武本比登志ポルトガルスケッチ&油彩

へたくそ画家・武本比登志のポルトガル淡彩スケッチと油彩

1714.オビドスの町角

2019-02-16 14:27:00 | ポルトガル淡彩スケッチ

2019年2月16日(土曜日)曇り薄晴れのち快晴。21℃~6℃。降水確率0%。湿度83%(8:02)50%(14:24)。北東の微風。紫外線量3。サド湾内に20隻程の小型漁船、何らかの魚の群れが押し寄せているのだろう。そして9隻のヨット。外洋には白波。

『きょうのニュース』外科看護師のストライキがきょうもトップニュース。アルカサール・ド・サルの高校ランキング?今朝未明セイシャルで暴力事件22歳死亡。EU選挙28日、PSの対策。PSD党首ルイ・リオの国内戦略。ポルトの住宅火災で84歳の女性死亡。パッソス・フェレイラ刑務所の続報。プエルト・リコやコロンビアからヴェネズエラに支援物資。ジョアンナ・ヴァスコンセロスがセラルベス美術館で展覧会。ブルーノ・カルヴァ―リョが一連のいきさつを本にまとめ出版。FCポルト対ヴィットリア・セトゥーバルが対戦。

『昨夜の映画』は

白雪姫と鏡の女王』(Mirror Mirror)2012年。アメリカ映画。106分。監督:ターセム・シン。幼くして国王(ショーン・ビーン)である父を亡くしてしまい強欲な継母である女王(ジュリア・ロバーツ)によってお城に幽閉されながら育った白雪姫(リリー・コリンズ)は次第に外の世界に憧れを抱いていった。 ある夜、お城で開催された仮面舞踏会に紛れ込んだ白雪姫はかつて森で出会った他国の王子アルコット(アーミー・ハマー)と再会する。 共に惹かれ合う二人であったが、女王は王子の国の財産を狙って自分との政略結婚をたくらんでいた。 そして、自分の計画の邪魔になった白雪姫を森へ連れて行き殺してしまうようにと女王は側近(ネイサン・レイン)に命令するのだった。 難を逃れた白雪姫は森の中で7人の小人(ジョーダン・プレンティスダニー・ウッドバーン他)と出会い剣術を学んでいく。女王の強欲な暮らしの為に貧しい暮らしを強いられている国民を目の当たりにした白雪姫は国民を救うため魔術を駆使する女王に果敢に立ち向かっていく。(Wikipediaより)

 

 

 

「ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ」

https://blog.goo.ne.jp/takemotohitoshi/e/b408408b9cf00c0ed47003e1e5e84dc2

 


「武本比登志ポルトガル淡彩スケッチ」のお買い求めは下記より
http://www.village-press.net/?mode=cate&cbid=1940881&csid=1

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 1713.パルメラの城と町 | トップ | 1715.エヴォラ水道橋の通り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ポルトガル淡彩スケッチ」カテゴリの最新記事