T.blog

Slow & Steady Fishing Life from 九州

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2017/10/14 ヒラマサ&カンパチ 長崎地磯

2017-10-19 22:00:00 | 青物
前日の飲み会の影響で寝坊してしまい、ヤッちまった感いっぱいで家を出たのが7時過ぎ、キャストを始めたのが8時半というユルユルの釣行です。

ミュートスはガイドのグラつき修理でメーカー入院中のため、ヒラスズキタックルでライトに青物を狙いました。

下げ止まり直前で潮の動きが悪いため、期待せずにジグやらミノーやらキャストを繰り返していましたが、かっ飛び棒のスキッピングで攻め始めるとすぐにチェイスが見えました。

右からの爆風で左に流されるルアーを程よいスピードでスキッピングするようにリトリーブ調整してやると水面爆発。

小さな割には良く引くネリゴでした。



ここから複数回バイトが出るも食いが浅くフックセットに至らず、潮止りを迎えて魚信は小休止。

上げ潮の差し込みを待ちながらルアーを取っ替え引っ替えやっていると、潮目が出来たタイミングでまたしてもスキッピングに水柱が上がりました。

一尾目よりもサイズが上がったネリゴでした。

魚が寄っている雰囲気だったので、すぐさま再キャストすると、ひとまわり大きな水柱が立って魚がかかるもファーストランでフックオフ。

「魚が変わった?」

キャストを続けているとまたしても大きめの水柱で水面炸裂!!

ネリゴとのやり取りが続いて油断してしまったせいか、様子見のファイトをしてしまい魚に主導権を握られてしまいました。

魚を浮かせることも出来ず、数回の突っ込みでドラグを出され根擦れでブレイク😭

トホホでございます。

気を取り直してリーダーを組み、沖に目をやると単発ボイル発生。すかさずボイルめがけてキャスト、スキッピングを始めたと同時に水面炸裂!

フックセットがきまった瞬間、リフト&ポンピング!!

ドラグを締め込んで根に潜らないようにゴリゴリ巻いて魚を寄せることに成功しました。

切られた魚よりも小さいであろうショア政(ミニ)、ゲットです😂



まだやりたかったのですがここでタイムアップ。納竿としました。



友人と美味しくいただきました😁




■ TACKLE 
Rod:ZENAQ DEFI BAHN Blackfin DB-S116(K)
Reel:SHIMANO 16 STELLA SW6000 XG (SW5000S SPOOL)
Line:YGK G-soul X8 Upgrade PE 1.5号
   VARIVAS VEP SHOCK LEADER 35LB
Lure:JUMPRIZE かっ飛び棒130BR
コメント   この記事についてブログを書く
« 2017/10/7 オイカワ&カワムツ... | トップ | 2017/10/21 ヒラマサ 長崎地磯 »

コメントを投稿