竹取翁と万葉集のお勉強

楽しく自由に万葉集を楽しんでいるブログです。
初めてのお人でも、それなりのお人でも、楽しめると思います。

資料編 墨子 巻七 天志下

2021年04月18日 | 墨子 原文と訓じ
資料編 墨子 巻七 天志下

《天志下》
子墨子言曰、天下之所以乱者、其説将何哉。則是天下士君子、皆明於小而不明於大。何以知其明於小不明於大也。以其不明於天之意也。何以知其不明於天之意也。以處人之家者知之。今人處若家得罪、将猶有異家所、以避逃之者、然且父以戒子、兄以戒弟、曰、戒之慎之、處人之家、不戒不慎之、而有處人之國者乎。今人處若國得罪、将猶有異國所、以避逃之者矣、然且父以戒子、兄以戒弟、曰、戒之慎之、處人之國者、不可不戒慎也。今人皆處天下而事天、得罪於天、将無所以避逃之者矣。然而莫知以相極戒也、吾以此知大物則不知者也。
是故子墨子言曰、戒之慎之、必為天之所欲、而去天之所悪。曰天之所欲者何也。所悪者何也。天欲義而悪其不義者也。何以知其然也。曰義者正也。何以知義之為正也。天下有義則治、無義則乱、我以此知義之為正也。然而正者、無自下正上者、必自上正下。是故庶人不得次己而為正、有士正之、士不得次己而為正、有大夫正之、大夫不得次己而為正、有諸侯正之、諸侯不得次己而為正、有三公正之、三公不得次己而為正、有天子正之、天子不得次己而為政、有天正之。今天下之士君子、皆明於天子之正天下也、而不明於天之正天子也。是故古者聖人、明以此説人曰、天子有善、天能賞之、天子有過、天能罰之。天子賞罰不當、聴獄不中、天下疾病禍福、霜露不時、天子必且犓豢其牛羊犬彘、絜為粢盛酒醴、以禱祠祈福於天、我未嘗聞天之禱祈福於天子也、吾以此知天之重且貴於天子也。是故義者不自愚且賤者出、必自貴且知者出。曰誰為知。天為知。然則義果自天出也。今天下之士君子之欲為義者、則不可不順天之意矣。
曰順天之意何若。曰兼愛天下之人。何以知兼愛天下之人也。以兼而食之也。何以知其兼而食之也。自古及今無有遠靈孤夷之國、皆犓豢其牛羊犬彘、絜為粢盛酒醴、以敬祭祀上帝山川鬼神、以此知兼而食之也。苟兼而食焉、必兼而愛之。譬之若楚、越之君、今是楚王食於楚之四境之内、故愛楚之人、越王食於越、故愛越之人。今天兼天下而食焉、我以此知其兼愛天下之人也。
且天之愛百姓也、不盡物而止矣。今天下之國、粒食之民、殺一不辜者、必有一不祥。曰誰殺不辜。曰人也。孰予之不辜。曰天也。若天之中實不愛此民也、何故而人有殺不辜、而天予之不祥哉。且天之愛百姓厚矣、天之愛百姓別矣、既可得而知也。何以知天之愛百姓也。吾以賢者之必賞善罰暴也。何以知賢者之必賞善罰暴也。吾以昔者三代之聖王知之。故昔也三代之聖王堯舜禹湯文武之兼愛天下也、従而利之、移其百姓之意焉、率以敬上帝山川鬼神、天以為従其所愛而愛之、従其所利而利之、於是加其賞焉、使之處上位、立為天子以法也、名之曰聖人、以此知其賞善之證。是故昔也三代之暴王桀紂幽厲之兼悪天下也、従而賊之、移其百姓之意焉、率以詬侮上帝山川鬼神、天以為不従其所愛而悪之、不従其所利而賊之、於是加其罰焉、使之父子離散、國家滅亡、抎失社稷、憂以及其身。是以天下之庶民屬而毀之、業萬世子孫継嗣、毀之賁不之廃也、名之曰失王、以此知其罰暴之證。今天下之士君子、欲為義者、則不可不順天之意矣。
曰順天之意者、兼也、反天之意者、別也。兼之為道也、義正、別之為道也、力正。曰義正者何若。曰大不攻小也、強不侮弱也、衆不賊寡也、詐不欺愚也、貴不傲賤也、富不驕貧也、壮不奪老也。是以天下之庶國、莫以水火毒薬兵刃以相害也。若事上利天、中利鬼、下利人、三利而無所不利、是謂天德。故凡従事此者、聖知也、仁義也、忠惠也、慈孝也、是故聚斂天下之善名而加之。是其故何也。則順天之意也。曰力正者何若。曰大則攻小也、強則侮弱也、衆則賊寡也、詐則欺愚也、貴則傲賤也、富則驕貧也、壮則奪老也。是以天下之庶國、方以水火毒薬兵刃以相賊害也。若事上不利天、中不利鬼、下不利人、三不利而無所利、是謂之賊。故凡従事此者、寇乱也、盜賊也、不仁不義、不忠不惠、不慈不孝、是故聚斂天下之悪名而加之。是其故何也。則反天之意也。
故子墨子置立天之、以為儀法、若輪人之有規、匠人之有矩也。今輪人以規、匠人以矩、以此知方圓之別矣。是故子墨子置立天之、以為儀法。吾以此知天下之士君子之去義遠也。何以知天下之士君子之去義遠也。今知氏大國之君寬者然曰、吾處大國而不攻小國、吾何以為大哉。是以差論蚤牙之士、比列其舟車之卒、以攻罰無罪之國、入其溝境、刈其禾稼、斬其樹木、殘其城郭、以御其溝池、焚焼其祖廟、攘殺其犧牷、民之格者、則剄殺之、不格者、則係操而歸、丈夫以為僕圉胥靡、婦人以為舂酋。則夫好攻伐之君、不知此為不仁義、以告四隣諸侯曰、吾攻國覆軍、殺将若干人矣。其隣國之君亦不知此為不仁義也、有具其皮幣、発其総處、使人饗賀焉。則夫好攻伐之君、有重不知此為不仁不義也、有書之竹帛、蔵之府庫。為人後子者、必且欲順其先君之行、曰、何不當発吾府庫、視吾先君之法美。必不曰文、武之為正者若此矣、曰吾攻國覆軍殺将若干人矣。則夫好攻伐之君、不知此為不仁不義也、其隣國之君不知此為不仁不義也、是以攻伐世世而不已者、此吾所謂大物則不知也。
所謂小物則知之者何若。今有人於此、入人之場園、取人之桃李瓜薑者、上得且罰之、衆聞則非之、是何也。曰不與其労、獲其實、已非其有所取之故、而況有踰於人之牆垣、担格人之子女者乎。與角人之府庫、竊人之金玉蚤累者乎。與踰人之欄牢、竊人之牛馬者乎。而況有殺一不辜人乎。今王公大人之為政也、自殺一不辜人者、踰人之牆垣、担格人之子女者、與角人之府庫、竊人之金玉蚤累者、與踰人之欄牢、竊人之牛馬者、與入人之場園、竊人之桃李瓜薑者、今王公大人之加罰此也、雖古之堯舜禹湯文武之為政、亦無以異此矣。今天下之諸侯、将猶皆侵凌攻伐兼并、此為殺一不辜人者、數千萬矣、此為踰人之牆垣、格人之子女者、與角人府庫、竊人金玉蚤累者、數千萬矣、踰人之欄牢、竊人之牛馬者、與入人之場園、竊人之桃李瓜薑者、數千萬矣、而自曰義也。故子墨子言曰、是蕡我者、則豈有以異是蕡黒白甘苦之辯者哉。今有人於此、少而示之黒謂之黒、多示之黒謂白、必曰吾目乱、不知黒白之別。今有人於此、能少嘗之甘謂甘、多嘗謂苦、必曰吾口乱、不知其甘苦之味。今王公大人之政也、或殺人其國家、禁之此蚤、越有能多殺其隣國之人、因以為文義、此豈有異蕡白黒、甘苦之別者哉。
故子墨子置天之、以為儀法。非獨子墨子以天之志為法也、於先王之書大夏之道之然、帝謂文王、予懷而明德、毋大聲以色、毋長夏以革、不識不知、順帝之則。此誥文王之以天志為法也、而順帝之則也。且今天下之士君子、中實将欲為仁義、求為上士、上欲中聖王之道、下欲中國家百姓之利者、當天之志、而不可不察也。天之志者、義之経也。

字典を使用するときに注意すべき文字
次、謂幄也。 派生して、ほしいままにする、の意あり。
別、辨也。 わきまえる、の意あり。
残、賊也。殺也。 こわす、そこなう、の意あり。
與、及也。如也。 およぶ、ごとき、の意あり。
角、又校也。 くらべる、しらべる、の意あり。


《天志下》
子墨子の言ひて曰く、天下の乱るる所以(ゆえん)のものは、其の説は将に何ぞや。則ち是は天下の士君子、皆は小を明かにして而して大に明かならざればなり。何を以って其の小に明かにして大に明かならざるを知るや。其の天の意に明かならざるを以ってなり。何を以って其の天の意に明かならざるを知るや。人の家に處(お)る者を以って之を知る。今、人の若(ごと)き家に處りて罪を得ば、将に猶ほ異家の所に有りて、以って之を避逃(ひとう)する者、然れども且つ父は以って子を戒(いまし)め、兄は以って弟を戒めて、曰く、之を戒(いまし)めよ之を慎(つつし)めよ、人の家に處(お)りて、之を戒めず慎まずして、而して人の國に處る者有らむや。今、人の若(ごと)き國に處りて罪を得ば、将に猶ほ異國の所に有りて、以って之を避逃(ひとう)する者や、然れども且つ父は以って子を戒(いまし)め、兄は以って弟を戒め、曰く、之を戒(いまし)め之を慎(つつし)め、人の國に處る者は、戒慎(かいしん)せざる可からざるなり。今、人は皆天下に處(お)り而して天に事(つか)へ、罪を天に得れば、将に之を避逃(ひとう)する所以(ゆえん)の者無からむとす。然り而して以って相(あひ)極戒(きょくかい)するを知るは莫(な)し、吾の此れを以って大物(だいぶつ)は則ち知らざるものを知るなり。
是の故に子墨子の言いて曰く、之を戒め之を慎め、必ず天の欲する所を為し、而(ま)た天の悪(にく)む所を去れ。曰く、天の欲する所のものは何ぞや。悪(にく)む所のものは何ぞや。天は義を欲し而して其の不義を悪(にく)むものなり。何に以って其の然るを知るや。曰く、義は正(せい)なればなり。何を以って義の正(せい)為(た)るを知るや。天下に義有れば則ち治(おさま)り、義無くば則ち乱る、我(おのれ)は此を以って義の正(せい)為(た)るを知るなり。然り而して正は、下自り上を正(ただ)す者は無く、必ず上自り下を正(ただ)す。是の故に庶人は己(おのれ)を次にして而して正(せい)を為すことを得ず、士有りて之を正(ただ)すも、士は己は次(ほしいまま)にして而して正を為すことを得ず、大夫有りて之を正(ただ)すも、大夫は己は次(ほしいまま)にして而して正(せい)を為すことを得ず、諸侯有りて之を正(ただ)すも、諸侯は己は次(ほしいまま)にして而して正(せい)を為すことを得ず、三公有りて之を正(ただ)すも、三公は己は次(ほしいまま)にして而して正(せい)を為すことを得ず、天子有りて之を正(ただ)すも、天子は己は次(ほしいまま)にして而して政(まつりごと)を為すことを得ず、天有りて之を正(ただ)す。今、天下の士君子は、皆天子の天下を正(ただ)すことを明かにして、而して天の天子を正(ただ)すことに明かならざるなり。是の故に古の聖人は、明を以って此を人に説きて曰く、天子に善(ぜん)有れば、天は能く之を賞し、天子に過(あやまち)あれば、天は能く之を罰す。天子の賞罰は當(あた)らず、聴獄は中(あた)らざれば、天は疾病禍福を下し、霜露は時ならず、天子は必ず且(まさ)に其の牛羊(ぎゅうよう)犬彘(けんてい)を犓豢(すうきょ)し、絜(いさぎよ)く粢盛(しせい)酒醴(しゅせい)を為(つ)り、以って禱祠(とうし)して福を天に祈り、我は未だ嘗(か)って天が禱祈(とうき)して天子を福するを聞かずして、吾は此を以って天は天子より重にして且つ貴なるを知らざるなり。是の故に義は愚且つ賤なる者自り出(い)でず、必ず貴且つ知なる者自り出(い)ず。曰く、誰か知を為す。天は知を為す。然らば則ち義は果(はた)して天自り出づるか。今、天下の士君子の義を為すを欲する者は、則ち天の意に順(したが)はざる可からず。
曰く、天の意に順(したが)ふとは何の若(ごと)きや。曰く、天下の人を兼愛するなり。何を以って天下の人を兼愛するを知るや。兼(けん)を以って而して之を食(やしな)ふ。何を以って其の兼をして而して之を食(やしな)ふを知るや。古自り今に及まで遠靈(えんじ)孤夷(こい)の國有ること無く、皆は其の牛羊(ぎゅうよう)犬彘(けんてい)を犓豢(すうきょ)し、絜(いさぎよ)く粢盛(しせい)酒醴(しゅれい)を為(つ)り、以って敬みて上帝山川鬼神を祭祀(さいし)し、此を以って兼(けん)をして而して之を食(やしな)ふを知るなり。苟(いや)しくも兼をして而して食(やしな)へば、必ず兼をして而して之を愛す。之を譬へば楚、越の君の若(ごと)し、今、是の楚王が楚の四境の内を食(やしな)へば、故に楚の人は愛し、越王が越を食(やしな)へば、故に越の人は愛す。今、天は天下を兼(けん)し而して食(やしな)ひ、我は此を以って其の天下の人を兼愛するを知るなり。
且つ天が百姓を愛するや、物は盡(つ)かずて而して止む。今、天下の國、粒食の民、一不辜を殺す者は、必ず一不祥有り。曰く、誰か不辜を殺す。曰く、人なり。孰(たれ)か此に不辜を予(あた)ふ。曰く、天なり。若し天が中實(まこと)に此の民を愛せずんば、何の故に而(しかる)に人が不辜を殺すこと有れば、而(しかる)に天は之に不祥を予(あた)へむや。且つ天が百姓を愛すること厚く、天が百姓を愛すること別(わきまえ)るは、既に得て而して知る可きなり。何を以って天が百姓を愛することを知るや。吾は賢者が必ず善を賞し暴を罰するを以ってなり。何を以って賢者が必ず善を賞し暴を罰するを知るや。吾は昔の三代の聖王を以って之を知る。故に昔の三代の聖王堯舜禹湯文武が之の天下を兼愛するや、従ひて而して之を利し、其の百姓の意を移(うつ)し、率ひて以って上帝山川鬼神を敬ひ、天を以って其の愛する所に従いひて而して之を愛し、其の利する所に従ひて而して之を利し、是に於いて其の賞を加え、之をして上位に處(お)り、立ちて天子と為(な)り以って法(のり)と使(し)め、之を名して曰く聖人、此を以って其の善を賞する證(あかし)を知ると為す。是の故に昔の三代の暴王桀紂幽厲が之の天下を兼悪(けんお)するや、従ひて而して之を賊(そこな)ひ、其の百姓の意を移して、率いて以って上帝山川鬼神を詬侮(こうぶ)し、天を以って其の愛する所に従はざりて而して之を悪(にく)み、其の利する所に従はざりて而して之を賊(そこな)ひ、是に於いて其の罰を加え、之をして父子は離散、國家は滅亡、社稷は抎失(うんしつ)し、憂(うれひ)は以って其の身に及ば使(し)むを為す。是を以って天下の庶民は屬(あつま)りて而して之を毀(そし)り、業は萬世子孫に継嗣して、之を毀賁(きふん)し之を廃(や)まずなり、之を名づけて曰く失王(しつおう)、此を以って其の暴を罰するの證(あかし)を知る。今、天下の士君子、義を為すを欲する者は、則ち天の意に順(したが)はざる可からず。
曰く天の意に順(したが)ふものは、兼なり、天の意に反するものは、別(べつ)なり。兼(けん)の道(みち)為(た)るや、義に正(ただ)し、別(べつ)の道(みち)為(た)るや、力(りき)に正(ただ)すなり。曰く義に正(ただ)すものは何の若(ごと)きや。曰く大は小を攻めず、強は弱を侮らず、衆は寡を賊(そこな)はず、詐(さ)は愚を欺(あざむ)かず、貴は賤に傲(おご)らず、富は貧に驕(おご)らず、壮は老より奪はざるなり。是を以って天下の庶國は、水火毒薬兵刃を以って、以って相(あひ)害(そこな)ふこと莫(な)きなり。若(かくのごと)き事は上には天を利し、中には鬼を利し、下には人を利し、三利にして而して利せざる所無し、是を天德と謂う。故に凡そ此に従事する者は、聖知なり、仁義なり、忠惠なり、慈孝なり、是の故に天下の善名を聚斂(しゅうれん)して而して之を加ふ。是の其の故は何ぞや。則ち天の意に順(したが)へばなり。曰く、力正(りくせい)は何の若(ごと)きや。曰く、大は則ち小を攻め、強は則ち弱を侮り、衆は則ち寡を賊(そこな)ひ、詐(さ)は則ち愚を欺(あざむ)き、貴は則ち賤に傲(おご)り、富は則ち貧に驕(おご)り、壮は則ち老より奪ふ。是を以って天下の庶國は、方に水火毒薬兵刃を以って、以って相賊害するなり。若(かくのごと)き事は上には天を利せず、中には鬼に利せず、下には人に利せず、三不利にして而して利する所無く、是を賊と謂ふ。故に凡そ此に従事する者は、寇乱(こうらん)なり、盜賊(とうぞく)なり、不仁不義なり、不忠不惠なり、不慈不孝なり、是の故に天下の悪名を聚斂(しゅうれん)して而して之に加ふ。是の其の故は何ぞや。則ち天の意に反するなり。
故に子墨子は天を置立(ちりゅう)し、以って儀法(ぎほう)と為し、輪人(りんじん)に規(き)有り、匠人(しょうじん)に矩(く)有るが若(ごと)きなり。今、輪人(りんじん)は規(き)を以ってし、匠人(しょうじん)は矩(く)を以ってし、此を以って方圓(ほうえん)の別(べつ)を知る。是の故に子墨子は天を置立(ちりゅう)し、以って儀法(ぎほう)と為す。吾の此を以って天下の士君子の義を去ることの遠きを知るなり。何を以って天下の士君子の義を去ることの遠きを知るや。今知る、氏(こ)れ大國の君の寬者(かんしゃ)は然(しか)りて曰く、吾の大國に處(お)りて而して小國を攻めずは、吾は何を以って大と為さむや。是を以って蚤牙(そうが)の士を差論(さろん)し、其の舟車の卒を比列(ひれつ)し、以って無罪の國を攻罰し、其の溝境(こうきょう)に入り、其の禾稼(かか)を刈り、其の樹木を斬り、其の城郭を殘(そこな)ひ、以って其の溝池を御(ぎょ)し、其の祖廟(そびょう)を焚焼(ふんしょう)し、其の犧牷(ぎせい)を攘殺(じょうさつ)し、民の格する者を、則ち之を剄殺(けいさつ)し、格せざる者を、則ち係操(けいそう)して而して歸(き)し、丈夫は以って僕圉(ぼくぎょ)胥靡(しょび)と為し、婦人は以って舂酋(しゅんしゅう)と為す。則ち夫(そ)れ攻伐を好む君は、此が不仁義為(た)ることを知らずて、以って四隣諸侯に告げて曰く、吾の國を攻め軍を覆(くつがえ)し、将(しょう)を殺すこと若干人。其の隣國の君も亦た此が不仁義為(た)ることを知らず、其の皮幣(ひへい)を具(ぐ)すこと有りて、其の総處(そうしょ)を発し、人をして饗賀(きょうが)せ使(し)む。則ち夫れ攻伐を好む君は、重ねて此が不仁不義為(た)ることを知らずこと有り、之を竹帛(ちくはく)に書すこと有りて、之を府庫に蔵す。人の後子と為る者は、必ず且(まさ)に其の先君の行に順(したが)はむと欲し、曰く、何ぞ當(まさ)に吾の府庫(ふこ)を発し、吾の先君の法美を視ざるや。必ず文、武の正(まつりごと)を為すものは此の若(ごと)しと曰はずして、曰く、吾の國を攻め軍を覆(くつがえ)し将(しょう)を殺すこと若干人なり。則ち夫(そ)れ攻伐を好む君は、此が不仁不義と為(な)ることを知らずて、其の隣國の君も此が不仁不義為(た)ることを知らずなり、是を以って攻伐は世世にして而して已(や)まざるは、此れ吾の所謂(いわゆる)大物(だいぶつ)は則ち知らざるなり。
所謂(いわゆる)小物は則ち之を知る者は何の若(ごと)きや。今、此に人有り、人の場園(じょうえん)に入り、人の桃李(とおり)瓜薑(こうきょう)を取る者は、上は得て且(まさ)に之を罰し、衆は聞きて則ち之を非とせむ、是は何ぞや。曰く、其の労に與(あづか)らずして、其の實を獲、已(すで)に其の有する所に非ずして之を取る故にして、而して況むや人有りて牆垣(しょうえん)を踰(こ)え、人の子女を担格(たんかく)する者をや。與(およ)び人の府庫(ふこ)を角(しら)べ、人の金玉(きんぎょく)蚤累(そうるい)を竊(ぬす)む者をや。與(およ)び人の欄牢(らんろう)を踰(こ)え、人の牛馬を竊(ぬす)む者をや。而して況(いや)むや有りて一(いち)不辜(ふこ)の人を殺すをや。今、王公大人の政(まつりごと)を為すや、一不辜の人を殺す者自り、人の牆垣(しょうえん)を踰(こ)えて、人の子女を担格(たんかく)する者、與(およ)び人の府庫を角(しら)べ、人の金玉(きんぎゃく)蚤累(そうるい)を竊(ぬす)む者、與(およ)び人の欄牢(らんろう)を踰(こ)え、人の牛馬を竊(ぬす)む者、與(およ)び人の場園(じょうえん)に入り、人の桃李(とおり)瓜薑(こうきょう)を竊(ぬす)む者に、今、王公大人の罰を此に加えるや、古の堯舜禹湯文武の政(まつりごと)を為すと雖(いへど)も、亦た以って此に異ること無し。
今、天下の諸侯、将に猶ほ皆は侵凌(しんりょう)攻伐(こうばつ)兼并(けんぺい)す、此れ一(いち)不辜(ふこ)の人を殺すを為す者は、數千萬なり、此れ人の牆垣(しょうえん)を踰(こ)え、人の子女を格する者、與び人の府庫を角(しら)べ、人の金玉(きんぎょく)蚤累(そうるい)を竊(ぬす)む者は、數千萬なり、人の欄牢(らんろう)を踰(こ)え、人の牛馬を竊(ぬす)む者、與(およ)び人の場園(じょうえん)に入り、人の桃李(とおり)瓜薑(かこきょう)を竊(ぬす)む者、數千萬なり、而して自から義なりと曰ふなり。故に子墨子の言ひて曰く、是の我を蕡(みだ)す者は、則ち豈(あ)に以って是の黒白甘苦の辯(ことば)を蕡(みだ)す者に異ること有らむ。今、此に人有り、少にして而して之の黒を示して之を黒と謂ひ、多く之に黒を示せば白と謂ひ、必ず曰はむ、吾が目は乱れ、黒白の別(べつ)を知らず。今、此に人有りて、能く少し之に甘を嘗(な)めしむれば甘(かん)と謂ひ、多く嘗(な)めしむらば苦(く)と謂ふ、必ず曰はむ、吾の口は乱れ、其の甘苦の味を知らず。今、王公大人の政を為すや、其の國家に人を殺すこと或れば之を禁ずること此れ蚤(はや)し、越(ここ)に能く多く其の隣國の人を殺すこと有りて、因って以って文義と為す、此れ豈に白黒甘苦の別(べつ)を蕡(みだ)す者に異なること有らむや。
故に子墨子の天を之に置き、以って儀法(ぎほう)と為す。獨り子墨子のみ天を之に以って法(のり)と為すを志(こころざ)すに非ず、先王の書に於いて大夏に之を道(い)ふこと然り、帝は文王に謂ふ、之を則(のり)と留むるなり。且つ今、天下の士君子、中實(まこと)に将に仁義を為すを欲し、上士為(た)ることを求め、上には聖王の道(みち)に中(あた)らむと欲し、下には國家百姓の利に中(あた)らむを欲する者は、當(まさ)に天の之の志(こころざし)は、而して察せざる可からずなり。天の之の志(こころざし)は、義の経(のり)なり。

コメント