goo

野獣系で行こう

浅草橋ビストロ・ラ・シブレットにて。今日は野獣系で行ってみた。


アミューズはアンチョビ入りブリオッシュ


フォアグラと小熊(!)のテリーヌ

ほのかに野生敵な味わいを感じるが、熊肉というのは言われなければわからないだろう。
もっとも熊の味なんて知らないけど。


かにとアボガドのサラダ

さっぱり味

ロニョンのポワレ

素材も新鮮なのだろが料理人の腕がいいのであろう。苦手なひとには癖があるかもしれないが、内臓好きにはたまらない一品


牛ほほ肉の赤ワイン煮

ほろほろ崩れるやわらかさ。ジャガイモのピュレは不健康なまでにクリーミー


蝦夷鹿のロースト

ジビエの中でも癖がなく食べやすい。それにしてもすごい量


ココナッツブラマンジェとグラス、食後酒はカルヴァドス、カフェといつものカヌレで〆
堪能、堪能


コメント ( 0 ) | Trackback ( 3 )
« 第六弾 第七弾 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
三度目の夜のビストロ ラ シブレット 2/2 (「美味しい!」が好き)
その次は、ロニョンのポワレ。 ロニョンは、腎臓のフランス語と習う。 で、最近は行っていないが、昔、上野松坂屋の銀サロンで、ランチプレートを取ると、何故か、腎臓が必ず乗っていたのだ。 美味しくもないし、何で乗せるのだろうと思ったけれど、シブレット ...
 
 
 
三度目の夜のビストロ ラ シブレット 1/2 (「美味しい!」が好き)
今回は、ビストロ料理研究家の石川先生とご一緒、「ビストロにおけるフレンチ研究会」。 本当は、「ポテ」をもう一度食べて、その作り方の秘密を探る目的だったが、この日はポテがなかった。 そればかりか、電話で、「お料理研究会の二人で行くので、是非、シ ...
 
 
 
ラ・シブレット@浅草橋 ([POT]Press Of showTa)
 「ハナの木曜に紹介するお酒(と食)のコーナー」(仮)  私の古い知人(20世紀