武本比登志ポルトガルスケッチ&油彩

へたくそ画家・武本比登志のポルトガル淡彩スケッチと油彩

1863. ポルト・デ・モス

2019-10-08 14:39:50 | ポルトガル淡彩スケッチ

2019年10月8日(火曜日)晴れのち快晴。30℃~18℃。降水確率0%。湿度91%(8:00)45%(14:22)。紫外線量6。北の微風。

サンフィリッペ城のライティングが消えてから、昨朝にも増して美しい朝焼け。トルコブルーの空にサーモンピンクの薄雲。その中を恐らく1000羽以上、雀の大飛行ショー。午後からは猛暑。

『きょうのニュース』昨日の投票では46%が棄権。各党派の代表がベレンの大統領官邸に報告。アントニオ・コスタ首相は引き続き首相に指名。CDS/PPのアスンサオン・クリスタス党首は引責辞任、PSDの責任問題。テージョ川やアレンテージョで水不足。ロンドン、ベルリン、アメリカで環境問題抗議集会。土曜日にヴァチカンで枢機卿に昇格したジョゼ・トレンティーノ・メンドンサ氏はマデイラの出身。トランプ大統領はシリアに侮辱的発言。エクアドールでも大統領に対し抗議集会。ノーベル医学賞と物理学賞が決定。ポルトガルでは10分間の読書習慣キャンペーン。ジョゼ・サラマゴ賞に『パン・デ・アスカ―』を書いたアフォンソ・レイス・カブラルさん(35歳)受賞。ジョージ・ジュスス監督はブラジルのチーム・フラメンゴで記録。

『昨夜の映画』は

JFK』(JFK)1991年。アメリカ映画。189分。監督:オリバー・ストーンケネディ大統領暗殺事件の捜査に執念を燃やす地方検事ジム・ギャリソンケビン・コスナー)を中心に描いた現代史ミステリー。大統領暗殺をめぐる唯一の訴訟であるクレイ・ショー裁判にいたる捜査を題材として描いている。主として、リー・ハーヴェイ・オズワルド、CIA、マフィアや大物政治家がケネディ暗殺の犯人あるいは黒幕らしいとして語られるが、この映画は独自の説に基づいて展開されている。この独自の説の材料は1980年代に発表されていたものの、この映画により一躍知名度を高めた。 ニューオーリンズの地方検事であるジム・ギャリソンは、昼食中に大統領暗殺の第一報を受けた。しかし、直後に逮捕されるリー・ハーヴェイ・オズワルドという人物に、彼は大多数のアメリカ人とは別のショックを受ける。ニューオーリンズの法曹関係者の間ではオズワルドという男は有名人であったからである。 オズワルドは不思議な過去を持ち、奇行を繰り返し、キューバ人の団体とトラブルを起こしていた人物だった。彼はすぐにこの人物の調査を始めるも、大統領暗殺事件の二日後にさらに事件が起こった。マスコミや大勢の警官がいるさなか、オズワルドが警察署の中でジャック・ルビーという男に射殺されたのだ。 それから約3年後、ギャリソンはウォーレン委員会の報告書を何度も読破し、調べれば調べるほど事件の矛盾点や疑問点という名の霧が彼を包む。そしてその霧が一気に雹となって彼の体を叩く。この瞬間、仕事も名誉も捨て去ることになる、彼と合衆国との長い戦いが始まったのだった。(Wikipediaより)

エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方』(Trainwreck)2015年。アメリカ・コメディ映画。129分。監督・製作: ジャド・アパトー。脚本:エイミー・シューマー。原題の「Trainwreck」は「列車事故」「大惨事」の意味。 ニューヨーク、エイミー(エイミー・シューマー)の幼少の頃、両親は離婚した。父親が「一夫一婦なんて悪だ」と教えた影響で、エイミーは恋愛恐怖症となり、男性とは割り切った関係を続けていた。そんな時、スポーツ外科医のアーロン(ビル・ヘイダー)と出会う。(Wikipediaより)

<映画『エイミー、エイミー、エイミー!』ネタバレあらすじ結末>

 

 

 

 

 

「ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ」1851-1970(2019年9月26日(木)~の日記)

https://blog.goo.ne.jp/takemotohitoshi/e/1b20be2f9b3e46c0ce22f16df6c73e42

「ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ」1731-1850(2019年5月29日(水)~9月25日(水)の日記)

https://blog.goo.ne.jp/takemotohitoshi/e/36acf48c9a63a21fc3b69a9ec13a11e8

「ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ」1601-1730(2018年10月22日(月)~2019年5月28日(火)の日記)

https://blog.goo.ne.jp/takemotohitoshi/e/b408408b9cf00c0ed47003e1e5e84dc2

 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 1862. エルヴァスの屋根 | トップ | 1864. ペニシェの町角 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ポルトガル淡彩スケッチ」カテゴリの最新記事