taketake山旅日記

自閉的傾向を持つ重度知的障害者の長男と私の山歩きの記録

【番外編】 京都の愛宕山を一人歩く(京都)6月16日

2018年06月19日 | その他地域

 takeは16日にNPO法人が主催されているスポーツ教室に初参加させてもらった。殆ど見学していたようだが、初めての場所・スタッフ・参加者の方々の中で、まあまあ落ち着いて過ごせたようだ。そして17日は、私の関西出張が前泊で入ったので、taketake山行は中止した。私は17日の夜までに滋賀県の片田舎に着けばよかったので、久しぶりに一人山行を計画、京都の愛宕山を歩くことにした。愛宕山は標高924メートル、山頂には全国に約900社ある愛宕神社の総本社がある。火伏せ・防火に霊験のある神社として知られている。今回は清滝からの表参道を登り、下りは五輪寺を経て清滝に戻ることにした。



 阪急嵐山駅からバスに乗って清滝バス停へと向かった。嵐山の渡月橋を見るのも次男が小学生のころだから十数年ぶりだ。清滝バス停から清滝川を渡ると表参道の鳥居がある。

最初は急な石段で手ごわいと思ったが、しばらくすると普通の道になった。

頂上までの標高差は800mぐらいだ。途中から京都の市街地が見えてきた。

黒門を通り過ぎると頂上までわずかだが、最後に長い石段が待っていた。

ようやく山頂の愛宕神社に到着し参拝した。

暑い日だったが頂上は風が良く通りとても爽やかだった。

帰りは月輪寺からの道を下った。こちらの方が登山路の趣があった。

清滝川上流の林道に出たころで山道は終わり、遊歩道を下った。

最後に清滝川を渡ってバス停に戻った。京都市街から近く、宗教的な山であること。多くのハイカーに登られているところなど、ケーブルカー等はないが(昔はあったようだ)東京の高尾山にイメージは近いと思った。

コースタイム

清滝バス停0940-愛宕山1120~50-月輪寺1226-遊歩道1255-清滝バス停1320


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紫陽花の咲く弘法山を歩く(丹沢)6月10日

2018年06月11日 | 丹沢

 関東地方が梅雨入りして最初の日曜日は雨予報、午前中は、なんとかもちそうと判断して、究極のショートコースの秦野市郊外、弘法山から鶴巻温泉駅へと歩くことにした。前日は山岳部OB会の定時総会と懇親会があった。卒業部員数の少ないクラブなので、90歳代から20歳代まで、会員約140名中、40人以上の参加者がありなかなかの盛会だった。久しぶりにお会いする方もおられたが、翌日を考え二次会は遠慮して帰宅した。

 



 そして翌朝は、始発電車に乗って7時過ぎから小田急線秦野駅を出発し歩き始めた。市街地を抜けた登山口から25分ぐらい歩くと最初のピーク?浅間山、車道を渡り15分程で権現山に着いた。この一帯は公園化されており、トイレも充実している。takeは水飲み場で恒例の噴水儀式をしていた。




 ここから弘法山への道は紫陽花が多く咲いていた。山百合も多く生えているが、花が咲くのはまだ先のようだった。のんびりと歩いても8時25分には昼食場所の弘法山頂上に着いた。机に弁当箱を並べて昼食にした。お寺や鐘撞堂のある境内に人の姿はなく、静かなものだった。8時半からおにぎりを食べているのを、もし通りがかりの人が見たら朝食と思うだろうなと思った。弁当箱をザックにしまって、次なる目的地の吾妻山に向かった。takeはいつもの昼食後の呪文を唱えながら歩くが、こうした人の少ない時は気を遣わずに済むのが良い。唯一山歩きらしいとは言え国道246号線の車の音を聞きながらの道を歩き吾妻山に着いた。  

 

 

  古事記による大和尊命東征で、横須賀から上総へと海を渡る際、暴風雨に阻まれ、立ち往生してしまった。このとき、同行していた弟橘媛(オトタチバナヒメ)がみずから入水して海神の怒りを鎮め、後悔の安全を図ったという話がある。この山はその後日談で、大和尊命が帰京する時この山に登り、弟橘媛を偲んで「吾妻よ」と唱えたのがこの山の由来とのことだ。 

  吾妻山から下ること30分で鶴巻温泉駅に着いた。心配した雨はまだまだ大丈夫なようだった。駅前には、これから弘法山に向かう団体もいて、三時間のコースなら今から出発するのが普通かなと思った。駅前で三点セットを買い、乗り込んだ電車はこれから東京方面に向かう乗客で混んでいて、ようやくtake一人を座らすことができた。

コースタイム

秦野駅0707-登山口0728-浅間山0753-権現山0807-弘法山0825~46-吾妻山0946~50-下山口1003~07-鶴巻温泉駅1018

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初夏の本仁田山を歩く(奥多摩)6月4日

2018年06月04日 | 奥多摩

 この山行の前々日はtakeにとって今年一番の試練だった。東京医療センターで耳の中に引っかかっている小石を取り除く手術をしたのだ。当日は全身麻酔を行うので、入院扱いで病院に行き、手術室に入ってから病室に戻るまで二時間ほどかかった。幸いその日中に一時帰宅許可が出て、帰宅はできた。今回忙しい中、事前の検査にも立会い、当日は手術室でのバックアップまでしていただいた通所施設の支援員さんへは感謝の気持ちで一杯だ。



 ということで土曜日は安静にして、日曜日も帰り時間が早い奥多摩駅の後ろに聳える本仁田山(ホニタヤマ 1224m)を歩くことにした。本仁田山は昨年6月以来一年振りだ。8時過ぎに青梅線鳩の巣駅に着き、棚沢集落の急登を歩き始めた。天気は晴れだが、気温は朝から高めで暑い日になりそうだった。当たり前だが、5月に比べると湿度も高く梅雨入り前だと感じた。山道に入りすぐ出迎えてくれたのがコアジサイの花だ。キイチゴもあちらこちらに実をならせていた。二三粒口に入れたキイチゴは、なんだか幼年時代の味がした。

 

 大根山の神の祠から林道をまたいで本仁田山へ続く、杉ノ殿尾根を歩いた。年一コースで昼食場所をtakeも把握しているので、お弁当コールは控えめだ。瘤高山の手前の尾根上の日陰にシートを広げて昼食にした。弁当箱をザックにしまって瘤高山の登りだ。takeはスローペースだが着実に高度をかせぎ、本仁田山と川苔山間の尾根上にでた。ここからは、やや緩やかに進み、東面と西面に展望の開けた本仁田山頂上に着いた。takeはここで麦茶儀式、私は雲取山方面の写真を撮ろうとしたら石尾根の上に、富士山の頂上がぽっかりと浮かんでいるのに気付いた。 

 本仁田山からは大休場尾根を下ったが、この下りの最初は急だ。登ってくるハイカーもおられるので、道を譲りながらゆっくりと下った。私は前日にトレッキングシューズを買い替え、試し履きの日だった。新しい靴は上りより、下りの方が足にダメージを与えるので、私も慎重に歩いた。足の側面がやや当たる感じがしたが、帰って靴下を脱いだら、足指、踵、甲部とも元気な状態だった。この急な尾根の平坦地の大休場で地名通り、takeのスポドリ休憩をした。 

 ここから安寺沢集落までは巻き道がざれていて歩きにくいが、ここもゆっくりと歩いて下った。安寺沢集落からは車道だ。takeはここで〆の伊右衛門を飲み、早足で奥多摩セメント工業の工場の先にある奥多摩駅を目指して歩いた。

コースタイム

鳩ノ巣駅0810-大根山の神0915-尾根上平坦地1025~50-瘤高山1110-本仁田山1137~41ー大休場1235~40-安寺沢1312~10-奥多摩駅1345

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本沢温泉から硫黄岳に登る(八ヶ岳)5月26日27日

2018年05月28日 | 八ヶ岳・蓼科

 毎年のように通っている八ヶ岳の本沢温泉だが、昨年は二回計画して二回とも天気が悪るく、断念した。26日に家人の同窓会があり、これを口実にtakeと本沢温泉山行に行くことにした。山は景観の良い硫黄岳に登ることにした。


 早朝の北陸新幹線に乗り佐久平から小海線に乗換え小海駅に降り立った。稲子湯行のバスは一昨年秋は満席だったのに今回ハイカーは私達を含めて3人だけだった。終点稲子湯で身支度をして出発した。天気は晴れだ。歩き出しから15分、駐車場のある唐沢橋を渡ったところにシートを敷いて昼食にした。


 昼食を終えてまた歩く。しらびそ小屋の倉庫付近から登山道が変わっていた。今度の道はtake14歳の時、takeと初めてこのルートを歩いた時と同じ道だ。この一帯は森林整備毎に、道を交互に使っているようだ。沢沿いの道を歩き、takeの決まり通り、駒鳥沢の広場でスポドリを飲み、みどり池に着いた。ここで天狗岳が目の前に広がる。ゆっくりとしたいが、既にスポドリを飲んだtakeは湖畔をさっさと歩いて森の中に入って行こうとした。


 ここから本沢温泉への素敵な森の道を歩いて、二時前に本沢温泉に着いた。小屋の受付をする際、下駄箱を見たら、まだ一足も靴がなく最初の宿泊客だったようだ。バルコニーのある個室で荷物整理を済ませ、すぐ温泉に浸かることにした。この小屋は上下の構造が複雑だが、慣れているtakeは迷うことなく自分で浴室へと向かった。5時半から食堂(お願いしていつも定位置にしてもらっている)で夕食を頂き、自室に戻り18時半には就寝した。


 快晴の陽射しを浴びて起床、朝食を頂いて本沢温泉を後にした。少し登ると、露天風呂の分岐がある。よくテレビ等でも取り上げられる露天風呂だが、まだ行ったことはない。硫黄岳の火口壁が間近に見えるようになり、夏沢峠に着いた。ここでtakeは決まりとして麦茶を飲んで、菓子を食べた。


 夏沢峠から硫黄岳へは樹林帯を抜けると高度がどんどん上がっていく感じだ。後ろを振り返ると、最初は根石岳しか見えなかったのが、天狗岳が頭を見せ、そのうちその全体と蓼科山が見えた。頂上に続くケルンを一つ一つ越して、頂上に着いた。私が初めてこの頂上に立ったのは19歳の12月だった。takeも3回目になる。


 下山は赤岳鉱泉だ。赤岩の頭までの岩場を慎重に歩き、そこからは一気に下った。心配していた樹林帯の残雪は、形だけが少し残る程度だった。赤岳鉱泉小屋前のベンチに座っての昼食はこのところ定番となったカレーパンとあんパンだ。昼食を食べ、すぐザックを背負ってバス停へと歩いた。


 歩き出しからtakeはスポドリが気になり落ち着かない。二日間楽しく過ごしたのに、こんなところで機嫌を損ねられてはたまらないと思い、すぐアクエリアスを飲ました。そして堰堤を越え、ゴールが近づくと、何時ものtakeとは思えないハイペースになった。バス停一番のりでザックを降ろし、〆の伊右衛門を飲んだtakeは、日陰の階段に座って寛いだ。
コースタイム
5/26 稲子湯1010―唐沢橋1028~50-駒鳥沢広場1153~58-みどり池1230-本沢温泉1345
5/27 本沢温泉0625-夏沢峠0730~35-硫黄岳0832~38-赤岳鉱泉0950~1009-堰堤1103-美濃戸山荘1131-美濃戸口バス停1210



 
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏山準備山行で宝登山ロープウエーが乗る(秩父)5月20日

2018年05月21日 | 奥武蔵

 今回はtaketake山の会夏山合宿準備山行の第一弾として秩父の宝登山から長瀞アルプスを歩いた。前年の準備山行の時はザイテングラード登降に備えて、クライミングヘルメットを着用するトレーニングをしたが、今回はロープウェイに乗車できるようにするトレーニングだ。 takeは13年前の那須茶臼岳を最後にロープウェイに乗ることを拒否するようになった。今年予定の合宿ではアプローチにゴンドラリフトがあり、乗らずに旧道を歩くプランにしたが、一度は事前にチャレンジしてみようと秩父長瀞の宝登山を歩くことにした。


 

 池袋発長瀞行の快速電車に2時間以上乗って長瀞駅に着いた。駅から歩いて15分程でロープウエー駅に着いた。ここで家人が、足を痛めた演技をして、takeに歩けないのでロープウエーに乗ろうと話した。takeが拒否した時は、歩けないふりをした家人だけがロープウエーに乗って、私とtakeは道を歩くというシナリオを用意していた。この場合、夏山でも家人だけがゴンドラリフトに乗り、私とtakeは推定コースタイム5時間ほどの旧道を歩くパターンにしてしまおうという算段だった。takeは「ロープウエーおしまい」と否定表現したが、これに乗らないと昼食に進めないと思ったか、乗り場入口に立ってくれた。ロープウエーが動き出した時は私の手を強く握ったが、その後は落ち着いていた。



 ロープウエー搭乗トレーニングが終わり歩道を少し登ったところで昼食にした。天気良く、直射日光はきつめだが、風が乾燥しているので心地よい。弁当箱をザックにしまって、少し歩いたら宝登山山頂だった。ここでtakeの麦茶儀式を済ませて、長瀞アルプス縦走に出発した。



500メートルに満たない山をアルプスとは大げさだが、鎌倉アルプスや沼津アルプスとかアルプスは無数にある。この長瀞アルプスもそのようなアルプスだ。宝登山の急な道を下ると、あとは高低差の少ない坦々とした道が続いた。歩く人は少ないと思っていたが、次から次へとハイカーと行き交う人気コースだった。殆どのハイカーがハイキング靴でハイカースタイルだった。



 

しかしコースは短く、歩き始めから一時間半程で登山口の万福寺に着き、takeは〆の伊右衛門を飲んだ。秩父鉄道野上駅はそこから少し歩いたところにあった。40分程の電車待ち時間は駅の待合室で寛いだ。駅には宮沢賢治の歌碑があった。写真も待合室内に掲げられていたが、その中に昭和34年の秩父市側から見た武甲山の写真があった。堂々たる山容の写真を眺め、失った風景のむなしさを感じた。


コースタイム
宝登山ロープウエー上駅1005-臘梅園1010~30-宝登山1035~42-奈良沢峠1110-登山口1212~16-野上駅1230

コメント
この記事をはてなブックマークに追加