竹取翁と万葉集のお勉強

楽しく自由に万葉集を楽しんでいるブログです。
初めてのお人でも、それなりのお人でも、楽しめると思います。

万葉集 集歌1658から集歌1663まで

2021年04月05日 | 新訓 万葉集巻八
藤原后奉天皇御謌一首
標訓 藤原(ふじわらの)后(きさき)の天皇(すめらみこと)に奉(たてま)つりしし御謌(おほみうた)一首
集歌一六五八 
原文 吾背兒与 二有見麻世波 幾許香 此零雪之 懽有麻思
訓読 吾が背子とふたり見ませば幾許(いくばく)かこの降る雪し嬉しくあらまし
私訳 私の愛しい幼い貴方と二人で眺めたら、どれほどに、この降る雪が嬉しかったでしょう。
注意 原文の「藤原后奉」は、標準解釈では「藤皇后奉」と校訂し作歌した人物を変更します。この歌の作歌者の「藤原后」とは藤原長娥子で、校訂した場合の「藤皇后」は藤原光明子となります。そこが校訂する意図でもあります。

他田廣津娘子謌一首
標訓 他田(をさだの)廣津娘子(ひろつのをとめ)の謌一首
集歌一六五九 
原文 真木乃於尓 零置有雪乃 敷布毛 所念可聞 佐夜問吾背
訓読 真木の上(へ)に降(ふ)り置ける雪のしくしくも念(おも)ほゆるかもさ夜(よ)問(と)へ吾が背
私訳 りっぱな木の上に降り積もる雪のように、次から次と貴方を恋い慕っています。夜に、私の許に妻問うてください。私の愛しい貴方。

大伴宿祢駿河麿謌一首
標訓 大伴宿祢駿河麿(するがまろ)の謌一首
集歌一六六〇 
原文 梅花 令落冬風 音耳 聞之吾妹乎 見良久志吉裳
訓読 梅の花落(ち)らす冬風(あらし)し音(おと)のみに聞きし吾妹(わぎも)を見らくしよしも
私訳 梅の花を散らす冬の嵐の音だけを聞いて、そのような噂に聞く私の愛しい貴女に遇うのがうれしい。

紀少鹿女郎謌一首
標訓 紀(きの)少鹿(をしかの)女郎(いらつめ)の謌一首
集歌一六六一 
原文 久方乃 月夜乎清美 梅花 心開而 吾念有公
訓読 久方(ひさかた)の月夜(つくよ)を清(きよ)み梅の花心し開けて吾が念(も)へる公
私訳 遥か彼方の月のその月夜が清らかで、梅の花の花開くように心の思いを開いて、私がお慕いする貴い御方です。

大伴田村大娘与妹坂上大娘謌一首
標訓 大伴田村大娘(おほをとめ)の妹(いろ)坂上大娘(おほをとめ)に与(くみ)したる謌一首
集歌一六六二 
原文 沫雪之 可消物乎 至今 流經者 妹尓相曽
訓読 沫雪(あわゆき)し消(け)ぬべきものを今までに流らへぬるは妹に逢はむそ
私訳 沫雪のように恋心はすぐに融けて消えてしまうはずなのに、今に至るまで心に残り胸の内を流れ続けるのは愛しい恋人に逢いたいがため。
注意 原文の「至今」は標準解釈では「尓」の一字を補字して「至今尓」と校訂します。ただ、訓じは同じです。

大伴宿祢家持謌一首
標訓 大伴宿祢家持の謌一首
集歌一六六三 
原文 沫雪乃 庭尓零敷 寒夜乎 手枕不纒 一香聞将宿
訓読 沫雪(あわゆき)の庭に降り敷き寒(さむ)き夜を手枕(たまくら)纏(ま)かず独(ひと)りかも寝(ね)む
私訳 沫雪が庭に降り積もり寒い夜を、恋人の手枕を身に絡めることなく独りだけで寝る。


コメント