武本比登志ポルトガルスケッチ&油彩

へたくそ画家・武本比登志のポルトガル淡彩スケッチと油彩

1952. ルドンドの町角

2020-01-05 23:56:01 | ポルトガル淡彩スケッチ

2020年1月5日(日曜日)快晴。15℃~4℃。降水確率0%。湿度89%(7:56)64%(14:52)。紫外線量2。北のち東の微風。昨夜は風邪を引きかけたのか。夜中に汗びっしょりで目が覚め、それから寝られず、汗を拭いてイルビコを飲む。飲んでからは朝までぐっすり。朝は喉がおかしい。8:00現在盛んにメルローの歌声がパソコンデスクまで届く。

第1日曜日なのでアゼイタオンの露店市。大勢の人出。いつもの路上は諦めて露店市専用駐車場へ、行く途中も長い行列、直進のクルマが道を譲ってくれて入り込み、専用駐車場に行く前の入口に一番近いところで1台分のスペース、で駐車。道を譲ってくれたクルマの運転手が羨ましそうな顔。申し訳ない。直ぐにジョアンの食堂へ。食堂は意外と空いていて直ぐに座れた。鶏炭火焼き(半匹)、ショコフリット(メイオドース)、サラダ、アロス、バタータフリット、ノンアルコールビールx1、グラス赤ワインx1、合計=15,00€。1ユーロショップで、室内靴下x5、プラスティックカレンダーx2=1ユーロ。合計=6€。婦人ソックス1足おまけ。室内靴下には何と日本語。高級アンゴラ天然素材使用(アンゴラ高率混)などと書かれていて編みはなかなかしっかりとして色柄も可愛らしい。陽射しが強く温かい散歩。途中の沿道ではちらほらとアーモンドの開花。帰って来たのは14:30。

『昨夜の映画』は

ダイ・ハード4.0』(Die Hard 4.0)2007年。アメリカ映画。129分。監督:レン・ワイズマン。不正にネットワークにアクセスするハッカーを利用して、政府機関・公益企業・金融機関への侵入コードを入手したテロリストがライフラインから防衛システムまでを掌握。アメリカ独立記念日前夜、ワシントンD.C.のFBI本部にある全米のインフラ監視システムがハッキングされた。FBI副局長のボウマンは「犯人特定のため全米のハッカーたちを一斉に保護せよ」と指令を出した。 ニューヨーク市警察のジョン・マクレーンブルース・ウィリス)は、カムデン (ニュージャージー州)在住のハッカーマシュー・ファレル(ジャスティン・ロングを連行する途中で何者かに襲撃される。同様に全米各地の7人のハッカーが襲われ、24時間以内に殺害されていた。 最新のハイテクを駆使するトーマス・ガブリエル(ティモシー・オリファント率いるサイバーテロ組織を相手に、完全なアナログ親父であるマクレーンがいつもの如く理不尽な運命を愚痴りながらも、ハッカーのファレルの助けを借りて、反撃を開始する。マクレーンの執拗な追撃に対して、テロリスト達は娘のルーシー(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)を人質にする。 (Wikipediaより)

交渉人』(The Negotiator)1998年。アメリカ映画。139分。監督:F・ゲイリー・グレイ。殺人及び横領の罪を着せられた人質交渉人が無実を訴えるべく人質犯として立て篭もり、自ら指名したもう一人の人質交渉人との間で交わされる丁々発止の駆け引き、そして真実が徐々に明らかになって行く様子を、大掛かりなアクション・シーンを交え、サスペンス・タッチで描いている。 シカゴ警察東分署の刑事、ダニー・ローマン(サミュエル・L・ジャクソン)は凄腕の交渉人。ある晩、彼は相棒のネイサン・ローニック(ポール・ギルフォイル)から、署内の人間が警察年金基金を横領している事実を聞かされる。その中には内務調査局長のテレンス・ニーバウム(J・T・ウォルシュ)の名前もあった。別れた直後、ネイサンは殺害され、後日、ダニーの自宅から横領に関わる証拠が発見され、ネイサン殺害と横領の罪で逮捕されてしまう。 自分を罠にかけた人間がニーバウムと察したダニーは司法取引の一日の猶予を使い、身の潔白を証明するため、内務調査局へ向かい、彼を人質に籠城を開始する。そして交渉人として西分署随一のクリス・セイビアン(ケヴィン・スペイシー)を指名する。現場へと到着したクリスは手の内を読まれ、手出しのできない東分署の人間に変わり、先陣を切ってダニーとの交渉にあたる。 一進一退の攻防の中でダニーは汚職の全貌を掴みかけるが、要のニーバウムを殺害されてしまう。一方、クリスもまた、ダニーの言動や自身の意向を無視して、強硬手段に出る東分署の姿勢から、彼の無実を確信し始める。 そんな中、汚職に関する決定的な証拠を掴んだダニーはクリスの助力を経て、包囲網を突破し、ニーバウムの自宅へと向かう。そこに現れたのは・・・。  (Wikipediaより)

 

 

 

 

「ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ」1851-1970(2019年9月26日(木)~の日記)

https://blog.goo.ne.jp/takemotohitoshi/e/1b20be2f9b3e46c0ce22f16df6c73e42

「ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ」1731-1850(2019年5月29日(水)~9月25日(水)の日記)

https://blog.goo.ne.jp/takemotohitoshi/e/36acf48c9a63a21fc3b69a9ec13a11e8

「ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ」1601-1730(2018年10月22日(月)~2019年5月28日(火)の日記)

https://blog.goo.ne.jp/takemotohitoshi/e/b408408b9cf00c0ed47003e1e5e84dc2

 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 1951. 消火栓のある町角 | トップ | 1953. ベジャの城 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ポルトガル淡彩スケッチ」カテゴリの最新記事