武本比登志ポルトガルスケッチ&油彩

へたくそ画家・武本比登志のポルトガル淡彩スケッチと油彩

1864. ペニシェの町角

2019-10-09 15:05:52 | ポルトガル淡彩スケッチ

2019年10月9日(水曜日)快晴。26℃~16℃。降水確率0%。湿度68%(7:59)31%(15:02)。紫外線量6。北の適風。夜中より風が強くドアが鳴る。サド湾の水面も波立って見える。外洋では白波。予報では適風とあるが、我が家では強風。北側のベランダに出ると吹き飛ばされそうだ。『月下美人』の蕾が揺れて11本の内、数本が千切れる。外は強風だが部屋の中への陽射しは猛暑。風が強いのでエコ風呂湯沸かしは諦める。昨日、ウイルスバスターのアップグレードがあり、その後、パソコンの動作が緩慢。

吉野彰氏(71)に2019年ノーベル化学賞』リチウムイオン電池を発明。1948年大阪生まれ、北野高校、京大出身、旭化成名誉フェロー。

アソーレスのYSさんより『文芸春秋』10月号が届く。4階まで持って来てくれた郵便配達員にチップ2€。

『きょうのニュース』PSのアントニオ・コスタ首相は引き続きBEとCDUを加えた連立政権にPANも加える。敗北を喫したPSDの党首問題、ルイス・モンテネグロが早くも立候補表明。タンコス軍基地武器横流し事件のコミッションは常態化していた現状。ポルトガルの経済状況は世界で34位のランキング。カステロ・ブランコのダム渇水。GNRは45563軒の一人暮らし老人宅を戸別訪問。モザンビークで活躍するポルトガル人の国境なき医師団のレポート。中国でエイズの簡易血液検査器を開発。ポルトガルでは1人7€のインフルエンザワクチンの接種始まり、60万人が受ける。ドイツでユダヤ教会が攻撃され2人死亡。香港の抗議行動は更に激化。イランの女性サッカー観戦は男女平等にと訴え。3千ヘクタールのアーモンド畑で収穫。

クルマの鳩の糞掃除。

夕方からジョアン・メンドンサ通りの『コンチネンテ』に買い物に。100%アップルジュース1,5Lt=0,89x3=2,67€。ミネラルウオーター6Lt=0,63€。牛乳(メイオゴルド)1Lt=0,45x6=2,70€。フルーツヨーグルト125gx8=1,69€。ナチュラルヨーグルト125gx8=1,19€。鶏卵M玉x12=1,29€。米(カロリーノ・カサローラ)1kg=0,84x2=1,68€。マグロブロック600gx10,99=6,59€。冷凍大クルマエビ20/30=530gx8,99=4,76€。珈琲豆(デルタ・ヴェトナム)220g=1,54x2=3,08€。カリフラワー966gx1,79=1,73€。蕪936gx1,79=1,68€。レモン310gx1,90=0,59€。バナナ1,294kgx1,05=1,36€。タマネギ1,14kgx0,79=0,90€。ニンジン1,368kgx0,59=0,81€。合計=33,35€。前回割引分=5€。支払合計=28,35€。

レジは多くの列が開いていたが沢山の買い物客。帰りは帰宅ラッシュ。

『昨夜の映画』は

遥かなる大地へ』(Far and Away)1992年。アメリカ映画。140分。監督:ロン・ハワード。 当時夫婦であったトム・クルーズニコール・キッドマンが共演した事や、映画史上初となる“パナビジョン・スーパー70mm方式”の撮影で話題に上った。 19世紀のアメリカ・オクラホマ州で実際に起こったランドラッシュをベースに、アイルランドから夢をもってアメリカにやって来てランドレースに参加した青年の生き様を描く物語。(Wikipediaより)

<映画『遥かなる大地へ』あらすじネタバレ結末と感想。動画フルを ...>

ウェディング・プランナー』(The Wedding Planner)2001年。アメリカのロマンティック・コメディ映画。104分。 監督:アダム・シャンクマン。 幼い頃から結婚に憧れていたメアリー(ジェニファー・ロペス)は、今ではサンフランシスコで一番の超一流ウェディングプランナー。しかし、仕事に明け暮れる毎日で恋愛とは無縁の生活を送っていた。そんなメアリーを心配した父サルヴァトーレ(アレックス・ロッコ)はメアリーの幼なじみであるマッシモ(ジャスティン・チェンバース)との見合い結婚を勧めるが、幼い頃のマッシモの酷い言動が忘れられず、メアリーは彼を毛嫌いする。 ある日、メアリーに大きな仕事が舞い込む。成り上がりの大金持ちの娘フラン(ブリジット・ウィルソン)の結婚式をプロデュースすることになったのだ。これが成功すれば共同経営者になれることもあり、メアリーは一段と仕事にのめり込むが、仕事に没頭するあまり、事故に遭いかけてしまう。そこを救ってくれたのはハンサムな医師スティーブ(マシュー・マコノヒー)。メアリーは運命的な出会いを感じる。 メアリーの同僚ペニー(ジュディ・グリア)の計らいで公園デートをすることになったメアリーとスティーブは、互いに惹かれ合うものを感じつつも、キスすることもなく、その夜は終わる。久しぶりの恋にときめくメアリー。しかし、スティーブはフランの婚約者だったのだ。 (Wikipediaより)

 

 

 

「ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ」1851-1970(2019年9月26日(木)~の日記)

https://blog.goo.ne.jp/takemotohitoshi/e/1b20be2f9b3e46c0ce22f16df6c73e42

「ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ」1731-1850(2019年5月29日(水)~9月25日(水)の日記)

https://blog.goo.ne.jp/takemotohitoshi/e/36acf48c9a63a21fc3b69a9ec13a11e8

「ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ」1601-1730(2018年10月22日(月)~2019年5月28日(火)の日記)

https://blog.goo.ne.jp/takemotohitoshi/e/b408408b9cf00c0ed47003e1e5e84dc2

 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 1863. ポルト・デ・モス | トップ | 1865. パルメラの城 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ポルトガル淡彩スケッチ」カテゴリの最新記事