武本比登志ポルトガルスケッチ&油彩

へたくそ画家・武本比登志のポルトガル淡彩スケッチと油彩

1870. オビドス

2019-10-15 14:31:47 | ポルトガル淡彩スケッチ

2019年10月15日(火曜日)晴れ時々曇り。20℃~10℃。降水確率0%。湿度94%(7:55)50%(14:28)。紫外線量4。西の微風。

『きょうのニュース』SEFのケーブルが壊れる?アントラム組合の運転手が合意に達する。救急小児病棟の問題。アントニオ・コスタ首相は2020年度の予算に言及。マデイラの知事に元ジャーナリストのジョゼ・マヌエル・ロドリゲス氏。バルセロナのカタルーニャ独立問題は空港での暴動にエスカレート。ブラジルのルーラ・ダ・シルバ元大統領がRTPに単独インタビュー。モザンビークの総選挙は平然と行われている。昨夜キエフで行われた2020年予選、ウクライナ対ポルトガル選抜は2対1で敗戦。そのゲームでクリスティアーノ・ロナウドは2002年の初ゴール以来700得点目。

『昨夜の映画』は

L.A.コンフィデンシャル』(L.A.Confidential)1997年。アメリカ映画。138分。監督:カーティス・ハンソン。1950年代のロス市警 (L.A.P.D.)。マフィアのボス逮捕による暗黒街の混乱、酔った警官がメキシコ系移民の容疑者に暴行した「血のクリスマス」事件など、騒然としたロスの世相を背景に、カフェで元刑事を含む6人が惨殺された「ナイトアウルの虐殺」事件を捜査するロス市警の3人の警官が、捜査を進めるうちに警察内部の腐敗に直面する人間模様を描いている。映画版は一癖も二癖もある刑事を演じたラッセル・クロウ(ハリウッド初出演作)、ガイ・ピアースの出世作となった。舞台は、1950年代のロサンゼルス。マフィアの幹部ミッキー・コーエンの逮捕をきっかけに、血みどろの抗争が繰り広げられていた。 ある日、街のコーヒーショップで客が皆殺しにされる猟奇殺人事件がおきる。被害者の一人は刑事だった。その刑事の相棒だったバド(ラッセル・クロウ)は新入りのエド(ガイ・ピアース)、ジャックと共に事件の捜査に当たる。やがて、犯人と見られる三人組はエドに射殺され、事件は解決したかに見える。 (Wikipediaより)

コレラの時代の愛』(El amor en los tiempos del cólera)(英題:Love in the Time of Cholera)2007年。アメリカ映画。137分。監督:マイク・ニューウェル。脚本:ロナルド・ハーウッドガブリエル・ガルシア=マルケスの小説を原作。19世紀末から20世紀初頭にわたる内戦につぐ内戦の時代とコレラの蔓延する時代を描いた。81歳の夫フベナル・ウルビーノ博士(ベンジャミン・ブラット)は自殺した友人ジェレミーアの葬儀を前に、オウムを捕まえようとしたはしごを登って足を踏み外して亡くなる。傷心で葬儀に臨む老いた妻フェルミーナ(ジョヴァンナ・メッツォジョルノ)のもとに76歳のフロレンティーノ・アリーサ(ハビエル・バルデム)が現われ「わたしはこの時がくるのを待っていた。もう一度永遠の貞節と変わることのない愛を誓いたいと思っている」と告げる。 時代は遡り、1897年、コロンビア・カルタヘナ。17歳の貧しい郵便局員のフロレンティーノはある日、配達先の裕福な商人の13歳の娘フェルミーナに一目惚れして、2人はたちまち恋に落ちる。母親が「うちの息子の病気はたった一つ、コレラなのよ」と恐慌をきたすほどの恋に浮かれる。1リットルのオーデコロンを飲み続けた末に香水の匂いのする吐瀉物にまみれたり、フェルミーナからの手紙を薔薇の花を食べながら読み返す。しかし、元ラバ商人で闇の商売で儲けている彼女の父は、娘を名家に嫁がせると決めており、娘と1年半にもわたる旅に連れ出す。こうして2人の仲は引き裂かれてしまう。 やがてフェルミーナは、コレラの撲滅に尽力するヨーロッパ帰りの医師ウルビーノ博士に見初められ、結婚する。それを知ったフロレンティーノは、何年でも彼女を待ち続けると心に誓う。後年、叔父から引き継いだ河川運輸会社のトップになることもあり、600人を超える女性と恋愛を楽しむのであった。 初恋の女性を51年9ヶ月と4日待ち続けた男の壮大な愛の顛末を描く。 (Wikipediaより)

 

 

 

「ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ」1851-1970(2019年9月26日(木)~の日記)

https://blog.goo.ne.jp/takemotohitoshi/e/1b20be2f9b3e46c0ce22f16df6c73e42

「ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ」1731-1850(2019年5月29日(水)~9月25日(水)の日記)

https://blog.goo.ne.jp/takemotohitoshi/e/36acf48c9a63a21fc3b69a9ec13a11e8

「ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ」1601-1730(2018年10月22日(月)~2019年5月28日(火)の日記)

https://blog.goo.ne.jp/takemotohitoshi/e/b408408b9cf00c0ed47003e1e5e84dc2

 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 1869. アルカサール・ド・サ... | トップ | 1871. トーレス・ヴェドラス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ポルトガル淡彩スケッチ」カテゴリの最新記事