武本比登志ポルトガルスケッチ&油彩

へたくそ画家・武本比登志のポルトガル淡彩スケッチと油彩

1966. エルヴァス

2020-01-19 23:38:26 | ポルトガル淡彩スケッチ

2020年1月19日(日曜日)晴れ時々曇りのち快晴。16℃~6℃。降水確率0%。湿度88%(7:53)51%(14:17)。紫外線量2。北の微風のち北東の適風。遠くに雲があるものの朝から晴れ。窓の結露は酷い。陽射しは強く、適度の風、洗濯物が良く乾く。

『きょうのニュース』PSDの決選投票で現職のルイ・リオ党首が53,02%、ルイス・モンテネグロ候補は46,98%。ブラガンサ大学の留学生の死でカーボ・ヴェルデで大勢の人が参加しての葬儀。ニーサのIP2で事故。2017年9月の訓練中熱中症による2人の軍人の死で裁判。BEとPSPの合同食事会でカタリーナ・マルティンス党首とジェロニモ・デ・ソウザ党首が意見発表。中国の新型ウイルスは広がりを見せ17人に、更に中国では新年に当たるため人の往来が増し、広がりを懸念。中国製品に押され閉鎖していた縫製工場が再開の兆し。リビア・サミット2020。オーストラリアでは雹被害。収まらない香港の抗議行動。アメリカで10万人デモ。プチが監督に就任したべレイレンセにヴィットリア・セトゥーバルは1対0で勝利。

『昨夜の映画』は

スパイダーウィックの謎』(The Spiderwick Chronicles)2008年。アメリカ映画。96分。監督:マーク・ウォーターズ。双子の兄弟のジャレッドとサイモン(フレディ・ハイモア)、姉のマロリー(サラ・ボルジャー)は母のヘレン(メアリー=ルイーズ・パーカー)に連れられ、朽ち果てた屋敷にやってくる。両親の仲違いから、母親と子供たちは大昔に行方不明になった大伯父スパイダーウィック(デヴィッド・ストラザーン)の屋敷で、新生活を始めることになったのだ。この家にやってきた直後、壁の裏に何かがいる気配を感じたジャレッドは、さっそく屋敷を探検。屋根裏部屋で「決して読んではいけない」と警告のメモが張られた本を見つけ、思わずページをめくってしまう。(Wikipediaより)

スターダスト』(Stardust)2007年。イギリス・アメリカ合作映画。128分。監督:マシュー・ヴォーン。1998年出版、ニール・ゲイマンのファンタジー小説(絵:チャールズ・ヴェス)。及びそれを原作。ヴィクトリア朝時代のイギリス。ロンドンから馬車で一晩かかる距離にある村ウォール。村の東には村の名の由来になる高い壁がどこまでも続いており、その向こう側に入ることは普段禁じられている。9年に一度、その禁が解かれ壁の向こう側で市が開かれる日が近付くと、あらゆる人種の人々が市を目当てに遠くから村に集まってくる。その市では不思議や驚異といったものが売られており、毛むくじゃらで言葉を話す生き物や魔法使いが店を開いている。ウォール村は魔法の国、妖精国と壁を隔てているのであった。 ウォール村で生まれ育ったダンスタン(ベン・バーンズ/ナサニエル・パーカー)は市で不思議な女性と出会い、一晩を共にする。後に幼馴染と結婚するが、しばらくの後「トリストラン・ソーン」と名付けられた赤ん坊が壁の向こう側から送られてくる。 成長したトリストラン(チャーリー・コックス)は理由も分からないまま母に愛されず妹に虐められ、壁向こうの市にも行けずに寂しい少年時代を過ごしていた。村一番の美少女ヴィクトリア(シエナ・ミラー)に片想いをするトリストランはある日、二人でピクニックをしている時に見た流れ星を取ってきたら結婚するとヴィクトリアに約束し、妖精国へと旅にでる。 一方、妖精国にある国の一つストームホールド国では現王(ピーター・オトゥール)が死の淵に瀕していた。7人の息子たちのうち生きている3人と死んだ4人の王子たちを集めて、「ストームホールドの力」と呼ばれるトパーズを手にしたものが次の国王となると言い、宝石を空高く投げた。宝石は星のように輝いたあと流れ星として落ちる。ストームホールド国の王たちは代々兄弟たちで殺し合って地位を手に入れており、まだ生き残っている王子たちはトパーズをいち早く手にするために策謀を巡らす。 妖精国のとある森には三姉妹の魔女が住んでいた。彼女らは流れ星を捕まえてその輝く心臓を食べ、美貌と寿命を長らえている魔女の女王リリム(ミシェル・ファイファー)であった。もう何百年も前にすっかり年老いきってしまった彼女たちは流れ星が落ちたのを見て、最も年長のリリムが僅かに残った星の心臓を食べて魔法の力を取り戻し、流れ星の捕獲に向かった。 彼らが見ていた流れ星が落ちた地点に当たる森。そこには美しい金髪の青い絹の服を纏った女性(クレア・デインズ)が倒れていた。ポケットにトパーズを入れて。 他に:ロバート・デ・ニーロ。(Wikipediaより)

 

 

 

 

「ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ」1851-1970(2019年9月26日(木)~の日記)

https://blog.goo.ne.jp/takemotohitoshi/e/1b20be2f9b3e46c0ce22f16df6c73e42

「ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ」1731-1850(2019年5月29日(水)~9月25日(水)の日記)

https://blog.goo.ne.jp/takemotohitoshi/e/36acf48c9a63a21fc3b69a9ec13a11e8

「ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ」1601-1730(2018年10月22日(月)~2019年5月28日(火)の日記)

https://blog.goo.ne.jp/takemotohitoshi/e/b408408b9cf00c0ed47003e1e5e84dc2

 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 武本比登志ポルトガル淡彩ス... | トップ | 1967. モンティージョの町角 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ポルトガル淡彩スケッチ」カテゴリの最新記事