武本比登志ポルトガルスケッチ&油彩

へたくそ画家・武本比登志のポルトガル淡彩スケッチと油彩

1590.モイタの町角

2018-10-11 14:48:01 | ポルトガル淡彩スケッチ

2018年10月11日(木曜日)曇りのち快晴。25℃~14℃。降水確率100%のち96%。湿度97%(4:45)56%(14:33)。南西の微風。紫外線量5のち4。起床時には上がっていたが、夜中に雨が降ったらしく水溜りが出来ている。そして朝食後に本格的な雨。すぐに上がり快晴。午後から風が強くなったものの陽射しは強く快晴。

『きょうのニュース』国際肥満の日。ポルトガル人35歳から70歳までの30%が肥満。65歳以上の85%が肥満。子供に髄膜炎の予防注射。ソユーズ打ち上げ失敗、乗組員2人は緊急脱出。イタリアのサルダ―ニャ島、悪天候被害。フロリダのハリケーン・マイケルでも被害。ブラジル大統領選挙、刺されたボルソナーロの傷は塞がるが選挙の行方には警戒。ベネズエラに移民のポルトガル人への援助。イスタンブール危機。アベイロのモリセイロ、2021年までにエンジンから電化へ。ロナウドは謹慎のポルトガル代表は今夜19:45からポーランドでポーランド代表と。

いつの間に入港したのか、大型帆船『サグレス』が漁港に接岸されている。又、帆船祭りがあるのだろうか?18:30 ヴィラ・デ・コンデからのカラベラ船も入港、接岸。

『昨夜の映画』は

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(Birdman or The Unexpected Virtue of Ignorance)2014年。アメリカ映画。119分。監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ。第87回アカデミー賞作品賞をはじめとする数々の映画賞を受賞。 冒頭には、レイモンド・カーヴァーの散文「おしまいの断片(Late Flagment)」の一説が引用されている。その後、砂浜に打ち上げられた無数のクラゲや煙炎を吐きながら墜落する何かの映像から一転、リーガン・トムソン(マイケル・キートン)が自らの楽屋にて、舞台の稽古の出番を待つ本編へ突入する。 リーガンは落ち目のハリウッド俳優である。かつては『バードマン』という3本のブロックバスター映画でスーパーヒーロー、バードマンを演じたスター俳優だったが、それ以降ヒットに恵まれぬまま20年以上が経過し60代となり、世間からは「かつてバードマンを演じた俳優」の烙印を押され、家庭でも失敗して惨めな生活を送っていた。彼は時折、零落した自分を嘲る心の声=バードマンに悩まされた。彼が1人になるとバードマンが現れ、ハリウッドへ戻れと囁くのだ。リーガンはアーティストとしての自分に存在意義を見いだそうと、ブロードウェイ進出という無謀な決断をする。俳優を志すきっかけでもあるカーヴァーの短編小説『愛について語るときに我々の語ること』を舞台向けに脚色、自ら演出と主演を務めることにしたのだ。プロダクションは親友の弁護士のジェイク(ザック・ガリフィアナキス)が担当し、共演者にはリーガンの恋人であるローラ(アンドレア・ライズボロー)、初めてブロードウェイの劇に出演するレスリー(ナオミ・ワッツ)が選ばれた。また、自分の娘で、薬物依存症から回復したばかりのサム(エマ・ストーン)をアシスタントとして加え、本公演前のプレビュー公演は目前にせまっていた。リハーサルの最中に負傷した俳優の代役として、ブロードウェイで活躍するマイク(エドワード・ノートン)が選ばれる。俳優として卓越した才能を見せながらも、身勝手極まりないマイクの言動はスタッフを振り回し、3度のプレビュー公演の内、2つは台無しになってしまう。翌日のニューヨークタイムズは、虚言ばかりのマイクのインタビューが一面を飾り、リーガンの記事は後方へと追いやられていた。リーガンはたまらずマイクと衝突する。復活のを目論むリーガンにとって、マイクはまさに目の上のたんこぶだった。その夜の最後のプレビュー公演中、リーガンは喫煙のため外へ出るが、偶然ドアが閉ざされ、衣装姿のまま外へ閉め出されてしまう。リーガンはドアに挟まってしまったローブを脱ぎ捨て、ブリーフ姿でニューヨークの大通りを歩いて劇場の入口を目指す。何とかラストシーンを潜り抜けるも、リーガンがブリーフ姿で歩く様は一般人によって撮影され、その映像はYouTubeで100万回以上も再生された。リーガンにとっては不本意だったが、彼の姿は話題を呼んだ。本公演の前夜、リーガンは舞台近くのバーにて、批評家のタビサ(リンゼイ・ダンカン)から舞台の酷評を宣言される。タビサの記事の発言力は、舞台公演の今後、ロングランか打ち切りかを左右するものだった。リーガンは呆然とした様で街を歩き、道端で夜を明かした。翌朝、リーガンはバードマンの声で目覚めた。バードマンはとうとう実態を持ってリーガンの背後に現れた。バードマンは、リーガンを再び大作映画の世界へ向かわせるべく、彼を虚構の世界へ誘う。リーガンが指を鳴らすと、街は戦闘部隊と怪物の戦いによって火の海となった。リーガンは屋上から飛び立ち、バードマンの如くニューヨークの空を飛び回った。その夜、本公演が始まった。リーガン扮するエディの拳銃自殺で幕切れとなるラストシーン。リーガンのおかしな様子に演者は顔を見合わせる。リーガンは観客の前へ立ち、拳銃を頭へ突きつけ、発砲と同時に倒れた。本物の血が舞台へ飛び散った。観客は一瞬ざわめき、やがてスタンディングオベーションを送った。その渦中、前列にいたタビサは、興奮する観客を無視して劇場から立ち去った。リーガンは病院の個室で目を覚ました。リーガンの放った弾丸は頭ではなく鼻を捉えて、辛くも一命を取り留めていた。ジェイクが持ちこんだ新聞の1面には、観客に銃口を向けたリーガンがプリントされていた。タビサによる記事では、リーガンの自殺未遂は、彼が舞台公演において小道具と本物の拳銃とを取り違えて使用したためだと報じられ、それによって生まれた今回の事件を「無知がもたらす予期せぬ奇跡」と銘打たれていた。この事件は世間を席巻し、リーガンの復活をファンが心待ちにしていた。1人になったリーガンは立ち上がり、鏡の前で、顔を覆うガーゼを外した。吹き飛んだ鼻は整形され、さながらバードマンのような鋭い鼻に変貌していた。リーガンは、部屋の隅にいたバードマンに別れを告げ、窓の外側へ這い出た。直後に病室へ入ったサムは、忽然と消えたリーガンを探して開け放たれた窓から下を見るが、リーガンの姿はどこにもなかった。上へ、空へ目を向けるとサムは目を見開いて、笑みを浮かべた。(Wikipediaより)

 

 

 

 

 


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 1589.モイタの町角 | トップ | 1591.ヴィラ・フレスカ・デ・... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2018-10-12 08:22:40
映画見ていると途中で眠たくなりませんか?
うとうとします。 (VIT)
2018-10-12 17:22:36
しょっちゅううとうとします。途中で寝てしまう事もあります、が必死で目を凝らして続きを観る事もあります。

コメントを投稿

ポルトガル淡彩スケッチ」カテゴリの最新記事