竹取翁と万葉集のお勉強

楽しく自由に万葉集を楽しんでいるブログです。
初めてのお人でも、それなりのお人でも、楽しめると思います。

万葉集 集歌81から集歌84

2020年01月20日 | 新訓 万葉集巻一
和銅五年壬子夏四月、遣長田王于伊勢齊宮時、山邊御井謌
標訓 和銅五年(七一二)壬子の夏四月、長田(おさだの)王(おほきみ)を伊勢の齊宮(いつきのみや)に遣はしし時に、山邊の御井の謌
集歌八一
原文 山邊乃 御井乎見我弖利 神風乃 伊勢處女等 相見鶴鴨
訓読 山し辺(へ)の御井(みゐ)を見がてり神風(かむかぜ)の伊勢処女(をとめ)どもあひ見つるかも
私訳 山の辺の御井を見たいと願っていたら思いもかけずも、神風の吹く伊勢の斎宮にお仕えするために赴く女性たちにお会いしました。
注意 原文の「伊勢處女」の「處女」には、親と共にその場所に居住する女性の意味合いですから、「伊勢處女」とは伊勢皇大神宮の斎宮で斎王に従う女達の意味になります。つまり、集歌八一の歌は標準解釈とは違い、斎宮に仕える女性とそれを引率する長田王への餞別の歌です。また、「山辺御井」は奈良市都祁の都祁水分神社にあった清水です。

集歌八二
原文 浦佐夫流 情佐麻弥之 久堅乃 天之四具礼能 流相見者
訓読 心(うら)さぶる情(こころ)さ益(ま)やし久方の天し時雨(しぐれ)の流らふ見れば
私訳 うら淋しい感情がどんどん募って来る。遥か彼方の天空に時雨の雨雲が流れているのを眺めると。
注意 原文の「情佐麻弥之」の「弥」は、標準解釈では「祢」と変え「情(こころ)さ数多(まね)し」と訓じます。

集歌八三
原文 海底 奥津白波 立田山 何時鹿越奈武 妹之當見武
訓読 海(わた)し底(そこ)沖つ白波立田山いつか越えなむ妹しあたり見む
私訳 海の奥底が深い、その沖に白波が立つ。その言葉のひびきではないが、龍田山を何時かは越えて行こう。麗しい貴女の住むあたりを眺めるために(=逢いに行くために)。
左注 右二首今案、不似御井所。若疑當時誦之古謌歟。
注訓 右の二首は今案(かむが)ふるに、御井の所に似ず。若(けだ)し疑ふらくに時に當りて誦(うた)ふる古き謌か。
注意 飛鳥・奈良時代は、御幸巡行の記事に示すように伊勢国への行き来には陸路の伊勢街道と海路の紀伊、熊野経由の二通りがあります。歌からは長田王一行は伊勢神宮に赴くに熊野経由で行かれたと推定されます。それで、これら三首はその予定行程での国境の龍田越えを詠ったものと思われます。推定で、左注は万葉集編纂時のものではなく、伊勢国への海路の歴史がなくなった平安時代中期から後期以降と思われます。

寧樂宮
標訓 寧樂宮(ならのみや)

長皇子與志貴皇子於佐紀宮倶宴謌
標訓 長皇子の志貴皇子と佐紀宮に倶(とも)に宴(うたげ)せる謌
集歌八四
原文 秋去者 今毛見如 妻戀尓 鹿将鳴山曽 高野原之宇倍
訓読 秋さらば今も見るごと妻恋ひに鹿(か)鳴かむ山ぞ高野原(たかのはら)し上
私訳 秋になったならば、「鹿鳴」の漢詩の一節「我有旨酒、以嘉樂嘉賓之心」ではないが、今、このように皆が集い眺めているように、妻を恋焦がれて牡鹿が啼く、そのように友を呼び寄せ集う山です。高野原のあたりにある山は。
左注 右一首長皇子
注訓 右の一首は長皇子
注意 本来、奈良の都への遷都は和銅三年(七一〇)三月のこととされています。つまり、集歌七八の歌からは奈良宮の時代は始まっていますので、巻一を閉めるために次の時代を代表する長皇子と志貴皇子とが関わる歌を載せたと考えます。なお、歌は「詩経 鹿鳴」の詩の情景を引用して宴と情景を詠うものです。また、「高野原」は奈良市佐紀町一帯の原野です。

コメント

万葉集 集歌76から集歌80

2020年01月17日 | 新訓 万葉集巻一
和銅元年戊申
天皇御製謌
標訓 和銅元年(七〇八)戊申(ぼしん)に、天皇の御(かた)りて製(つく)らせし謌
集歌七六 
原文 大夫之 鞆乃音為奈利 物部乃 大臣 楯立良思母
訓読 大夫(ますらを)し鞆(とも)の音(おと)すなり物部の大臣(おほまえつきみ)盾立つらしも
私訳 立派な武人の引く、弓の鞆を弦がはじく音がする。きっと、物部の大臣が日嗣の大盾を立てているでしょう。

御名部皇女奉和御謌
標訓 御名部(みなべの)皇女(ひめみこ)の和(こた)へ奉(たてまつ)れし御りし謌
集歌七七 
原文 吾大王 物莫御念 須賣神乃 嗣而賜流 吾莫勿久尓
訓読 吾(わ)ご大王(おほきみ)物(もの)な念(おも)ほし皇神(すめかみ)の嗣ぎに賜へる吾れ無けなくに
私訳 吾らの大王よ。御心配なされるな。貴女は皇祖から日嗣としての立場を賜られたのです。それに、貴女をお助けする吾らがいないわけではありませんから。
注意 この歌が詠われた段階では、元明天皇は即位していないために阿閇皇女と御名部皇女とは実の仲の良い姉妹関係として二人は了解していると解釈しています。

和銅三年庚戌春二月、従藤原宮遷于寧樂宮時、御輿停長屋原遥望古郷御作謌
一書云 太上天皇御製
標訓 和銅三年(七一〇)庚戌の春二月、藤原宮より寧楽宮に遷(うつ)りましし時に、御輿(みこし)を長屋の原に停めて遥かに古き郷(さと)を望みて御(かた)りて作らせる歌
ある書に云はく、太上天皇の御りて製らししといへり
注意 「長屋原」を標準解釈は奈良県天理市西井戸堂付近の山辺道を想定しますが、この時代、大和川の水運を使いますから、本書は平城京の船着場となる奈良市二条大路南の佐保川の長屋原を想定します。
集歌七八 
原文 飛鳥 明日香能里乎 置而伊奈婆 君之當者 不所見香聞安良武
訓読 飛ぶ鳥し明日香の里を置きに去(い)なば君しあたりは見ずそかもあらむ
私訳 あの倭猛命の故事ではないが、御霊の印である白千鳥が飛ぶ、その明日香の里を後にしてしまって、奈良の京へと去って行ったなら、貴方の新益京の辺りはもう見えなくなってしまうのでしょうか。

或本、従藤原宮亰遷于寧樂宮時謌
標訓 或る本の、藤原宮(ふぢはらのみや)の亰(みやこ)より奈良宮(ならのみや)に遷(うつ)りし時の歌
集歌七九 
原文 天皇乃 御命畏美 柔備尓之 家乎擇 隠國乃 泊瀬乃川尓 船浮而 吾行河乃 川隈之 八十阿不落 万段 顧為乍 玉桙乃 道行晩 青吉 楢乃京師乃 佐保川尓 伊去至而 我宿有 衣乃上従 朝月夜 清尓見者 栲乃穂尓 夜之霜落 磐床等 川之氷凝 冷夜乎 息言無久 通乍 作家尓 千代二手来座 多公与 吾毛通武
私訓 天皇(すめろぎ)の 御命(みこと)畏(かしこ)み 柔(にき)びにし 家を置き 隠國(こもくり)の 泊瀬の川に 船浮けに 吾が行く河の 川隈(かわくま)し 八十隈(やそくま)おちず 万度(よろづたび) 顧(かへ)り見しつつ 玉桙の 道行き暮らし あをによし 奈良の都の 佐保川に い去(い)き至りに 我が宿(や)なる 衣(ころも)の上ゆ 朝(あさ)月夜(つくよ) 清(さや)かに見れば 栲(たへ)の穂に 夜し霜降り 磐床(いはとこ)と 川し氷(ひ)凝(ごほ)り 冷(さむ)き夜を 息(やす)むことなく 通ひつつ 作れる家(いへ)に 千代(ちよ)にて来ませ 多(おほ)つ公(きみ)よ 吾も通はむ
私訳 天皇のご命令を畏みて慣れ親しんだ家を藤原京に置き、亡き人が籠るという泊瀬の川に船を浮かべて、私が奈良の京へ行く河の、その川の曲がり角の、その沢山の曲がり角で、すべて残らず、何度も何度も振り返り見ながら、御門の御幸を示す玉鉾の行程を行き、その日一日を暮らし、青葉の美しい奈良の都の佐保川に辿り着いて、私の屋敷にある夜具の上で、早朝の夜明け前の月を清らかに見ると、新築の屋敷を祝う栲の穂に夜の霜が降りて、佐保川の磐床に残る川の水も凍るような寒い夜を休むことなく藤原京から通って作ったこの家に、いつまでも来てください。多くの大宮人よ。同じように私も貴方の新築の家に通いましょう。
注意 原文の「千代二手来座 多公与」は、標準解釈では「二手」を両手の戯訓と解釈する関係から「千代二手尓 座多公与」と「来」を「尓」と変え、また句切れの位置を変更します。そして「千代までに、いませおほきみよ」と訓じます。

反謌
集歌八〇 
原文 青丹吉 寧樂乃家尓者 万代尓 吾母将通 忘跡念勿
訓読 あをによし奈良の家には万代(よろづよ)に吾も通はむ忘ると念(おも)ふな
私訳 青葉も美しい奈良の新築の貴方の家には、いつまでも私も通いましょう。新都となった奈良の京の貴方の新築の家を忘れると思わないで下さい。
左注 右謌主未詳
注訓 右の歌の主(あるじ)、未だ詳(つばひ)らならず。
コメント (1)

万葉集 集歌71から集歌75

2020年01月16日 | 新訓 万葉集巻一
大行天皇幸于難波宮時謌
標訓 大行(さきの)天皇(すめらみこと)の難波宮に幸(いでま)しし時の謌
集歌七一 
原文 倭戀 寐之不所宿尓 情無 此渚崎尓 多津鳴倍思哉
訓読 大和恋ひ寝(ゐ)し寝(ぬ)らずそに情(こころ)なくこの渚崎廻(すさきみ)に鶴(たづ)鳴くべしや
私訳 大和を恋い慕い寝るに寝られもしないのに、思いやりもなく、この渚崎のあたりで夜に鶴は妻を呼び立てて鳴くべきでしょうか。
左注 右一首忍坂部乙麻呂
注訓 右の一首は、忍坂部(おさかべの)乙麻呂(おとまろ)
注意 「渚崎」は難波宮が置かれた大阪市中央区法円坂付近の砂浜海岸です。

集歌七二 
原文 玉藻苅 奥敝波不旁 敷妙乃 枕之邊 忘可祢津藻 (旁は扌+旁の当字)
訓読 玉藻刈る沖辺(おきへ)は漕がじ敷栲の枕し辺(あたり)忘れかねつも
私訳 あてがわれた遊女の柔毛を別け奥の部屋ですることに疲れ果てもう出来ません。敷栲で抱き臥した枕元の昨夜のあのことが忘れられないでしょう。
注意 原文の「奥敝波不旁」の「旁(扌+旁)」は、標準解釈では「榜」の誤字とします。ただし、「扌+旁」の字には舟をこぐの意味の他に、触れると云う意味があり、また、「敝」には疲れ果てるの意味もあります。この集歌七二の歌は、藤原宇合が十四歳ごろに、御幸の旅先で夜伽の女性をあてがわれた、その翌朝に詠った歌なのを理解する必要があります。
左注 右一首式部卿藤原宇合
注訓 右の一首は、式部卿藤原(ふじはらの)宇合(うまかひ)

長皇子御謌
標訓 長皇子の御(かた)りし謌
集歌七三 
原文 吾妹子乎 早見濱風 倭有 吾松椿 不吹有勿勤
訓読 吾妹子を早(はや)見(み)浜風(はまかぜ)大和なる吾(わ)をまつ椿吹かざるなゆめ
私訳 私の愛しい貴女を速く見る(=すぐに逢いたい)、その言葉のひびきではないが、早見の浜風よ。大和にあって私を待っている松や椿よ、その言葉のひびきではないが、津脇(つわき=湊の周り)に航海を邪魔する風は吹き付けるでないぞ。きっと。
注意 集歌七一の歌の標題の「大行天皇幸于難波宮時」は、歌の順を勘案して文武天皇の慶雲三年(七〇六)九月の難波宮への御幸と考えています。可能性としては文武三年(六九九)正月もあります。

大行天皇幸于吉野宮時謌
標訓 大行天皇の吉野宮に幸(いでま)しし時の謌
集歌七四 
原文 見吉野乃 山下風之 寒久尓 為當也今夜毛 我獨宿牟
訓読 み吉野の山し颪(おろし)し寒けくにはたや今夜も我が独り寝(ね)む
私訳 見るべき美しい吉野の山から吹き下ろす颪が、これほどに寒いのに、それでも今夜も私は独り寝をしましょう。
左注 右一首或云、天皇御製謌
注訓 右の一首は、或は云はく「天皇の御(かた)りて製(つく)らせし謌」といへり。
注意 標準解釈では「山下風」を「嵐」と洒落ますが、国字に「颪」がありますからここでは「颪」を採用します。

集歌七五 
原文 宇治間山 朝風寒之 旅尓師手 衣應借 妹毛有勿久尓
訓読 宇治間(うぢま)山(やま)朝風寒し旅にして衣(ころも)貸すべき妹もあらなくに
私訳 宇治間山、その朝の風が寒い。旅先ですが、床で体に掛ける衣とその暖かい体を私に貸してくれそうな可愛らしい娘子もいないので。
左注 右一首長屋王
注訓 右の一首は、長屋王。
注意 集歌七四の歌の標題の「大行天皇幸于吉野宮時」は、大宝元年(七〇一)二月の御幸と考えます。ここで、集歌六六の歌から集歌七五の歌までで歌の詠われた年代と記載順が乱れていますが、持統天皇と文武天皇との崩御された順とゆかりを下に編纂されたと推定します。
コメント

万葉集 集歌66から集歌70

2020年01月15日 | 新訓 万葉集巻一
太上天皇幸于難波宮時謌
標訓 太上天皇の難波宮に幸(いでま)しし時の謌
集歌六六 
原文 大伴乃 高師能濱乃 松之根乎 枕宿杼 家之所偲由
訓読 大伴の高師(たかし)の浜の松し根を枕(まくら)き寝(ぬ)れど家(いへ)しそ偲(しの)ゆ
私訳 難波の大伴にある高師の浜の、その松の根を枕として浜辺を眺めながら野宿をしていても、大和の家だけが偲ばれます。
左注 右一首置始東人
注訓 右の一首は、置始(おきそめの)東人(あづまひと)
注意 「高師浜」は現在の大阪府高石市高師浜付近です。

集歌六七 
原文 旅尓之而 物戀尓 鳴毛 不所聞有世者 孤悲而死萬思
訓読 旅にしにもの恋しきに鳴(さへづる)も聞けずそありせば恋ひに死なまし
私訳 貴女に逢えない旅路にあるものだから、無性に恋しさが募り、鳥がしきりに囀る鳴くのもこの耳に聞こえてこないようでは、恋い焦がれる貴女への想いで死んでしまうと万遍も思うでしょう。
注意 原文の「物戀尓 鳴毛」は標準解釈の「物恋しきに鶴(たづ)が鳴(ね)も」に合わせるために、すべての伝本表記とは関係なく「物戀之伎尓 鶴之鳴毛」と校訂します。
左注 右一首高安大嶋
注訓 右の一首は、高安(たかやすの)大嶋(おほしま)。

集歌六八 
原文 大伴乃 美津能濱尓有 忘貝 家尓有妹乎 忘而念哉
訓読 大伴の御津の浜(へ)になる忘れ貝家(へ)になる妹を忘れに念(おも)へや
私訳 大伴の御津の浜に採れる貝殻の片方だけが残された忘れ貝よ、その伝承ではないが、私が家に愛しい貴女だけを残してきたが、その貴女を私が忘れてしまったとでも思いますか。
左注 右一首身人部王
注訓 右の一首は、身人部(むとべの)王(おほきみ)

集歌六九 
原文 草枕 客去君跡 知麻世婆 岸之垣布尓 仁寶播散麻思乎
訓読 草枕旅行く君と知らませば岸し垣生(かきふ)ににほはさましを
私訳 草を枕にするような苦しい旅を行く貴方と知っていましたら、この岸の垣のところで私が貴方を歓迎してあげましたものを。
左注 右一首清江娘子進長皇子 姓氏未詳
注訓 右の一首は清江(すみのえの)娘子(をとめ)の長皇子に進めたる 姓、氏はいまだ詳(つばび)らかならず
注意 集歌六六の歌の標題の「太上天皇幸于難波宮時」は、文武三年(六九九)正月の御幸であって、持統太上天皇が崩御された慶雲三年(七〇六)の時ではありません。集歌六六の歌以下、集歌六九の歌までの歌々は、集歌六四の歌が詠われた文武天皇の慶雲三年の難波御幸にゆかりとして紹介したのか、掲載の順に疑問があります。

太上天皇幸于吉野宮時、高市連黒人作謌
標訓 太上天皇の吉野宮に幸(いでま)しし時に、高市連黒人の作れる謌
集歌七〇 
原文 倭尓者 鳴而歟来良武 呼兒鳥 象乃中山 呼曽越奈流
訓読 大和には鳴きにか来らむ呼子(よぶこ)鳥(とり)象(ころ)の中山呼びぞ越ゆなる
私訳 大和にはここから鳴くために飛んで来るのでしょうか。呼子鳥とも呼ばれるカッコウよ。秋津野の小路にある丘から「カツコヒ(片恋)、カツコヒ」と想い人を呼びながら越えて行きました。
注意 当時、流行した博打の一種である樗蒲(ちょぼ、かりうち)で、その出目である一伏三起を「ころ」と云い「象」と記します。なお、集歌七〇の歌の標題の「太上天皇幸于吉野宮時」とは、持統太上天皇の吉野宮への御幸を示しますから、推定で大宝元年(七〇一)六月の吉野宮への御幸の時となります。
コメント

万葉集 集歌61から集歌65

2020年01月14日 | 新訓 万葉集巻一
舎人娘子従駕作謌
標訓 舎人娘子の駕(いでまし)に従ひ作れる謌
集歌六一 
原文 丈夫之 得物矢手挿 立向 射流圓方波 見尓清潔之
訓読 丈夫(ますらを)し得物(さつ)矢手挟み立ち向ひ射る円方(まとかた)は見るに清潔(さや)けし
私訳 頑強な男たちが武器の得物の矢を手挟み、的に立ち向かって射る、その的。そのような名を持つこの円方(まとかた)の地は、眺めていて清々しいものがあります。
注意 原文の「丈夫之」は標準解釈では「大夫之」と表記を変えます。この時、「丈夫」は頑強な男たちの意味合いですが、「大夫」は五位以上の官人ですので歌の情景は変わります。また、「圓方」は伊勢街道に関係する三重県松坂市東黒部町説があります。

三野連(名闕)入唐時、春日蔵首老作謌
標訓 三野連(名は闕けたり)入唐の時に、春日蔵首老の作れる謌
集歌六二 
原文 在根良 對馬乃渡 々中尓 弊取向而 早還許年
訓読 ありねよし対馬(つしま)の渡り海中(わたなか)に弊(ぬさ)取り向けに早帰り来ね
私訳 山波が美しい、その対馬への渡りの、その海に向かって御弊を手に持ち捧げ向けました。さあ、神も守っていますから早く帰って来て下さい。

山上臣憶良在大唐時、憶本郷作謌
標訓 山上臣憶良の大唐に在(あり)し時に、本郷(くに)を憶(おも)ひて作れる謌
集歌六三 
原文 去来子等 早日本邊 大伴乃 御津乃濱松 待戀奴良武
訓読 いざ子ども早く日本(やまと)へ大伴の御津の浜松待ち恋ひぬらむ
私訳 さあ、大和の国から離れて大唐に来た皆の者、早く大和の国に帰ろう。難波の大伴の御津の浜の松も、その名の響きのように、吾ら健士を待ちわびているだろう。

慶雲三年丙午、幸于難波宮時 志貴皇子御作謌
標訓 慶雲三年(七〇六)丙午に、難波の宮に幸(いでま)しし時に、志貴皇子の御(かた)りて作らせる歌
注意 「難波宮」は現在の大阪市中央区法円坂付近にあった第二次難波宮を示すます。
集歌六四 
原文 葦邊行 鴨之羽我比尓 霜零而 寒暮夕 和之所念
訓読 葦辺(あしへ)行く鴨し羽交(はが)ひに霜降りに寒き夕へし大和しそ念(も)ふ
私訳 葦の茂る岸辺を泳ぐ鴨の羽を畳んだ背に、私の心と比べるような冷たい霜が降りる、その寒い夕べにあって、大和の貴女だけを思っています。

長皇子御謌
標訓 長皇子の御(かた)りし謌
集歌六五 
原文 霰打 安良礼松原 住吉之 弟日娘与 見礼常不飽香聞
訓読 霰打つあられ松原住吉(すみのえ)し弟日(おとひ)娘(をとめ)と見れど飽かぬかも
私訳 霰が大地を降り打つ、その言葉のひびきのような、あられ松原の松を伝説の住吉の弟日娘の後の姿として眺めるが、見飽きることはありません。
注意 この慶雲三年(七〇六)の難波宮への御幸は文武天皇のものです。このとき、既に持統太上天皇は崩御されていますので、集歌六六の歌以降は、歌の詠われた年代と記載の順には乱れがあります。また、「松原住吉」は現在の大阪市住吉区安立町付近です。

コメント