武本比登志ポルトガルスケッチ&油彩

へたくそ画家・武本比登志のポルトガル淡彩スケッチと油彩

1887. モンティージョの町角

2019-11-01 14:30:33 | ポルトガル淡彩スケッチ

2019年11月1日(金曜日)靄で曇りのち晴れ。23℃~17℃。降水確率98%-99%。湿度98%(7:52)69%(14:26)。紫外線量2。西の微風。降水確率と湿度が同じパーセンテージと言うのも珍しい。トロイア沖に霧の塊が見え、今にも雨が降りそうな空。と思っていたら晴れはじめ陽射しが強く蒸し暑い。カレンダーをめくる。

月初めのエッセイを各ブログに掲載。

「オリーブオイル」MUZと

https://blog.goo.ne.jp/takemotoentotu/e/e69ce1ce8133403cfafe22c3a7f5b874

「ベジャでブレーキ」VIT

https://blog.goo.ne.jp/hagirecanvas/e/d922e1943f356528240e10fb55ca8261

『セトゥーバルだより11月号』をメール配信。

『きょうのニュース』ジョゼ・ソクラテス事件尋問最終日。モンティージョ空港の最新事情。サンタンデール銀行の390ミリオンユーロの過剰利益事件。シリア演習。スペイン総選挙キャンペーン。カリフォルニア火災で80ヘクタールを消失、35万人に被害。チリ暴動でミリオンのチリ人が参加。ボルソナーロの息子の発言で論争。EU中央銀行総裁にクリスティナ・ラガルデさん選出。スーパーボック、ロサ・モタパビリオンでリフォーム後初コンサートに8千人の入場者。ワールドカップ・ラグビー東京大会情報。

きょうは降水確率が高く「どうかな」と思ったがMUZは洗濯を強行。ぴたりと当たり、晴れて完全に乾く。

『昨夜の映画』はハロウィーンの為かどのチャンネルもホラー映画。ホラー映画2本。

アダムス・ファミリー2』(Addams Family Values)1993年。アメリカのホラー、コメディ映画。94分。監督:バリー・ソネンフェルドチャールズ・アダムスによる同名のカートゥーン『アダムス・ファミリー』を原作。冬のクリスマスの時期に新しい赤ん坊が誕生した。口髭を生やした奇妙な赤ん坊はピューパートと名付けられて家族からは可愛がられていたが、迷信深いウェンズデー(クリスティーナ・リッチ)やパグズリー(ジミー・ワークマン)に何度も殺害されかける。心配したゴメズ(ラウル・ジュリア)は赤ん坊のために、ベビーシッター兼ナニーを雇うことにするが、アダムス一家独特の性格にみんな尽く断っていく。そんな中で妙に若々しいデビー(ジョーン・キューザック)という女が面接にやって来て一家の独特の空気を見事に受け流す。気に入られたデビーはすぐに採用されるが、デビーは資産家の男と結婚しては遺産目的に惨殺していく連続殺人犯で、フェスター(クリストファー・ロイド)を標的にアダムス家の財産を狙っていた。勘の鋭いウェンズデーをサマーキャンプに追いやりフェスターと急接近して結婚をし、計画通りにフェスターの殺害を試みるが死ぬどころか全く無傷に等しい。しびれを切らしたデビーはフェスターや一家を狡猾に隔離していき、次第にアダムス一家は家庭崩壊の危機を迎えることとなる。(Wikipediaより)

ヴィジット』(The Visit)2015年。アメリカのホラー映画。94分。監督・脚本・製作:M・ナイト・シャマラン。シングルマザーに育てられている15歳の姉ベッカ(オリビア・デヨング)と13歳の弟タイラー(エド・オクセンボールド)は、祖父母(ピーター・マクロビー/ ディアナ・デュナガン)から休暇を利用して遊びに来ないかとの誘いを受ける。 2人はペンシルバニアの祖父母の家で1週間を過ごすことになる。初めて対面する祖父母に最初は緊張したものの、優しい祖父母と美味しい料理に2人は大喜びし、すっかり意気投合する。 ただ、祖父母からは、「楽しい時間を過ごすこと」、「好きなものは遠慮なく食べること」、「夜9時半以降は部屋から絶対に出ないこと」という3つの約束を守るように言い渡される。 しかし、夜中になると、家の中には異様な気配が漂い、不気味な物音が響き渡る。それに恐怖を覚えた2人は、開けてはいけないと言われた部屋のドアを開けてしまう…。 ママ(キャスリン・ハーン)(Wikipediaより)

<アナタはシャマランを勘違いしている!新作『ヴィジット』が100倍 ...>

<映画『ヴィジット』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ>

 

 

 

 

 

「ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ」1851-1970(2019年9月26日(木)~の日記)

https://blog.goo.ne.jp/takemotohitoshi/e/1b20be2f9b3e46c0ce22f16df6c73e42

「ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ」1731-1850(2019年5月29日(水)~9月25日(水)の日記)

https://blog.goo.ne.jp/takemotohitoshi/e/36acf48c9a63a21fc3b69a9ec13a11e8

「ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ」1601-1730(2018年10月22日(月)~2019年5月28日(火)の日記)

https://blog.goo.ne.jp/takemotohitoshi/e/b408408b9cf00c0ed47003e1e5e84dc2

 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 1886. エヴォラの町角 | トップ | 1888. パルメラの城 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ポルトガル淡彩スケッチ」カテゴリの最新記事