“ママノリア放浪記”

アリノママのウタウタイ

ひとつ

2019年05月26日 | ママノリアチャンネル


2013年に、「ひとつ」というテーマでワンマンライブをしました。もう6年前。

2011年の震災、2012年には友人の死、2013年には弟分の自殺。


自分を責めて、責め続けて、沢山傷ついて、、、泣いて、泣いて、また泣いて、、、祈り続けた日々



死というものを、ようやく受け入れてその向こうへの境地が見え始めた頃


2013年2月にUFOに遭遇して、宇宙人が部屋に入ってきた。膝枕して寝かされいて、その自分も天井から見ていた。詳しくはまた書こう。

写真に収まった奇跡のUFO写真。↓


拡大すると




それから、宇宙への扉が開き。

見上げればいつもUFOが来た2013年。
やがて自分がどこからやってきて、何をするのか少しずつ扉が開いていった。


数年間に沢山の事があり、自らが覚醒していかなければ日々を過ごすのが大変になってきたころ、大好きな江ノ島、そして由比ヶ浜へ気晴らしに行った。

その日の眩しく美しい夕日を見た時に、不思議な感覚になった。

僕が動いても走っても、ずっと照らしてくれる。
僕だけじゃなくて、そこにいる全ての人を。
いや、この光を見ている全ての人を。
これが愛なんだ


全てがひとつで、みんなが愛されている、、、みんなが繋がっている、、、そう思ったら涙がでてきた

温かく柔らかな体験。

なんとも言えない感覚を味わい、海から動けなくなった。


その後それをテーマにしたワンマンライブが2013年に下北沢モザイクで開催された。
その時のオープニングの映像↓

https://youtu.be/W2qJoKU6VTA

6年前、まだまだ若くて尖っていたけど、中身は今と変わってないかな。

今はちょっと太った 笑笑
色んな意味で丸くなった 笑笑

自分の内から出てくるものを、
大切に大切に生きて行きたい。



それと同時に
世の中の真実を勉強中














この記事についてブログを書く
« 疲れた時には江ノ島 | トップ |  »
最近の画像もっと見る