精神療法家増井武士のブログ

勉強会・研修会・陪席・海外のワークショップ・独り言を掲載します

日本に帰ってきました。ー2-

2019-01-13 20:45:35 | 日記
 
 
 バリを経つ
日本の辛い
冬想う

何時もですが、バリから帰ってきて3日間は仕事を入れずに日本の雰囲気に慣れる時間帯を取っています。
日本からバリのビィラまで行く疲れの採れ方はひどく簡単です。バリのビィラでゆっくり済めば勝手に採れてしまいます。
しかし、バリから日本に戻る時の疲れは特有で、まずは夜行便の睡眠不足の疲れをとり、日本の閉鎖性や細かさの感覚に
慣れる事です。
その為に良いと思う事は、とにかく寝る事ですし不思議なほど寝れるのです。
ヨクウツ症状の寛解期に不思議なほど寝れる事と似ています。
嫌な事を遠避ける為には、寝る、という
非常に健康な対処法を自然に取っているのです。
また、睡眠は気持の整理に役立ちます。無理して違う文化を取り入れる為には、寝てる間に文化の取り入れが無意識的に働くのです。
私は、日本に戻った11日より13日の昼過ぎまで、大半は 寝ていました。
目が覚めても身体が重い時は微量の睡眠薬を飲み寝ました。
13日の今日、身体が少し軽くなったので、やっとサウナにいきました。
バリのビィラからの帰りに要件があり、ウブドを経由して帰りましたが、ウブドーのビィラを見ても、其処にはヌガラ辺りの解放感はなくて、さしずめバリの京都のようでした。
ただ、世界中で一番高くて旨いというルアックコーヒーを4百円ぐらいで飲めた事ぐらいでした。
矢張バリでもヌガラ辺りまで行かないとほんとうに自然こみで解放的なバリの姿がなさそうです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 帰国しました。 | トップ | 精神療法外来陪席のご案内 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
日本に戻っていただきありがとうございました。 (シマネコ)
2019-01-20 22:14:44
先生、無機質文化の日本に戻っていただきありがとうございます。先生の新鮮な写真と先生語録に、いつも不思議な力をいただいています。日本語で表現すると、その神秘性が失われてしまう気がするので、今はテラマカシーとだけ言わせて下さい。ありがとうございました。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事