竹取翁と万葉集のお勉強

楽しく自由に万葉集を楽しんでいるブログです。
初めてのお人でも、それなりのお人でも、楽しめると思います。

資料編 墨子 巻七 天志中

2021年04月11日 | 墨子 原文と訓じ
資料編 墨子 巻七 天志中

《天志中》
子墨子言曰、今天下之君子之欲為仁義者、則不可不察義之所従出。既曰不可以不察義之所従出、然則義何従出。子墨子曰、義不従愚且賤者出、必自貴且知者出。何以知義之不従愚且賤者出、而必自貴且知者出也。曰、義者、善政也。何以知義之為善政也。曰、天下有義則治、無義則乱、是以知義之為善政也。夫愚且賤者、不得為政乎貴且知者、然後得為政乎愚且賤者、此吾所以知義之不従愚且賤者出、而必自貴且知者出也。然則孰為貴、孰為知。曰、天為貴、天為知而已矣。然則義果自天出矣。
今天下之人曰、當若天子之貴於諸侯、諸侯之貴於大夫、傐明知之。然吾未知天之貴且知於天子也。子墨子曰、吾所以知天之貴且知於天子者有矣。曰、天子為善、天能賞之、天子為暴、天能罰之、天子有疾病禍祟、必齋戒沐浴、潔為酒醴粢盛、以祭祀天鬼、則天能除去之、然吾未知天之祈福於天子也。此吾所以知天之貴且知於天子者。不止此而已矣、又以先王之書馴天明不解之道也知之。曰、明哲維天、臨君下土。則此語天之貴且知於天子。不知亦有貴知夫天者乎。曰、天為貴、天為知而已矣。然則義果自天出矣。
是故子墨子曰、今天下之君子、中實将欲遵道利民、本察仁義之本、天之意不可不慎也。既以天之意、以為不可不慎已、然則天之将何欲何憎。子墨子曰、天之意不欲大國之攻小國也、大家之乱小家也、強之暴寡、詐之謀愚、貴之傲賤、此天之所不欲也。不止此而已、欲人之有力相営、有道相教、有財相分也。又欲上之強聴治也、下之強従事也。上強聴治、則國家治矣、下強従事則財用足矣。若國家治財用足、則内有以潔為酒醴粢盛、以祭祀天鬼、外有以為環璧珠玉、以聘撓四隣。諸侯之冤不興矣、邊境兵甲不作矣。内有以食飢息労、持養其萬民、則君臣上下惠忠、父子弟兄慈孝。故唯毋明乎順天之意、奉而光施之天下、則刑政治、萬民和、國家富、財用足、百姓皆得煖衣飽食、便寧無憂。是故子墨子曰、今天下之君子、中實将欲遵道利民、本察仁義之本、天之意不可不慎也。
且夫天子之有天下也、辟之無以異乎國君諸侯之有四境之内也。今國君諸侯之有四境之内也、夫豈欲其臣國萬民之相為不利哉。今若處大國則攻小國、處大家則乱小家、欲以此求賞誉、終不可得、誅罰必至矣。夫天之有天下也、将無已異此。今若處大國則攻小國、處大都則伐小都、欲以此求福禄於天、福禄終不得、而禍祟必至矣。然有所不為天之所欲、而為天之所不欲、則夫天亦且不為人之所欲、而為人之所不欲矣。人之所不欲者何也。曰病疾禍祟也。若已不為天之所欲、而為天之所不欲、是率天下之萬民以従事乎禍祟之中也。故古者聖王明知天鬼之所福、而辟天鬼之所憎、以求興天下之利、而除天下之害。是以天之為寒熱也節、四時調、陰陽雨露也時、五穀孰、六畜遂、疾災戾疫凶饑則不至。是故子墨子曰、今天下之君子、中實将欲遵道利民、本察仁義之本、天意不可不慎也。
且夫天下蓋有不仁不祥者、曰當若子之不事父、弟之不事兄、臣之不事君也。故天下之君子、與謂之不祥者。今夫天兼天下而愛之、撽遂萬物以利之、若豪之末、非天之所為也、而民得而利之、則可謂否矣。然獨無報夫天、而不知其為不仁不祥也。此吾所謂君子明細而不明大也。
且吾所以知天之愛民之厚者有矣、曰以磨為日月星辰、以昭道之、制為四時春秋冬夏、以紀綱之、雷降雪霜雨露、以長遂五穀麻絲、使民得而財利之、列為山川谿谷、播賦百事、以臨司民之善否、為王公侯伯、使之賞賢而罰暴、賊金木鳥獣、従事乎五穀麻絲、以為民衣食之財。自古及今、未嘗不有此也。今有人於此、驩若愛其子、竭力單務以利之、其子長、而無報子求父、故天下之君子與謂之不仁不祥。今夫天兼天下而愛之、撽遂萬物以利之、若豪之末、非天之所為、而民得而利之、則可謂否矣、然獨無報夫天、而不知其為不仁不祥也。此吾所謂君子明細而不明大也。
且吾所以知天愛民之厚者、不止此而足矣。曰殺不辜者、天予不祥。不辜者誰也。曰人也。予之不祥者誰也。曰天也。若天不愛民之厚、夫胡説人殺不辜、而天予之不祥哉。此吾之所以知天之愛民之厚也。
且吾所以知天之愛民之厚者、不止此而已矣。曰愛人利人、順天之意、得天之賞者有之、憎人賊人、反天之意、得天之罰者亦有矣。夫愛人利人、順天之意、得天之賞者誰也。曰若昔三代聖王、堯舜禹湯文武者是也。堯舜禹湯文武焉所従事。曰従事兼、不従事別。兼者、處大國不攻小國、處大家不乱小家、強不劫弱、衆不暴寡、詐不謀愚、貴不傲賤。観其事、上利乎天、中利乎鬼、下利乎人、三利無所不利、是謂天德。聚斂天下之美名而加之焉、曰、此仁也、義也、愛人利人、順天之意、得天之賞者也。不止此而已、書於竹帛、鏤之金石、琢之槃盂、傳遺後世子孫。曰将何以為。将以識夫愛人利人、順天之意、得天之賞者也。皇矣道之曰、帝謂文王、予懷明德、不大聲以色、不長夏以革、不識不知、順帝之則。帝善其順法則也、故挙殷以賞之、使貴為天子、富有天下、名誉至今不息。故夫愛人利人、順天之意、得天之賞者、既可得留而已。夫憎人賊人、反天之意、得天之罰者誰也。曰若昔者三代暴王桀紂幽厲者是也。桀紂幽厲焉所従事。曰従事別、不従事兼。別者、處大國則攻小國、處大家則乱小家、強劫弱、衆暴寡、詐謀愚、貴傲賤。観其事、上不利乎天、中不利乎鬼、下不利乎人、三不利無所利、是謂天賊。聚斂天下之醜名而加之焉、曰此非仁也、非義也。憎人賊人、反天之意、得天之罰者也。不止此而已、又書其事於竹帛、鏤之金石、琢之槃盂、傳遺後世子孫。曰将何以為。将以識夫憎人賊人、反天之意、得天之罰者也。大誓之道之曰、紂越厥夷居、不肯事上帝、棄厥先神祇不祀、乃曰吾有命、毋廖𠏿務。天亦縦棄紂而不葆。察天以縦棄紂而不葆者、反天之意也。故夫憎人賊人、反天之意、得天之罰者、既可得而知也。
是故子墨子之有天之、辟人無以異乎輪人之有規、匠人之有矩也。今夫輪人操其規、将以量度天下之圓與不圓也、曰、中吾規者謂之圓、不中吾規者謂之不圓。是以圓與不圓、皆可得而知也。此其故何。則圓法明也。匠人亦操其矩、将以量度天下之方與不方也。曰、中吾矩者謂之方、不中吾矩者謂之不方。是以方與不方、皆可得而知之。此其故何。則方法明也。故子墨子之有天之意也、上将以度天下之王公大人之為刑政也、下将以量天下之萬民為文学出言談也。観其行、順天之意、謂之善意行、反天之意、謂之不善意行、観其言談、順天之意、謂之善言談、反天之意、謂之不善言談、観其刑政、順天之意、謂之善刑政、反天之意、謂之不善刑政。故置此以為法、立此以為儀、将以量度天下之王公大人卿大夫之仁與不仁、譬之猶分黒白也。是故子墨子曰、今天下之王公大人士君子、中實将欲遵道利民、本察仁義之本、天之意不可不順也。順天之意者、義之法也。

字典を使用するときに注意すべき文字
政、正也。 ただす、の意あり。
馴、従也、善也。 したがはす、の意あり。
単、盡也。周也。 つくす、あまねく、の意あり。
文、美也、又善也 よし、ぜん、の意あり。


《天志中》
子墨子の言いて曰く、今、天下の君子の仁義を為さむと欲する者、則ち義の従りて出づる所を察せざる可からず。既に曰く以って義の従りて出づる所を察せざる可からず、然らば則ち義は何に従り出づるや。子墨子の曰く、義は愚(ぐ)且つ賤(せん)なる者従り出でず、必ず貴(き)且つ知(ち)なる者自り出づ。何を以って義の愚(ぐ)且つ賤(せん)なる者従り出でず、而(しかる)に必ず貴(き)且つ知(ち)なる者自り出づるを知るや。曰く、義は、善(よ)く政(ただ)すなり。何を以って義の善(よ)く政(ただ)すを為すを知るや。曰く、天下は義(ぎ)有れば則ち治まり、義無くば則ち乱る、是を以って義の善く政(ただ)すを為すことを知るなり。夫れ愚且つ賤なる者は、政(まつりごと)を貴(き)且つ知(ち)なるものが為すを得、然る後に政(まつりごと)を愚(ぐ)且つ賤(せん)なるものが為すを得る、此れ吾の義の愚且つ賤なるもの従り出でず、而して必ず貴且つ知なる者自り出づるを知る所以(ゆえん)なり。然らば則ち孰(いず)れを貴と為し、孰(いず)れを知と為す。曰く、天を貴と為し、天を知と為し而して已(や)む。然らば則ち義は果して天自り出づるや。
今、天下の人の曰く、當(まこと)に天子は諸侯より貴く、諸侯は大夫より貴き若(ごと)きは、傐明(こうめい)に之を知る。然れども吾は未だ天は天子より貴且つ知なるを知らず。子墨子の曰く、吾の天は天子より貴且つ知なるを知る所以(ゆえん)のもの有り。曰く、天子が善を為せば、天は能く之を賞し、天子が暴を為せば、天は能く之を罰し、天子に疾病(しっぺい)禍祟(かすう)有れば、必ず齋戒(さいかい)沐浴(もくよく)し、潔く酒醴(しゅれい)粢盛(しせい)を為り、以って天鬼を祭祀すれば、則ち天は能く之を除去し、然れども吾は未だ天が福を天子に祈るを知らざるなり。此れ吾が天は天子より貴且つ知なるを知る所以なり。此を止(や)めずて而して已(や)むのみ、又た先王の書に天明を解(おこた)らざるの道を馴(おし)ふるを以って之を知る。曰く、明哲なるは維(こ)れ天、下土(かど)に臨君(りんくん)す。則ち此れ天は天子より貴且つ知なるを語る。知らず亦た貴と知の有るは夫れ天なる者か。曰く、天を貴と為し、天を知と為し而して已む。然らば則ち義は果して天自り出づ。
是の故に子墨子は曰く、今、天下の君子、中實(まこと)に将に道に遵(したが)ひ民を利し、仁義の本に本づき察せむと欲せば、天の意は慎まざる可からざるなり。既に天の意を以って、以って慎まざる可からざる已と為し、然らば則ち天は将に何を欲し何を憎まむ。子墨子の曰く、天の意は大國が小國を攻め、大家が小家を乱し、強が寡を暴(ぼう)し、詐(さ)が愚(ぐ)を謀(はか)り、貴が賤に傲(おご)るを欲せず、此れ天の欲せざる所なり。此を止めずて而(しかる)に已むは、人の有力(ゆうりょく)相(あい)営(いとな)み、有道(ゆうどう)相(あい)教(おし)へ、有財(ゆうざい)相(あい)分(わか)つを欲するなり。又た上は強(つと)めて治を聴き、下は強(つと)めて事に従ふを欲す。上は強(つと)めて治を聴けば、則ち國家を治まり、下は強(つと)めて事に従へば則ち財用(ざいよう)は足る。若し國家は治まり財用(ざいよう)が足れば、則ち内には以って潔(いさぎよ)く酒醴(しゅれい)粢盛(しせい)を為り、以って天鬼を祭祀りは有り、外には以って環璧(かんへき)珠玉(しゅぎょく)を為り、以って四隣に聘撓(へいぎょう)する有り。諸侯に冤(うらみ)は興(おこ)らず、邊境(へんきょう)に兵甲(へいこう)は作らず。内には以って飢(き)を食(くら)ひ労(ろう)を息(やす)め、其の萬民を持養すれば、則ち君臣上下は惠忠に、父子弟兄は慈孝なり。故に唯毋(ただ)天の意に順(したが)ふことを明らにし、奉じて而して光(ひろ)く之を天下に施せば、則ち刑政は治まり、萬民は和し、國家は富み、財用は足り、百姓は皆煖衣(だんい)飽食(ほうしょく)することを得て、便寧(べんねい)にして憂(うれ)ひ無からむ。是の故に子墨子の曰く、今、天下の君子、中實(まこと)に将に道に遵(したが)ひ民を利し、仁義の本(もと)に本(もと)づき察せむと欲せば、天の意は慎まざる可からざるなり。
且つ夫れ天子の天下を有つや、之を辟(たと)ふるに以って國君諸侯の四境の内を有(ゆう)するに異なるは無し。今、國君諸侯の四境の内を有するや、夫れ豈に其の臣國萬民の不利を相為すを欲せむや。今、若し大國に處(お)れば則ち小國を攻め、大家に處れば則ち小家を乱し、此を以って賞誉(しょうよ)を求めむと欲するも、終(つい)に得(え)可(べ)からず、誅罰は必ず至らむ。夫れ天の天下を有するや、将に已(も)って此に異ること無からむとす。今、若し大國に處(お)れば則ち小國を攻め、大都に處れば則ち小都を伐ち、此を以って福禄を天に求めむと欲するも、福禄は終(つい)に得ず、而して禍祟は必ず至らむ。然らば天の欲する所を為さずして、而して天の欲せざる所を為す所(ところ)有(あ)れば、則ち夫れ天も亦た且に人の欲する所を為さずして、而して人の欲せざる所を為さむとす。人の欲せざる所のものは何ぞや。曰く、病疾(びょうしつ)禍祟(かすう)なり。若し已(すで)に天の欲する所を為さずして、而に天の欲せざる所を為せば、是は天下の萬民を率いて以って禍祟の中に従事するなり。故に古の聖王は明らに天鬼の福する所を知りて、而して天鬼の憎む所を辟(さ)け、以って天下の利を興して、而に天下の害を除かむことを求む。是を以って天の寒熱を為すことに節あり、四時は調(ととの)ひ、陰陽雨露は時にして、五穀は孰(じゅく)し、六畜は遂(と)げ、疾災(しつさい)戾疫(らいえき)凶饑(きょうき)は則ち至らず。是の故に子墨子の曰く、今、天下の君子、中實(もこと)に将に道に遵(したが)ひ民を利し、仁義の本に本づき察せむと欲せば、天の意は慎まざる可からずなり。
且つ夫れ天下に蓋し不仁不祥の者有り、曰く、當に子は父に事(つか)へず、弟は兄に事(つか)へず、臣は君に事(つか)へざるが若(ごと)き。故に天下の君子は、與(あげ)て之を不祥の者と謂ふ。今、夫れ天は天下を兼(けん)し而して之を愛し、萬物を撽遂(げきつい)して以って之を利し、豪(ごう)の末の若(ごと)きは、非(か)の天の為す所にして、而して民は得て而して之を利し、則ち否と謂う可きや。然れども獨り夫(そ)の天に報ずること無くして、而して其の不仁不祥為(た)るを知らざるなり。此れ吾の所謂(いわゆる)君子は細(さい)に明かにして而して大(だい)に明かならざるなり。
且つ吾の天が民を愛することの厚きを知る所以(ゆえん)のものは有りて、曰く、以って日月星辰を磨為(れきい)して、以って之を昭道(しょうどう)し、春秋冬夏の四時を制為(せいい)し、以って之を紀綱(きこう)し、雷降(らいこう)雪霜(せつそう)雨露(うろ)、以って五穀(ごこく)麻絲(まし)を長遂(ちょうすい)し、民をして得て而して之を財利せ使め、山川(さんせん)谿谷(けいこく)を列為(れつい)し、百事を播賦(はふ)し、以って民の善否を臨司(りんし)し、王公侯伯を為(さだ)め、之をして賢を賞し而(ま)た暴を罰し、金木鳥獣を賊し、五穀(ごこく)麻絲(まし)に従事し、以って民の衣食の財を為さ使めむ。古自り今に及ぶまで、未だ嘗(か)って此れ有らずんばあらずなり。今、此に人有り、驩若(かんじゃく)として其の子を愛し、力を竭(つく)し務(つとめ)を単(つく)して以って之を利し、其の子の長じて、而に子が父の求めに報じること無ければ、故に天下の君子は與(あげ)て之を不仁不祥と謂う。今、夫れ天は天下を兼(けん)し而して之を愛し、萬物を撽遂(げきつい)して以って之を利し、豪(ごう)の末の若きは、非の天の為す所にして、而に民は得て而して之を利し、則ち否と謂う可きや、然れども獨り夫の天に報ずること無くして、而に其の不仁不祥為(た)ることを知らざるなり。此れ吾の所謂(いわゆる)君子は細(さい)に明らにして而に大(だい)に明かならずなり。
且つ吾の天が民を愛することの厚きを知る所以(ゆえん)のものは、止(ここ)に此のみにて而(しかる)に足らず。曰く、不辜(ふこ)を殺すものは、天は不祥(ふしょう)を予(あた)ふ。不辜のものは誰ぞや。曰、人なり。之に不祥を予(あた)ふるものは誰ぞや。曰く、天なり。若し天が民を愛することの厚からずんば、夫れ胡(なむ)の説ありて人は不辜を殺し、而して天は之に不祥を予(あた)へむや。此れ吾の天が民を愛することの厚きを知る所以(ゆえん)なり。
且つ吾の天が民を愛することの厚きを知る所以(ゆえん)のものは、止(ここ)に此れ而して已(や)まず。曰く、人を愛し人を利し、天の意に順(したが)ひ、天の賞を得たる者有り、人を憎み人を賊(そこな)ひ、天の意に反し、天の罰を得たる者亦た有り。夫れ人を愛し人を利し、天の意に順(したが)ひ、天の賞を得たる者は誰ぞや。曰く、昔の三代聖王、堯舜禹湯文武の若き者、是なり。堯舜禹湯文武は焉(いずく)にか事に従ふ所ぞ。曰く、兼(けん)に従事し、別(べつ)に従事せず。兼は、大國に處(お)りて小國を攻めず、大家に處りて小家を乱さず、強は弱を劫(おびや)かさず、衆は寡を暴(ぼう)せず、詐(さ)は愚を謀(はか)らず、貴は賤に傲(おご)らず。其の事を観るに、上には天を利し、中には鬼を利し、下には人を利し、三利の利せざる所無し、是を天德と謂う。天下の美名を聚斂(しゅうれん)し而して之に加へて、曰く、此れ仁なり、義なり、人を愛し人を利し、天の意に順(したが)ひ、天の賞を得る者なり。
止(た)だ此れ而已(のみ)ならず、竹帛(ちくはく)に書し、金石に鏤(ろう)し、槃盂(ばんう)に琢(たく)し、後世子孫に傳遺(でんい)す。曰く、将に何を以って為さむとするか。将に以って夫(そ)の人を愛し人を利し、天の意に順(したが)ひ、天の賞を得るものを識(しる)さむなり。皇矣(こうい)に之を道(い)ひて曰く、帝が文王に謂ふに、予(われ)は明德を懷(おも)ふ、聲の色を以って大(だい)とせず、夏(か)の革(かく)を以って長とせず、識(し)らず知(し)らず、帝の則(のり)に順(したが)ふ。帝は其の法則に順ふを善(よ)しとし、故に殷(いん)を挙げて以って之を賞し、貴きことは天子と為(な)り、富は天下を有ら使め、名誉は今に至るまで息(や)まず。故に夫(そ)の人を愛し人を利し、天の意に順ひ、天の賞を得たる者は、既に得て留(とど)め而して已(や)む可き。夫(そ)の人を憎み人を賊(そこな)ひ、天の意に反し、天の罰を得たる者は誰ぞや。曰く昔の三代の暴王桀紂幽厲の若(ごと)き者是なり。桀紂幽厲の焉(いずく)にか事に従ふ所ぞ。曰く、別(べつ)に従事し、兼(けん)に従事せず。別(べつ)は、大國に處(お)れば則ち小國を攻め、大家に處れば則ち小家を乱し、強は弱を劫(おびやか)し、衆は寡を暴(ぼう)し、詐(さ)は愚を謀(はか)り、貴は賤に傲(おご)る。其の事を観れば、上には天を利せず、中には鬼を利せず、下には人を利せず、三不利の利する所は無く、是を天賊と謂う。天下の醜名を聚斂(しゅうれん)し而して之を加へて、曰く、此れ仁に非ざるなり、義に非ざるなり。人を憎み人を賊(そこな)ひ、天の意に反し、天の罰を得たる者なり。止(ここ)に此れ而已(のみ)ならず、又た其の事を竹帛(ちくはく)に書し、金石に鏤(ろう)し、槃盂(ばんう)に琢(たく)し、後世子孫に傳遺(でんい)す。曰く、将に何を以って為さむとするか。将に以って夫(そ)の人を憎み人を賊(そこな)ひ、天の意に反し、天の罰を得たる者を識(しら)さむとするなり。大誓(だいせい)に之を道(い)ひて曰く、紂越に厥(そ)れ夷居(いきょ)して、肯(あへ)て上帝に事(つか)へず、厥(そ)の先(せん)神祇(じんぎ)を棄(す)てて祀(まつ)らず、乃ち曰く、吾に命有り、廖𠏿(りくそれ)務(つと)むは毋(な)し。天も亦た紂を縦棄(じゅうき)して而して葆(たも)たず。天の以って紂を縦棄(じゅうき)して而して葆(たも)たず者を察するに、天の意に反するなり。故に夫の人を憎み人を賊(そこな)ひ、天の意に反し、天の罰を得たる者は、既に得て而して知る可きなり。
是の故に子墨子の天の之れ有るは、人に辟(たと)ふるに以って輪人(りんじん)に規(き)有り、匠人(しょうじん)に矩(く)有るに異なること無しなり。今、夫(そ)れ輪人(りんじん)の其の規(き)を操(と)るは、将に以って天下の圓(えん)と不圓(ふえん)とを量度(りょうたく)し、曰く、吾が規(き)に中(あた)たるものは之を圓(えん)と謂ひ、吾が規に中(あた)たらずものは之を不圓(ふえん)と謂ふ。是を以って圓と不圓は、皆は得て而して知る可きなり。此れ其の故は何ぞや。則ち圓法(えんほう)は明かなればなり。匠人(しょうじん)も亦た其の矩(く)を操(と)るは、将に以って天下の方(ほう)と不方(ふほう)とを量度(りょうたく)せむとするなり。曰く、吾が矩(く)に中(あた)るものは之を方(ほう)と謂ひ、吾が矩に中らざるものは之を不方(ふほう)と謂ふ。是を以って方と不方とは、皆は得て而して之を知る可し。此れ其の故は何ぞや。則ち方法(ほうほう)は明かなればなり。故に子墨子の天の意有るや、上には将に以って天下の王公大人の刑政を為すを度(はか)らむとし、下には将に以って天下の萬民の文(ぜん)なる学を為し言談(げんだん)を出さずを量(はか)らむとするなり。其の行を観るに、天の意に順(したが)ふを、之を意行(いこう)を善(よ)くすと謂ひ、天の意に反するを、之を意行を善くせずと謂ひ、其の言談(げんだん)を観るに、天の意に順(したが)ふを、之を言談を善くすと謂ひ、天の意に反するを、之を言談を善くせずと謂ひ、其の刑政を観るに、天の意に順(したが)ふを、之を刑政を善くすと謂ひ、天の意に反し、之を刑政を善くせずと謂ふ。故に此を置(お)き以って法(のり)と為し、此れを立てて以って儀(ぎ)と為し、将に以って天下の王公大人卿大夫の仁と不仁とを量度(りょうたく)すること、之を譬(たとえ)ふるに猶ほ黒白を分つがごとくせむとするなり。是の故に子墨子の曰く、今、天下の王公大人士君子、中實(まこと)に将に道(みち)に遵(したが)ひ民を利し、仁義の本(もと)に本づき察せむと欲せば、天の意は順(したが)はざる可からざるなり。天の意に順(したが)ふ者は、義の法(のり)なり。

コメント   この記事についてブログを書く
« 万葉雑記 番外雑記 平安貴... | トップ | 万葉集 集歌1784から集歌178... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

墨子 原文と訓じ」カテゴリの最新記事