竹取翁と万葉集のお勉強

楽しく自由に万葉集を楽しんでいるブログです。
初めてのお人でも、それなりのお人でも、楽しめると思います。

万葉集 長歌を鑑賞する 集歌155と159

2014年11月16日 | 万葉集 長歌を楽しむ
万葉集 長歌を鑑賞する 集歌155と159

従山科御陵退散之時、額田王作謌一首
標訓 山科の御陵(みささき)より退(まか)り散(あら)けし時に、額田王の作れる謌一首
集歌155 八隅知之 和期大王之 恐也 御陵奉仕流 山科乃 鏡山尓 夜者毛 夜之盡 晝者母 日之盡 哭耳乎 泣乍在而哉 百礒城乃 大宮人者 去別南
<標準的な解釈(「萬葉集 釋注」伊藤博、集英社文庫)>
訓読 やすみしし 我(わ)ご大君(おほきみ)し 畏(かしこ)きや 御陵(みはか)仕(つか)ふる 山科(やましな)の 鏡の山に 夜(よる)はも 夜(よ)しことごと 昼はも 日のことごと 哭(ね)のみを 泣きつつありてや ももしきの 大宮人は 行き別れなむ
意訳 八方を知ろしめす我が大君の、恐れ多い御稜にお仕え申しあげる、その山科の鏡の山で、夜は夜通し、昼はひねもす、声をあげて哭きつづけてきて、このまま、大宮人は散り散りに別れていかねばならないのであろうか。
<西本願寺本万葉集の原文を忠実に訓むときの解釈>
私訓 やすみしし 吾(わ)ご大王(おほきみ)し 恐(かしこ)きや 御陵(みはか)奉(まつ)り仕(つか)ふる 山科(やましな)の 鏡し山に 夜(よる)はも 夜(よ)しことごと 昼はも 日しことごと 哭(ね)のみを 泣きつつ在(あ)りてや ももしきの 大宮人は 去(ゆ)き別れなむ
私訳 四方八方を承知さなれた吾等の大王は(お隠れになり)恐れ多いことです。御陵を御造り申し上げる山科にある鏡のような山に、人々は、夜は一晩中、昼は一日中、声を張り上げて泣き続けているでしょうか。多くの岩を積み上げる大宮のその宮人たちは、やがて、別れて南の大和へと去って行くことでしょう。

 歌の鑑賞において、使われる漢字への感覚で解釈が微妙に違います。例として「御陵奉仕流」に対して「御稜でお仕えする」と考えるか、「御稜を築きお祀りする」と考えるかの差があります。「大宮人者 去別南」の表現も取り様によっては他人事のようにも解釈することが出来ます。このように挽歌としては非常に不思議な歌となっています。
天皇崩之時大后御作謌一首
標訓 天皇の崩(かむあが)りましし時の大后の御(かた)りて作(つく)らしし歌一首
集歌159 八隅知之 我大王之 暮去者 召賜良之 明来者 問賜良志 神岳乃 山之黄葉乎 今日毛鴨 問給麻思 明日毛鴨 召賜萬旨 其山乎 振放見乍 暮去者 綾哀 明来者 裏佐備晩 荒妙乃 衣之袖者 乾時文無
<西本願寺本万葉集の原文を忠実に訓むときの解釈>
訓読 やすみしし 我が大王(おほきみ)し 暮(ゆふ)されば 見(め)し賜ふらし 明け来れば 問ひ賜ふらし 神岳(かむをか)の 山し黄葉(もみち)を 今日もかも 問ひ賜はまし 明日(あす)もかも 見(め)し賜はまし その山を 振り放(さ)け見つつ 夕(ゆふ)されば あやに悲しみ 明け来れば うらさび暮らし 荒栲(あらたへ)の 衣し袖は 乾(ふ)る時もなし
私訳 天下の四方八方を統治為される私の大王が、夕べには御覧になり、朝には様子をお尋ねになる神の山の天の香具山の黄葉の様子を、今日もお尋ねになってください、明日も御覧になってください。その天の香具山を仰ぎ見つつ、夕べになるとひどく悲しく、朝になると寂しくて途方に暮れ、悲しみの涙で荒布の喪服の袖は乾くことはありません。

 ここでは集歌159の歌の内容よりも標題に注目が行きます。標題では「大后」と表現しています。この大后は持統天皇のことを意味しますが、ここではそのような表現ではありません。当然、この集歌159の歌は「明日香清御原宮御宇天皇代」での出来事を詠いますから、この時点では天武天皇の皇后としての立場です。それで大后と云う敬称なのです。
 なお、『懐風藻』では持統天皇十一年に行われた高市皇子の逝去を受けての御前会議での場面では持統天皇のことを「皇太后」とその葛野王の爵里の一文中「高市皇子薨後、皇太后引王公卿士於禁中、謀立日嗣」で紹介します。この『懐風藻』は天平勝宝三年に編まれた漢詩集ですから、この持統天皇に対する敬称については不思議があります。ただ、この集歌159の歌の標題と『懐風藻』とでは現在に正史で示される持統天皇に対する敬称としては一致します。
 本文中の「神丘」については「神が天降りする丘」と解釈するか、「地名」として解釈するかの案があるようです。「神が天降りする丘」=三室山、三諸山として明日香地域では雷丘を想定するようですし、地名ですと橘寺の南東の「ミハ山」を指すようです。


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 万葉雑記 色眼鏡 九一 難... | トップ | 今日のみそひと歌 月曜日 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (凡愚宇)
2020-11-23 04:04:22
誤………ハミ山
↓ ↓
正………ミハ山
ご指摘のお礼 (作業員)
2020-11-23 08:01:23
確かにご指摘の通りです。
ありがとうございました。

コメントを投稿

万葉集 長歌を楽しむ」カテゴリの最新記事