旧モデルブームは無駄ではない気がします。 
 もっとも、同じ事は実は16番やZゲージでも言える事なのですが。

 更に気づかされる事が気付かされる事にもうひとつ。

 同じ旧年式のモデルなのに以前(この趣味を中断する前、30年以上前です)試運転した時に比べても走りが良くなっていると感じる事が増えている事です。
 あの頃のモデルと言うと機関車ではナインスケールのED75,DD13とかKATOのEF65,C11,エンドウのEF58どまりですが

 これらの大半は後に別な中古モデルを入線させて車籍を復活させたものも多いのですが今のレイアウトなどで試走させると驚くほど元気に走ってくれる事が多いです。
 また、当時のモデルをそのまま使っていたKATOのキハユニ26ですが中断前の運転では殆ど走らなくなっていたのに再開後の運転では「あれっ?こんなに良く走ったっけ?」となっていて驚いた事があります。

 おかげで相当な旧モデルでも走行系に致命的な欠陥や破損さえなければ走り自体を楽しみにできる様にはなってきました。

 これはなぜだろうと考えて見たのですがこの30年の間にパワーパックの性能向上が著しかったのではないかと思います。
 確か中断前に使っていたNISIZAWAのパックは容量自体が0,4A。
 これでも当時としては標準的な性能ですが現在当レイアウトで使っているTOMIXの1000CLは1A。KATOのパワーパックのスタンダードSはHOと共用できるだけあってこれも1Aの容量を誇ります。

 容量にこれだけ差があれば走りが変わるのも当然かもしれません。
 特に大容量だとモータの起動電流やギアの噛み合わせなどの条件で発進時に大きなトルクを要する画面で差が出るものと思われます。
 しかもこれは単純に出力の容量だけの話でトランジスタコントロールやその他の回路の改良などによる効果も大いに考えられます。

 鉄道模型の場合、車体側の改良だけでなくレールや給電システムも含めたトータルで性能の変化が実感させられるという意味で車やラジコンとは異なる事を実感します。
 その意味では古いモデルを最新の給電システムで走らせるのもなかなかに興味深い物があります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 機関区風セクションの改修工... | トップ | 今月の失敗談・ハンダ付けの... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (hidakami)
2013-08-27 22:21:50
私もNゲージデビュー当時に所有していた車両の大半は、友人へ譲渡、または破損してしまい処分してしまいました。

その中でもKATOのキハ20(T車)は唯一現存車両ですが、車輪が破損して、代わりに客車の台車を履いていたりします。(汗)

でも、「当時物」が懐かしく思う気持ち、十分に察します、私も現在再販されている物ではなく当時の製品が欲しくってたまりません。

ある意味、こんな昔の模型を探して集める、これも違った鉄道模型の面白みかも知れませんね・・・・。
Unknown (光山市交通局)
2013-08-28 22:16:22
>hidakamiさん

 旧製品は精密度では現行製品とは勝負にならないのですが、表情の付け方に個性や魅力があるものが多いのが面白い感じもします。

 恐らく20年前だったらリアル第一主義で旧モデルをそんな風には観なかったと思いますが(笑)

 骨董品や民芸品とは違い「自走できる」点が模型ならではのプライオリティでしょう。
 この点についてはまた近いうちに書くつもりです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

思いつくままに・考察」カテゴリの最新記事