武本比登志ポルトガルスケッチ&油彩

へたくそ画家・武本比登志のポルトガル淡彩スケッチと油彩

1799. ポルト・デ・モスの町角

2019-08-05 16:36:25 | ポルトガル淡彩スケッチ

2019年8月5日(月曜日)快晴。30℃~16℃。降水確率0%。湿度86%(7:56)38%(16:32)。紫外線量9。北西の微風。昨夜は映画を3本も観てしまって寝たのは12時を回っていたが、クシャミを連発。またIlviconを飲み首にタオルを巻いて寝る。

先日より恒例の水道局空き地の草払い、そして向かいの家では削岩機で何かを壊す音。午前中より騒音が甚だしい。

昨日露店市で買った1€のキャップに『NACK』の刺繍。

ニュースの後、『ICOM』に額縁製作のための絵を持って行く。入り口は閉まっていてスマホから電話。作業場に居てすぐに開けてくれる。以前と同じ棒縁が品切れらしく「今から注文するので」とのこと。『ノルオウト』にクルマのノイズを見てもらおうと行ったが、もう少し様子を見ることに。ついでに『AKI』で木工ボンドを買う。木工ボンド100g=1,89€。駐車場が大々的に工事で手前の特設駐車場に。駐車場の入口で露店食堂のジョアンと会い挨拶。

モザンビーク通りの『リードゥル』も大掛かりな工事でもうすぐ再開か?周辺道路もかなり変わる様だ。

『きょうのニュース』危険物搬送トラック運転手のストライキは8月12日まで、しかし今日午後から話し合い、アルガルベのホテルや酪農にも影響。病院の麻酔専門医師1423人のストライキ。トンデーラの露店市で偽ブランド品の取り締まり、没収。GNRが山火事の監視活動。リスボンの豪華住宅が7,2ミリオンユーロ~8,1ミリオンユーロで売り出し。アメリカ、テキサスのエル・パソのショッピングモールで銃乱射29人死亡。カイロで爆発、10人死亡、30人が怪我。サン・ペドロ・ド・コルバルの22軒の窯元も参加してモンサラス平原祭。

『昨夜の映画』は

NEXT -ネクスト-』(Next)2007年。アメリカ映画。96分。監督:リー・タマホリフィリップ・K・ディックの短篇小説『ゴールデン・マン』を映画化。主人公のクリス(ニコラス・ケイジ)は2分先の未来を知ることのできる予知能力の持ち主で、その能力を隠してラスベガスのカジノでマジシャンとして生活を送っていた。ある事件をきっかけにクリスの特殊能力が本物だと確信するに至ったFBI捜査官フェリス(ジュリアン・ムーア)は、ロサンゼルスに核兵器と共に潜伏したテロリストを探し出すためクリスに捜査への協力を求めるが、面倒に巻き込まれたくないクリスは彼女の依頼を拒否し逃亡する。テロリストもクリスの能力を知り、彼の命を狙っている。クリスは日頃頭をよぎっていた女性リズ(ジェシカ・ビール)に出会い、互いに惹かれて恋に落ちていくが、フェリスがリズに接近して来たため、彼女に真実を話し、彼女を逃がす。しかしリズはテロリストに捕まってしまう。(Wikipediaより)

バッド・ママ』(Bad Moms)2016年。アメリカ・コメディ映画。101分。監督:ジョン・ルーカス英語版)・スコット・ムーア英語版)。エイミー・ミッチェル(ミラ・クニス)はジェーン(ウーナ・ローレンス)とディラン(エムジェイ・アンソニー)の2人の子供を育てていたが、育児と仕事の疲労に悩まされていた。エイミーはその体型を活かしてコーヒー会社のセールスウーマンとして働いていたが、子供の弁当の用意や宿題と課外活動の面倒を見ること、PTAの事務も一手に引き受けていた。最悪なことに、PTAはグウェンドリン・ジェームズ(クリスティナ・アップルゲイト)という極めて傲慢な人間によって牛耳られており、その子分格の母親たち(ステイシーやヴィッキーなど)も嫌みったらしい性格であった。そんなある日、エイミーは夫のマイクがチャットガールに鼻の下を伸ばしている姿を目撃してしまった。溜め込んでいた怒りを爆発させたエイミーは、直ちに夫を家から叩きだした。 夫を叩きだしてもストレスが解消されるわけではなかった。PTAの会合で発表されたジェームズのベーカリー企画があまりにも非現実的だったことに呆れたエイミーは、その場でPTAを離脱すると宣言した。エイミーはそのまま近くのバーへと向かった。そこで彼女はカーラ(キャスリン・ハーン)とキキ(クリステン・ベル)の2人に出会った。カーラはゆったりした性格のシングルマザーで、性にも奔放であった。キキは4人の子供を育てる専業主婦であったが、エイミーと同様にジェームズには辟易させられていた。エイミーがジェームズに公然と異を唱えたという話を耳にしたキキは大いに心を動かされるのであった。エイミーとカーラはキキの夫が高圧的な上に家事の一切を妻に押しつけているという話を聞いて憤慨した。その一方で、エイミーとキキはカーラの自由すぎる子育て観に唖然とさせられるのであった。結局、3人は一晩中飲み明かした。2人の子育て観を聞いたエイミーは、ジェーンとディランにもっと自由を認めても良いのではないかと思うに至った。エイミーは子供2人を連れてアービーズに昼食を食べに行った。ディランは「そんな暇はないよ」と言ったが、エイミーは彼を強引に連れ出した。また、エイミーは勤勉であることに執着しているジェーンをスパに連れて行った。エイミーは新しい恋人を見つけようとしたが、早婚のせいで恋愛経験が全くなかったことを痛感させられた。そんなある日、エイミーは交通事故に巻き込まれた。エイミーは衝突してきた車の運転手、ジェシーに一目惚れした。ジェシーはシングルファーザーでもあった。 親である以上、PTAと完全に縁を切るというわけにもいかないエイミーは、ベーカリー企画の商品として、店で買ったドーナッツを持っていった。自分が馬鹿にされたと感じたジェームズは怒り狂い、PTAのボスという立場を利用して、ジェーンをサッカー部から退部させた。ジェームズの卑怯さにキレたエイミーは、自らPTA会長選に立候補することにした。エイミーは他の保護者たちを招いてパーティを開いたが、参加したのはたった一人であった。その一人から、エイミーはジェームズが敢えて同じ日の同じ時刻にパーティを開いていたことを聞かされた。しかも、そこで出される食事はマーサ・スチュワートの指導を受けたものであった。しかし、ジェームズのくどい自慢話が続いたため、他の母親たちとマーサはエイミーのパーティに参加することとなった。 面子をつぶされたと逆恨みしたジェームズは、法律すらも無視してエイミーを追い詰めにかかるのだった。 (Wikipediaより)

ザ・ファイター』(The Fighter)2010年。アメリカ映画。115分。監督:デヴィッド・O・ラッセル。プロボクサーのミッキー・ウォードディッキー・エクランド英語版)を描いた伝記・スポーツ映画である。1993年、マサチューセッツ州ローウェル。過去に天才的な才能でボクシングの栄光を手にし、弟ミッキー(マーク・ウォールバーグ)にもボクシングを指導するも、試合に敗れた落胆から麻薬依存症になってしまった兄ディッキー(クリスチャン・ベール)、ミッキーに過度の期待を寄せる過保護の母親(メリッサ・レオ)。複雑な家庭環境の中、ミッキーは試合に勝てない日々が続いていた。 兄が窃盗で刑務所に収監されたのを機に、新しいトレーナーと組むことを決めると頭角を現し連勝を続ける。遂に世界タイトル戦に挑む事が決まったが、自分こそがミッキーのトレーナーだと自負する兄が出所する。 (Wikipediaより)

 

 

 

 

「ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ」1731-

https://blog.goo.ne.jp/takemotohitoshi/e/36acf48c9a63a21fc3b69a9ec13a11e8

 「ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ」1601-1730

https://blog.goo.ne.jp/takemotohitoshi/e/b408408b9cf00c0ed47003e1e5e84dc2

 

 

 

コメント