精神療法家増井武士のブログ

勉強会・研修会・陪席・海外のワークショップ・独り言を掲載します

本のタイトルについて・コメントのお礼

2019-02-08 22:27:16 | 日記
 コメント、いろいろ詳しく頂き、有り難うございます。
あれこれ考え、 本のタイトルは、今のところ、
 来談者が求める面接者の質と資格について
  -公認心理師へのいくつかの問いかけー
 が、一番、原稿の内容を示していると思います。
感想やコメントを是非、ください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 本のタイトル、どちらが良い... | トップ | 神田橋先生より、序文が届き... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (K.K.)
2019-02-09 13:26:17
以前のタイトルの「疑念」より「問いかけ」の方が柔らかく、「まだ見ぬ」より今を含めた「来談者」の方が幅広く良い印象があります。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事