ブログにアップして買った気になる。

ブログタイトルとは内容がかなり違ってきましたが、ほしいモノ、好きなモノなど綴っていきたいと思います。

『キャンディ・キャンディ』 東映動画・テレビ朝日

2016年10月18日 | アニメ

昭和51年(1976年)に放映された『キャンディ・キャンディ』(東映動画・テレビ朝日)
原作:水木杏子 作画:いがらしゆみこ 講談社刊

金曜日の夜7時からの放送だったのですが、
『キャンディ・キャンディ』は女の子が見るモノだと思っていたので
裏でやっていた『宇宙鉄人キョーダイン』や


『大鉄人17』を見ていました。


人気があるのは知っていたので気になっており、何年かあとの再放送で見ました。

舞台は20世紀初頭のアメリカ中西部、当然日本人は出てきません。
少年マンガではまず見当たらない設定がとても新鮮でした。

登場人物も当たり前ですが、みんなカタカナの名前で
アリステア・コーンウェルとか
テリュース・G・グランチェスターなどなど
出てくる名前がみんなカッコいいコト。

そばかすなんて きにしないわ♪」の印象的な歌詞のオープニング曲と
バラードのエンディング曲もアニメ史に残る名曲です。


雪の日に孤児院ポニーの家の前に捨てられていたキャンディ


その後ラガン家に引き取られたが、養女ではなく使用人としてでした。


ラガン家の兄妹のニールとイライザからの執拗ないじめ。

ニール のちにキャンディに惚れます。

意地悪な女の子と言えばこのヒト、イライザ。


アンソニー、ステア、アーチーと出会い、

子供の頃に憧れた「丘の上の王子様」にそっくりなアンソニー

ステア。失敗ばかりの発明品をつくるコーンウェル家の長男


アーチー 優しくてお洒落なステアの弟。


そしてポニーの家で一緒に育ったアニーとの再会。

孤児院出身なのを恥ずかしく思っている。アーチーのコトが好き。

キャンディがピンチになると現れるアルバートさん。森に動物と住んでます。


ウィリアム大おじ様の計らいで、キャンディはアードレー家の養女となりました。
アンソニーへの淡い恋心と、きつね狩りでのアンソニーの死。

その後、ロンドンに渡り聖ポール学院へ留学、寄宿舎生活に

ロンドンでの初めての友だちパティ。亀を飼ってます。


そこで出会った粗暴なテリィに魅かれていきます。

名門貴族の御曹司。のちにブロードウェーの役者を目指します。

イライザの策略に嵌まり、キャンディは退学処分に。
テリィはキャンディをかばい、学院を退学し、アメリカへ。
キャンディもテリィを追い、アメリカへ戻り、看護婦として働きだします。


シカゴの病院に務めだしたキャンディはテリィと再会しますが、
不幸な事故が原因で


別れを選びます。


ニールとの婚約話が持ち上がり、
抗議すべくキャンディをアードレー家の養女にしたウィリアム大おじさまに直談判。
そこにはキャンディの知る意外な人物が・・・。

怪しい行動が多かったアルバートさんが、ウィリアム大おじさまだとは薄々感づいていましたが、
いざ振り返ったときの衝撃は忘れられません。


その後、ポニーの丘で、幼少時代に憧れた「丘の上の王子様」と再会。

それも若き日のアルバートさん!これにはやられました。

すっかり『キャンディ・キャンディ』にはまってしまい、友だちの妹がコミックスを持っていたので
借りて読みました。

大人になってから、久しぶりに読みたいと思い古本屋で探したのですが、見つかりません。

ネットで調べたところ、原作者と作画者との間で、著作権を巡って裁判にまで発展しました。
コミックスはすでに絶版。再販やアニメの再放送も出来ない状態に。
オークションなどで売られているんですが、高くて手が出ません。

不朽の名作なだけにもったいない話です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (9)   この記事についてブログを書く
« "炎の飛龍" 藤波 辰巳 | トップ | 『Say Say Say』 ポール・マ... »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (マサヤン)
2017-09-05 20:22:41
こんばんは。

元祖というか本家3回繰り返しの法則で堀江美都子さんをアニソン界の女王にのし上げたと言っても過言じゃない、
わたしは、わたしは、わたしはキャンディ
じゃありませんか。

我が家ではオープニングのイントロ、
『そばかすなんて・・・』の直前の伴奏の部分に
『ジンバジンバジンバラル』という独自の歌詞をあてがっていました。(汗)
ジンバラルとは、青い巨星ランバラルのお父さんです。
YOUTUBEでキャンディのオープニングを聴きながら、
ジンバジンバジンバラルそばかすなんて気にしないわ
と歌ってもらえばしっくりくると思います。(汗)
Unknown (utare)
2017-09-06 18:57:43
マサヤンさん

>わたしは、わたしは、わたしはキャンディ

確かに「3回繰り返しの法則」がきれいに決まってますね。

>我が家ではオープニングのイントロ、
>『そばかすなんて・・・』の直前の伴奏の部分に
>『ジンバジンバジンバラル』という独自の歌詞をあてがっていました。(汗)

もうジンバラルにしか聞こえません(笑)
Unknown (マサヤン)
2017-09-07 00:54:22
こんばんは。

>もうジンバラルにしか聞こえません(笑)

それは良かったです。

タンタカ タンタカ タタ~ンタタン
というリズムに
ジンバジンバジンバラル
という歌詞が乗る感じです。

ひとつの音符にひとつの言葉、
まさにサウンドオブミュージックの世界ですね。
Unknown (マサヤン)
2017-09-08 00:53:37
連発でごめんなさい。

ひとり、女優の子で、舞台の上から照明が落下してきて、
片足切断という、
少女マンガにあるまじき設定を施された子がいましたよね。
車いすが苦手だった、当時の私としては、
見ていられないほどのショックを感じました。

あと、
>原作者と作画者との間で、著作権を巡って裁判にまで発展

ヤマトの松本零士や、藤子不二雄のパターンでしょうか。
藤子不二雄が分裂したころ、テレビでやっていた漫才で、
『長谷川町子F』とか言ってました。
もともとひとりで分裂も、もめ事も無いのに『F』を付けたところが私的に笑いのツボにハマってしまいました。
Unknown (utare)
2017-09-08 19:06:06
マサヤンさん

女優さんの片足切断はショッキングでしたね。

>ヤマトの松本零士や、藤子不二雄のパターンでしょうか。

藤子不二雄は仲違いじゃないですよ。
作風の違いで影響が出るのを懸念してとか、自身が死んだ後のゴタゴタを回避するためとかでのコンビ解消らしいです。

長谷川町子F、笑いました。
Unknown (マサヤン)
2017-09-09 01:02:00
こんばんは。

いずれにせよ、共同経営者の類は、よほど気を付けないと分裂するのでしょうね。

バロム1でも、
二人の友情のバロメーターが低下していると変身できないというエピソードがありましたよね。

女優の片足切断のシーン、
下から4つ目の画像そのものだったのではないでしょうか。
テリィをかばって下敷きになったと思われます。
Unknown (utare)
2017-09-09 17:25:59
マサヤンさん

>いずれにせよ、共同経営者の類は、よほど気を付けないと分裂するのでしょうね。

漫才コンビやバンドなんかもそうですけど、長く続けると色々あるんでしょうね。

>バロム1でも、二人の友情のバロメーターが低下していると変身できないというエピソードがありましたよね。

友情エネルギーが300バロムに達しないと変身できないそうです。
http://blog.goo.ne.jp/takeshiutare/e/55985aee22b3c21c735a9d93dfd7d3e3

>女優の片足切断のシーン、
>下から4つ目の画像そのものだったのではないでしょうか。
>テリィをかばって下敷きになったと思われます。

はい、そうです。
ブロードウェーの人気女優、スザナ・マーロウさんです。

Unknown (マサヤン)
2017-09-10 21:31:55
こんばんは。

実は、キャンディキャンディの中でも『パナマ帽』的な言葉がありました。

ウィリアム大おじさま。

大叔父という言葉を知っていれば良かったのですが、
耳で聞くと『王子様』に聞こえていました。
松島みのりさんの活舌が悪いのだと信じ込んでいましたよ。
Unknown (utare)
2017-09-11 18:32:34
マサヤンさん

ウィリアム大おじさまと王子様。
確かに知らなかったら間違えますよね。

ボクはエルロイ大おばさまのお陰で、すんなり大おじさま、と理解出来ました。

コメントを投稿

アニメ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事