武本比登志ポルトガルスケッチ&油彩

へたくそ画家・武本比登志のポルトガル淡彩スケッチと油彩

1343.ヴィミエイロの町角

2017-12-02 18:13:39 | ポルトガル淡彩スケッチ

2017年12月2日(土曜日)快晴。14℃~3℃。

4号にチタニウム・ホワイトとロー・シェンナを塗る。淡彩を施す日だが月曜日まで延期としよう。

昨夜のニュースの中でセトゥーバルの気温が0℃~マイナス7℃と発表になった。僕は思わず大きな声を発していた。0℃~-7℃。などセトゥーバルに来て30年近くになるが経験したことがない。まるで北欧かモスクワあたりの気温だ。それはちゃんとテレビの画面にも出ていたし、キャスターがわざわざ念を押して言っていたから間違いがないのだろう。とは思ったが、一応、ネットでも調べてみた。そうすると14℃~3℃となっている。最低気温3℃というのもセトゥーバルにすればかなり低い気温だがまあ納得できる気温だ。でも低いことには違いがないので、一番分厚いパジャマを出し。毛布を1枚余分に掛けて寝た。朝は汗をかくほどであった。今現在9:30でデジタル時計の気温表示は既に22,5℃。最高が0℃は全くの間違いだが、全国放送ニュース番組の数字データをテレビ局は確かめたりはしないのであろうか?日本なら責任問題だろう。

この数日前から『ポルトガルの野の花』の1日のアクセス数が15000~25000ほどになっていて、『ポルトガル淡彩スケッチ』も7500ほどにもなっていた。可笑しいとは思いつつ喜んでいたが、あきらかに数字の間違いだ。昨日からは平常に戻って今日は『野の花』が793。『淡彩』は245。これでも少しは多い。お陰様でアクセスが増えているのであろうか。励みになる。

アヌンシアーダ郵便局のポストにKSさんとF先生宛の郵便を投函。

メルカドで鍋用カワハギ1尾1Kg=7€。赤大根1本=1€。赤カブ1束=1€。ルイサ・トディの蚤の市へ。ボカージュ広場でクリスマス・マーケット。プレセピオ用の人形などと珍しいお菓子など、お菓子を少し買おうかなと思ったけれどお客が立て込んで順番がなかなかの様なので見るだけ。蚤の市も見るだけ。お店が沢山出ていて、結構な運動になったかな。

リンシード・オイルはあるがテレピン・オイルがなくなったので先日からあちこちでみているがない。ピニャル・ノヴォにあるかもしれないと思って午後から出かけた。土曜日で休業。モンティージョのアキにもなし。モンティージョのプル・アンド・ベアーでMUZのおしゃれ帽子=17,99€。デ・ボーラでキッチン・タイマー=2,99€。

帰りピニャル・ノヴォのリードゥルで買い物。パン(ボーロ・ダ・ミスチューラ)x5個=0,50€。レタス100g=0,17€。キャベツ・コラサオン0,760Kg=0,72€。レモン2個295g=0,62€。長ねぎ400g=0,79€。カラーパプリカミックス500g=1,49€。マッシュルーム300g=1,79€。ヨーグルト・ナチュラル125gx8=1,35€。ルッコラ100g=1,19€。卵M玉X6=0,85€。茶ホルテラ・ピメンタ=0,75€。バンコ・アリメンタール用スパゲッティ500g+125g=0,49x2=0,98€。合計=11,20€。

ついでにセトゥーバルのブリコマルシェまでテレピン・オイルを探しに。缶が錆びたり、プラスティックタンクがひょこ歪んだりの売れ残り商品が幾つかあり、1リッターを買う。テレベンティ―ナ1リッター缶=7,49€。でも灯台下暗しとは良く言ったものだ。

昨夜の映画は、

ティアーズ・オブ・ザ・サン』(Tears of the Sun)2003年。アメリカ。アントワーン・フークア監督によるナイジェリアを舞台にしたドラマ/アクション/戦争の物語。内戦が続くナイジェリア 。民族問題、石油利権が発端となり、フラニ族などが率いるムスリム・反米の反政府軍と、米国が支援する現職大統領を含むキリスト教系イボ族の間で対立が激化。やがて、反政府軍がナイジェリア全土を掌握した。国連が経済制裁を検討する中で、米国は在留外国人の脱出支援を開始。その一環としてウォーターズ大尉(ブルース・ウィリス)率いる米海軍特殊部隊SEALのチームは、現地で医療活動に従事するリーナ・ケンドリックス(モニカ・ベルッチ)というアメリカ人女性医師の救出任務を引き受けることになった。ウォーターズにとって、それはごくありふれた任務に思われた。ウォーターズ以下7人の部下はリーナが治療にあたっている内戦下のナイジェリアの村に到着すると、リーナは患者を置いて脱出することを頑なに拒んだ。任務完遂が最優先のウォーターズは、「村の患者もヘリで脱出させる」と嘘をついて強引にリーナをヘリとの合流地点へ連れ出す。20数名の難民を置き去りにして帰路についたウォーターズらが見たものは、反乱軍の襲撃で虐殺された傷病者たちの無惨な姿だった。ウォーターズは直ちに引き返し、リーナと難民たちを率いてカメルーン国境を目指し始めた。他にコール・ハウザー、(Wikipediaより)

ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -1 (001-200)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -2 (201-400)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -3 (401-600)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -4 (601-800)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -5(801-1000)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ-6(1001-1200)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ-7(1201-1400)


「武本比登志ポルトガル淡彩スケッチ」のお買い求めは下記より
http://www.village-press.net/?mode=cate&cbid=1940881&csid=1

 

『絵画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 1342.カステロ・デ・ヴィデの... | トップ | 1344.カステロ・デ・ヴィデの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ポルトガル淡彩スケッチ」カテゴリの最新記事