竹取翁と万葉集のお勉強

楽しく自由に万葉集を楽しんでいるブログです。
初めてのお人でも、それなりのお人でも、楽しめると思います。

万葉集 集歌1784から集歌1788まで

2021年05月10日 | 新訓 万葉集巻九
万葉集 集歌1784から集歌1788まで

贈入唐使謌一首
標訓 入唐使に贈れる歌一首
集歌一七八四 
原文 海若之 何神乎 齊祈者歟 徃方毛来方毛 船之早兼
訓読 海神(わたつみ)しいづれし神を祈(いの)らばか行くさも来(く)さも船し早けむ
私訳 海神のどの神にお願いすれば良いのでしょうか。行きも帰りも船が早く行きつきます様にと。
左注 右一首、渡海年紀未詳。
注訓 右の一首は、渡海の年紀はいまだ詳(つばひ)らかならず。

神龜五年戊辰秋八月謌一首并短哥
標訓 神亀五年戊辰秋八月の歌一首并せて短歌
集歌一七八五 
原文 人跡成 事者難乎 和久良婆尓 成吾身者 死毛生毛 君之随意常 念乍 有之間尓 虚蝉乃 代人有者 大王之 御命恐美 天離 夷治尓登 朝鳥之 朝立為管 群鳥之 群立行者 留居而 吾者将戀奈 不見久有者
訓読 人と成る ことは難(かた)きを わくらばに 成れる吾(あ)が身は 死(しに)も生(いき)も 君しまにまと 念(おも)ひつつ ありし間(あひだ)に 現世(うつせみ)の 世し人なれば 大王(おほきみ)し 命(みこと)恐(かしこ)み 天離る 鄙治めにと 朝鳥し 朝立ちしつつ 群鳥(むらとり)し 群立(むらた)ち行かば 留(と)まり居(ゐ)て 吾は恋ひむな 見ず久(ひさ)ならば
私訳 人として生まれてくることは難しいのに、たまたま人間として生まれてきた私の体は死ぬも生きるも貴方の御心のままと思ってきましたが、私はこの現世の人の世を生きる人間ですから、貴方が大王のご命令を謹んで承って、都から遠く離れた田舎を治めるためにと、朝鳥のように朝に旅に立ち、群鳥のように供を連れ、集団になって行くと、都に留まっている私は恋しくなってしまうでしょう。貴方に会うことが久しく絶えてしまうと。

反謌
集歌一七八六 
原文 三越道之 雪零山乎 将越日者 留有吾乎 懸而小竹葉背
訓読 み越道(こしぢ)し雪降る山を越えむ日は留(と)まれる吾を懸(か)けて偲(しの)はせ
私訳 越の国への道で、雪が降り積もるような山を越える日は留まっている私を、心に懸けて思い出してください。

天平元年己巳冬十二月謌一首并短謌
標訓 天平元年己巳冬十二月の歌一首并せて短謌
集歌一七八七 
原文 虚蝉乃 世人有者 大王之 御命恐弥 礒城嶋能 日本國乃 石上 振里尓 紐不解 丸寐乎為者 吾衣有 服者奈礼奴 毎見 戀者雖益 色色山上復有山者 一可知美 冬夜之 明毛不得呼 五十母不宿二 吾歯曽戀流 妹之直香仁
訓読 現世(うつせみ)の 世し人なれば 大王(おほきみ)し 命(みこと)恐(かしこ)み 礒城嶋(しきしま)の 日本(やまと)し国の 石上(いそのかみ) 振(ふる)し里に 紐解(と)かず 丸寝(まるね)をすれば 吾が衣(き)る 服(ころも)は穢(なれ)ぬ 見るごとに 恋はまされど 色(いろ)に出(い)でば 人知りぬべみ 冬し夜し 明(あ)かしもえぬを 寝(い)も寝(ね)ずに 吾はぞ恋ふる 妹し直香(ただか)に
私訳 現世の世を生きる人なので、大王の御命令を謹んで承って、礒城嶋の大和の石上の布留の里に上着の紐を解くこともせず、ごろ寝をすると、私が着る服はよれよれになった。貴女が紐を結んだこの衣を見る度に恋心は増さるけど、表情に出せば人は知るでしょう。冬の長き夜の明かし難いのを寝るに寝られず、私は恋慕う、愛しい貴女の目に映る姿に。

反謌
集歌一七八八 
原文 振山従 直見渡 京二曽 寐不宿戀流 遠不有尓
訓読 布留山(ふるやま)ゆ直(ただ)に見わたす京(みやこ)にぞ寝(い)も寝(ね)ず恋ふる遠くあらなくに
私訳 石上の布留山から、直接に見渡せる奈良の京に居る、夜に寝ることも出来ずに貴女を慕う。そんなに遠くでもないのに。
コメント   この記事についてブログを書く
« 資料編 墨子 巻九 非命上 | トップ | 万葉集 集歌1789から集歌179... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

新訓 万葉集巻九」カテゴリの最新記事