武本比登志ポルトガルスケッチ&油彩

へたくそ画家・武本比登志のポルトガル淡彩スケッチと油彩

1968. ペニシェ漁港

2020-01-21 23:32:57 | ポルトガル淡彩スケッチ

2020年1月21日(火曜日)快晴。15℃-14℃~5℃。降水確率1%-0%。湿度65%(7:53)51%(14:19)。紫外線量2。北東のち北の微風。昨夜は星空。起床時は窓の結露もなし、サン・フィリッペ城のライティング、そして漁火もくっきり。昼間は風も穏やかで陽射しは強く暑いほど。城壁のアーモンドがほんのりピンク色。薄い雲にサーモンピンクよりもう少しバービーピンクに近い色が映り、トルコブルーとグレーの淡いグラデーションをバックの夕焼け。

いつも通り第2アトリエでスケッチに淡彩を施す。MUZは居間のテーブルを拡張し水彩画。

『きょうのニュース』強風で倒木、高圧電線の切断被害。国家予算2020国会できょうは農業関連部会。CDS/PPの党首選議論。フンベルト空港の従業員の要求に対し動きゼロ。ルアンダ・リークス、アンゴラの元大統領の娘イザベル・ドス・サントスのドバイやポルトガルなど隠し財産調査。トランプ大統領がダボス会議で留守のワシントンで解雇請求?ダボスではグレタ・トゥンベリさんが演説。スペインのカタルーニャ地方で洪水、4人死亡。中国の新型ウイルスでこれまでに6人の死亡。ヴェネズエラ状況をEU議会で議論。

『昨夜の映画』はなし。

 

 

 

「ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ」1851-1970(2019年9月26日(木)~の日記)

https://blog.goo.ne.jp/takemotohitoshi/e/1b20be2f9b3e46c0ce22f16df6c73e42

「ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ」1731-1850(2019年5月29日(水)~9月25日(水)の日記)

https://blog.goo.ne.jp/takemotohitoshi/e/36acf48c9a63a21fc3b69a9ec13a11e8

「ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ」1601-1730(2018年10月22日(月)~2019年5月28日(火)の日記)

https://blog.goo.ne.jp/takemotohitoshi/e/b408408b9cf00c0ed47003e1e5e84dc2

 

 

 

コメント

1967. モンティージョの町角

2020-01-21 00:07:15 | ポルトガル淡彩スケッチ

2020年1月20日(月曜日)晴れ時々曇りのち快晴。13℃~4℃。降水確率0%-5%。湿度48%(7:54)38%(14:49)。紫外線量2。北東の微風のち強風。早朝には雲が多いものの美しい朝焼け。午後からは暑いほどの陽射し。シネスまでくっきりと見晴らせる。

『きょうのニュース』タンコス軍基地武器横流し事件裁判の進捗状況。コインブラで今朝方強風の為倒木、クルマ3台を破損。ゴンドマールで港湾事故。出席の少ない国会で国家予算2020分科会は文化、マリオ・センテノ経済相はブリュッセル。カンポ・マヨールなどアルト・アレンテージョでは依然水不足。国会でプラスティックボトルなどの返却法案化を検討。イザベル・ドス・サントスのルアンダ・リークス。韓国でも新型ウイルス。オーストラリアの雹。ブラジルで洪水、6人死亡、400人が家屋を失う。12.28のプエルトリコ地震に援助物資。ハワイで銃撃戦。スイスでの経済フォーラムに何故かイザベル・ドス・サントス。短い休暇をポルトガルで過ごしたジョージ・ジュスス監督はブラジルに戻る。

『昨夜の映画』は

ブラック・スワン』(Black Swan)2010年。アメリカのサイコスリラー映画。108分。監督:ダーレン・アロノフスキー。バレエ『白鳥の湖』の主演に抜擢され、潔白な白鳥と官能的な黒鳥の二つを演じることになったバレリーナが、プレッシャーにより徐々に精神が崩壊していく様を描いたサスペンス映画。娘盛りのニナ(ナタリー・ポートマン)は、ニューヨークのある一流バレエ団に所属し、バレリーナとして人生の全てをバレエに捧げる日々を送っている。一緒に住む母親エリカ(バーバラ・ハーシー)は元バレリーナで、今では絵画を描く日々を送っているが、自分が果たせなかったバレリーナとしての夢をニナに託すステージママとなっており、彼女に対して過剰なほどの愛情を注いでいる。 ニナの所属するバレエ団は次の公演『白鳥の湖』の上演準備に入り、バレエ団のフランス人の演出家トマ(ヴァンサン・カッセル)はこの演目のプリマ(主役)を選ぼうとしていた。『白鳥の湖』の主役「白鳥の女王」は、純真で無垢な「白鳥」と、官能的で邪悪な「黒鳥」の二役を一人で踊るため、相反する事柄を一人で表現する実力が必要である。トマは年を取ったプリマ・バレリーナのベス(ウィノナ・ライダー)を白鳥の女王役には用いず、新人のリリー(ミラ・クニス)やヴェロニカ(クセニア・ソロ)、そしてニナを候補者に挙げ、ニナにプリマとなる機会が巡って来る。 しかし、ニナの生真面目で几帳面な気性は白鳥役には向いていたが、黒鳥を表現し切れず、トマはヴェロニカを主役に選ぼうとする。ニナは再考を懇願しにトマの所へ行くと、トマに突然キスをされ、ニナは思わず彼の唇を噛んでしまう。ニナに意外な面があることに気付いたトマは考えを翻し、ニナを主役に抜擢する。バレエ団は次の公演の為に宴会を開き、トマはバレエ団のプリマ・バレリーナだったベスの引退を発表し、さらにその場でニナを新しいスターとして招待客に紹介した。 ニナは華々しいデビューを飾るが、ロビーでトマを待っていた所にベスが現れ、トマを性的に誘惑してプリマ・バレリーナの座を得たのだろうと詰られ、驚愕を受ける。その後、トマのアパートに招待された彼女は、黒鳥を演じる為に性的な喜びを追求することが必要だと忠告を受ける。 次の日から過酷な練習が始まるが、ニナは性的に魅了するような情熱に欠けているとトマに責められ、やがて精神的に疲れ幻覚や妄想に悩まされるようになり、代役として控えているリリーが、自分がせっかく射止めた主役の座を奪おうとしているようにも思えてならなくなってくる。 ある夜、ニナは母親と諍いを起こし、リリーに誘われクラブへと飲みに出かける。酔った勢いでニナは麻薬を使い、男性と性行為に興じる。その後ニナとリリーはニナのアパートに帰ったが、また母親と言い争いになってしまう。ニナはリリーと二人だけで自分の部屋に閉じ篭り、リリーと性行為に耽り、やがて寝込んでしまう。翌朝ニナが目を覚ますと彼女は一人で、一緒にいるはずのリリーはどこにもいなかった。練習場に駆け付けて見ると、その練習はリリーが白鳥の女王役を踊る形で始まっていた。ニナはリリーに対して、なぜ起こしてくれなかったのかと怒りをぶちまけるが、リリーは昨晩はクラブで出会った男性と一夜を過ごしたと言う。アパートでの二人の出来事はニナの妄想であった。 ニナの幻覚や妄想は日増しに酷くなり、『白鳥の湖』の開演を翌日に控えた前夜、トマと舞台裏で性行為をしているリリーが徐々にニナ自身に変身して行くという幻覚症状に襲われる。帰宅後も母親が描いた数多くの絵が自分のことを嘲笑っているよう見えてしまう。さらに自分の身体までも鵞鳥のように化かすと、遂にニナは気を失って気絶してしまう。 いよいよ公演が始まる日の夕方ニナが目覚めると、体調を崩し舞台に出られないと劇場に連絡した、と母に告げられる。ニナは母を乱暴に振り切り、劇場へ向かう。劇場ではリリーが白鳥の女王を踊る準備を進めていた。ニナはそんな経緯を無視し、「代役は不要」とトマに告げると白鳥として踊る準備を整えた。 第一幕は順調に滑り出したかに見えたが、やがてニナは幻覚を見始め、仕舞いには王子役のバレエ・ダンサーがニナを受け損ない落としてしまう。すっかり憔悴して楽屋に戻ると、そこには黒鳥の化粧をしているリリーの姿があった。そして眼前でリリーがニナ自身の姿へと変容する幻覚を見ながら、彼女と揉み合いになり、割れた鏡の破片でリリーを刺殺してしまう。ニナはリリーの死体を隠し、第三幕を踊る為、黒鳥として舞台に登場した。 ニナはまるで身も心も黒鳥となったかのように、情熱的にそして官能的に踊り、観客は総立ちで拍手をしてニナを褒め称えた。舞台を下りると、ニナはトマと抱き合い口付けを交わす。しかしニナが楽屋で待機していると、そこにニナの踊りに感動したリリーが激励の言葉をかけに現れた。この時、ニナはリリーと争ったことは現実ではなく幻覚だったこと、鏡の破片で刺したのもリリーではなく、自分自身だったということに気付く。 第四幕(最後幕)舞台が始まり、ニナは結末を完璧に躍りこなした。最後の白鳥が崖から跳び下りて自らの命を絶つ場面を演じながら、ニナは観客の中に母がいて感動してすすり泣いていることに気付いた。観客はまた総立ちになり劇場全体に割れんばかりの拍手が響き渡った。観客席が感動に包まれ、リリーはニナを褒め称え、トマはニナを抱擁した。しかし、その直後、ニナはその場に崩れ落ちる。完璧なバレエを舞いきったニナは、恍惚とした表情で宙を見上げるが、その視界は徐々に白んで行くのだった。 (Wikipediaより)

スティグマータ 聖痕』( Stigmata)1999年。アメリカのホラー映画。 102分。監督:ルパート・ウェインライト。実在するトマスによる福音書を巡って起きた出来事を元にした創作。 ピッツバーグのヘアドレッサー、フランキー(パトリシア・アークエット)の身体から謎の出血が起きた。 バチカンから調査のため派遣されたアンドリュー神父(ガブリエル・バーン)は、無神論者であるフランキーに起きたこの怪現象は聖痕(イエス・キリストにつけられた5つの傷)とは無関係だと判断するが、フランキーの奇行はエスカレートするばかりだった。その時、彼女は謎の文字を壁に書くが、それは現在の教会の立場を不利にするものだった。(Wikipediaより)

 

 

 

「ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ」1851-1970(2019年9月26日(木)~の日記)

https://blog.goo.ne.jp/takemotohitoshi/e/1b20be2f9b3e46c0ce22f16df6c73e42

「ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ」1731-1850(2019年5月29日(水)~9月25日(水)の日記)

https://blog.goo.ne.jp/takemotohitoshi/e/36acf48c9a63a21fc3b69a9ec13a11e8

「ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ」1601-1730(2018年10月22日(月)~2019年5月28日(火)の日記)

https://blog.goo.ne.jp/takemotohitoshi/e/b408408b9cf00c0ed47003e1e5e84dc2

 

 

 

コメント