竹取翁と万葉集のお勉強

楽しく自由に万葉集を楽しんでいるブログです。
初めてのお人でも、それなりのお人でも、楽しめると思います。

万葉集 集歌1764まで集歌1768まで

2021年05月04日 | 新訓 万葉集巻九
万葉集 集歌1764まで集歌1768まで

七夕謌一首并短哥
標訓 七夕の歌一首并せて短歌
集歌一七六四 
原文 久堅乃 天漢尓 上瀬尓 珠橋渡之 下湍尓 船浮居 雨零而 風不吹登毛 風吹而 雨不落等物 裳不令濕 不息来益常 玉橋渡須
訓読 久方の 天つ川原に 上つ瀬に 玉橋渡し 下つ瀬に 船浮け据ゑ 雨降りて 風吹かずとも 風吹きて 雨降らずとも 裳濡らさず やまず来ませと 玉橋渡す
私訳 遥か彼方の天の川原の上流の瀬に美しい橋を渡し、下流の瀬に船橋を浮かべ据えて、雨が降って風が吹かずとも、風が吹いて雨が降らなくても裳の裾を濡らすでしょうが、その裳を濡らさないように嫌がらずにいらっしゃいと美しい橋を私が渡します。

反謌
集歌一七六五 
原文 天漢 霧立渡 且今日々々々 吾待君之 船出為等霜
訓読 天つ川霧立ちわたる今日今日と吾が待つ君し船出すらしも
私訳 天の川に霧が立ち渡っている。霧ではっきりは見えないが、今日か今日かと私が待つ貴方が船出をするらしい。
左注 右件謌、或云、中衛大将藤原北卿宅作也
注訓 右の件(くだり)の歌は、或は云はく「中衛大将藤原北卿の宅(いへ)の作なり」といへり。

相聞
標訓 相聞

振田向宿祢退筑紫國時謌一首
標訓 布留(ふるの)田向(たむけの)宿祢(すくね)の筑紫國に退(まか)りし時の謌一首
集歌一七六六 
原文 吾妹兒者 久志呂尓有奈武 左手乃 吾奥手尓 纒而去麻師乎
訓読 吾妹子(わぎもこ)は釧(くしろ)にあらなむ左手(ひだりて)の吾(あ)が奥(おく)し手に纏(ま)きて去(い)なましを
私訳 愛しい貴女が釧であったなら左手の私の人が見ることのない袖の奥の二の腕に纏って連れ去って行くのですが。

抜氣大首任筑紫時、娶豊前國娘子紐兒作謌三首
標訓 抜氣大首(ぬきけのおびと)の筑紫に任(ま)けらえし時に、豊前國の娘子(をとめ)紐兒(ひものこ)を娶(ま)きて作れる謌三首
集歌一七六七 
原文 豊國乃 加波流波吾宅 紐兒尓 伊都我里座者 革流波吾家
訓読 豊国(とよくに)の香春(かはる)は吾家(わぎへ)紐(ひも)し児(こ)にいつがり居(を)れば香春は吾家
私訳 豊国の香春の郷は私の家です。紐児に気持ちがつながっていると、香春の郷は私の家です。

集歌一七六八 
原文 石上 振乃早田乃 穂尓波不出 心中尓 戀流此日
訓読 石上(いそのかみ)布留(ふる)の早稲田(わさだ)の穂には出でず心しうちに恋ふるこの日
私訳 石上の布留の早稲田の穂のようにはっきりと出ないが、心の内に貴女に恋する。貴女に会った今日は。

コメント