バス釣りハンターハンター

バス釣り、陸っぱり、ボート、静岡県東部地区と富士五湖での釣り日誌です。

ナニコレ⁉️セルペンティ‼️

2016年06月13日 08時00分57秒 | 釣り
セルペンティ‼️
あぁセルペンティ‼️
セルペンティ‼️


土曜日に使わして頂いた、セルペンティ Bサーペントインプレを書きたいと思います。


朝早くにこちらを出発しました。

朝から高速をガンガン行きます。


だいぶ日が出てきて、本日は良い感じになりそうです。

時間通りに到着。

しばらく待っていると、matsuさん到着‼️
今回、セルペンティのモニターをされている凄腕アングラーです。

朝から車の話やら、世間話でかなり盛り上がりましたが、早速現場に向けて車で移動します。

1箇所目のテスト会場に到着。
ザックリ、フィールドの説明をして頂き、各々釣り開始です。
フィールドの癖・深さ・状態を説明してもらいました。
最後に一言‼️激ムズですと。。。。

カバーにスモラバを入れていきますが、反応なし‼️
すると、岬になっている箇所を発見。
しかも岬からのブレイク絶対にいると確信を持っていました‼️

少なくとも、バスが回遊していれば、回遊ルートに入っているはずの岬、更にストラクチャー
狩りもしやすいシャローとベイトの群れ‼️
ここしかないと思い重点的に見ていきます。

するとやはり発見‼️
1200~1400gぐらいのコンディションの良い奴です。
まずは、スモラバから。。。
BFカバージグ3.5gにダブルモーションのコンビです。

が、全く無視‼️
続いてドライブカーリーネコリグコレも無視‼️
ならばトライデント投入‼️
ゆっくり沈めて、底でモゾモゾ動かします❗️すると急にバスが反応~_~;
私のイメージはヤゴ‼️
今度はトレースコースを考えてキャスト。

遠くで沈めて、底をゆっくり動くヤゴをイメージして引いてくると、バスが近ずいてきて、
《パフ》
と超甘噛み‼️
ボトムで使う虫系ルアーが欲しい。。。

とそこにmatsuさん登場。
アタック方法を説明し、狙ってもらう事にしました。
サイト用に改造した「イマカツ スーパーSGプラス」を使い仕留めるようです。

1投目は様子見。

勝負の2投目。
バスが狂ったように反応(^。^)
が、喰い損ない。。。
完全に魚の食いミス‼️
2人でメッチャ興奮しました。
沢村プロっぽく言うと、《アドレナリン ドカーンでたね》って感じです。
時間を空けて入り直すとして各々散らばっていきます。
すると回遊のバスを発見‼️
先回りして投入して微シェイクしていると、寄ってきて、またまた超甘噛み‼️
あとチョット何か1つ足りない気がします。
そうこうしていると、奥からガサガサ音がしてきます、matsuさんが竿とタモを片手に歩いてきました。
タモの中には、《デカッ》と思わず言ってしまったナイスフィッシュが。。。

46㎝ 1450g

ここには載せませんが、2人で記念写真も撮らせていただきました。
写真や測定の間に何回も魚のケアをするmatsuさん。
見習わなければ、ならない事が多かったです。

仕留めたルアーは
イマカツ 三原虫40(プロト)ノーシンカー高比重モデル!
先ほど記載した沈む虫系ルアーです。
痒いところに手が届く。
絶対に欲しい‼️アイテムになりました。

matsuさんからの提案もありこのへんで、竿を貸して頂く事に。。。

きました。セルペンティ Bサーペント何をリグるか決めていました。自分の中で竿使い分ける時に、基準となるワーム‼️
《4インチ グラブ》

正直、コレは投げれないだろうと、思っていました。投げれないだろうとゆーか、狙った箇所に投入出来ないだろうなっと思っていました。
が。。。1投目で私のイメージを全否定される結果に。。。
コレヤバい‼️‼️


感度に感動《笑》とかそうゆうレベルの話じゃないんです

いままでのスピンコブラやQ7のイメージは一瞬で払拭されました。
単純に軽いものがイージーにキャスト出来る。
Bサーペントを握らして頂いた時に、正直な感想は、ソリッドぽくないな。です。ファクトの竿を使用しているので、余計にそう感じるのかもしれませんが、どうやって軽い物を投げられるのわかりませんでした。
ですが、
軽量ルアーを投げる時にはしっかり、ソリッドが仕事をしてくれる。かといってロッドティップの暴れ《ダンシング》がない=キャスト精度が良くなる《狙った場所に投入出来る》=魚が獲れるです。

竿にリールを付けて、実際にキャストしなければ、見えてこないものがやっぱりあります。
正直、お店で竿を振っただけの情報だけでは、全然わかりません。
私も今回リグる前とリグした後、振り比べしましたが別物です。
《百聞は一見しかず》が良くわかりました。
パワーと繊細。この相反するものが、高次元で実現されています。
これ以上の竿あんのか⁉️的なレベルまできています。
細かい事を書くと、時間がいくらあっても、足りないのですが、一言で結論をだすと、
本日釣具屋に頼みました《笑》厳密に言うとまだ、注文書がきてないらしいのですが、私用に必ず1本取ってくれ‼️とお願いしました。まだ値段もわからないですよ⁉️と言う店員さんに対して、《値段は気にしない》っとバブリーな事を言いました。ボーナスでの買い物決定しました。
陸っぱりでの1本は現在コレしか考えられません。
スピンコブラの進化系ではなく全く違う竿この竿を考案・開発・実現した今江プロヤバすぎです。並々ならぬ思いと、開発に対する姿勢が無ければ、たどり着けない領域だと思いました。


今江プロの渾身の一振り皆さんも検討してみてください。
話を戻しまして、お昼休憩はやっぱりアレです。


ウマーと言いながら、午後の作戦を立てて、次のフィールドに到着。
引き続きBサーペントをお借りして、藪を漕いで行きます。

各々釣りを開始して間もなく、Bサーペントでの初フィッシュ‼️

ノンキー


竿をお借りしているのに、このサイズって。。
写真はありませんが、30㎝~20㎝をBサーペントで5匹・ベイトフィネスで5匹の計10匹を釣りました。
リグは4グラ4インチカットテール ノンソルのネコリグです。

時間も時間になりましたので、納竿にする事になりました。

実はその前に色々試させていただいている、ワームや竿があります。
書けないものもありますが、チョットだけ公開します。
LTZik-CombiHBF、スタリオンDG-BK、ステルススイマー、ダイナゴン特にダイナゴンとステルススイマーは本当にヤバいです。
ダイナゴンは最高っと良く聞いていたのですが実際にリグの方法や使い方を見してもらい、ナルホドね~となりました。
是非、再生産してもらいたいですが、そう簡単にいかなそうでもあります《笑》
世に出ているバックスライド系ワームが全く使えなくなります。
確かに3.4年損した気分です~_~;
機会があれば、使ってみてください‼️

夜は夜でこちらです。
自分のバス釣りの話からJBプロのすごい話やら、釣り以外のネタも満載で楽しい時間でした。

更に
宿泊場所を予約していなかった、私に宿泊場所を探してくださり、matsuさんには大変感謝しています。

今回は丸一日、Bサーペントを使用させて頂き、感動の体験となりました。
デカバスをBサーペントで獲れなかったのは、悔いが残りますが、自分の手元に来た時に改めて、デカバスをハントしたいと思います。

次回は河口湖で一緒に釣りをする事を、約束しガッチリ握手してきました。
matsuさん貴重な体験ありがとうございました。


次は夢のロクマル《笑》をBサーペントを片手に2人でハントしたいと思います。
























《番外》

気が付いた人は凄いです。
《実は上の写真はサングラスがコレに変わってるんです》

昨日話の流れから、なんとなく眼鏡屋さんに行き購入‼️
買った後に気がつく。。。ヤバい《汗》ロッドの資金が。。。。。

その帰りに
を美味しく頂きブログを作成していました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 帰宅の時 | トップ | 海と河口湖 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

釣り」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事