The wild flowers of Portugal. ポルトガルの野の花 

学名など判ったものだけ明記しています。和名などをご存知の方はどうか教えてください。

ケンタウレア・デベアウシ Centaurea debeauxii

2015-07-31 09:31:17 | ポルトガルの野の花

キク科、ケンタウレア属、多年草、

学名:Centaurea debeauxii、和名:ソウゲンヤグルマギク(草原矢車菊)、英名:Chalk Knapweed

2014年6月3日、7月3日、2015年6月23日、7月5日、ポルトガル、コスタ・アズール地方で撮影

 

ケンタウレア・デベアウシCentaurea debeauxiiの花。

 

6月~9月開花。花の直径は1、5cmほど。

 

花色の変化はあまりない。

 

草丈は50cmから1mほど。

 

日照りの強い乾燥地から半日陰にも自生。

 

山道の沿道の崖に。

 

木漏れ日の中で。

 

大西洋を望む崖っぷちで。

 

ケンタウレア・デベアウシCentaurea debeauxii でした。 

©2015  MUZVIT

 

ポルトガルの野の花もくじ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リヌム・トリギヌム Linum trigynum

2015-07-30 09:50:24 | ポルトガルの野の花

アマ科、リヌム属、地中海沿岸地域原産の一年草、

学名:Linum trigynum、和名:キバナアマ(黄花亜麻)、

英名:French Flax、葡名:Linho-bravo、

2014年5月30日、8月3日、2015年7月4日、7月20日、ポルトガル、コスタ・アズール地方で撮影

 

リヌム・トリギヌムLinum trigynumの花。

 

普通は淡いブルーの花だが、黄色い花は珍しい。この場所で初めて見つけた。

 

小さな黄色花を付けるアマの仲間。

 

 花の直径は1cmほど。

 

常に風に揺られて、なかなか写真に納まらない。

 

 草原や田舎道の沿道などにぽつりぽつりとあり、あまり群生はみない。

 

草丈は10~50センチほど。

 

 

 

リヌム・トリギヌムLinum trigynumでした。 

©2015  MUZVIT

 

 

ポルトガルの野の花もくじ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネペタ・トゥベロサ Nepeta tuberosa  

2015-07-29 09:06:59 | ポルトガルの野の花

シソ科、ネペタ属、シシリア、イベリア半島原産、

学名:Nepeta tuberosa、英名:Catmint、 

2014年6月3日、2015年5月6日、ポルトガル、コスタ・アズール地方で撮影

 

ネペタ・トゥベロサNepeta tuberoseの花。

 

花期は4月から5月。

 

花穂は20センチほど。

 

草丈は30センチから60センチほどになる。

 

山道の沿道に群生。

 

石や岩などの多い場所を好む。

 

葉は8センチほどで、柔らかい。

 

種小名のtuberosaはラテン語のtuberous=塊茎のある、の意。

 

ネペタ・トゥベロサNepeta tuberosaでした。

©2015  MUZVIT

 

ポルトガルの野の花もくじ

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トリフォリューム・インカラツム Trifolium incarratum

2015-07-28 09:57:27 | ポルトガルの野の花

マメ科、シャジクソウ(トリフォリウム)属、ヨーロッパから西アジア原産、耐寒性一年草、

学名: Trifolium incarnatum、和名:クリムソンクローバー、ベニバナツメクサ(紅花詰草) 、

英名:Crimson clover、Italian clover、葡名:Trevo-vermelho、

2013年5月、2015年5月7日、ポルトガル、アレンテージョ地方で、2014年、4月22日、コスタ・アズール地方で撮影

 

トリフォリューム・インカラツム Trifolium incarratumの花。

 

日当たりのよい牧草地や草原に自生。

 

草丈は50~60cmほど。

 

3月から5月ごろ、穂状花序に深紅色の花を咲かせる。

 

鮮やかな真紅のクローバー、めったに見かけない花。

 

花穂は4cmほどで、この種類では大型。

 

シャゼンムラサキやシレネのあいだに真っ赤なトリフォリューム・インカラツム。

 

日本には牧草として栽培されたものが野生化しているという。

 

種小名のincarnatumは赤い、紅色の意。

トリフォリューム・インカラツム Trifolium incarratumでした。

©2015  MUZVIT

 

ポルトガルの野の花もくじ

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トリフォリウム・ステラツム Trifolium stellatum

2015-07-27 09:33:40 | ポルトガルの野の花

マメ科、シャジクソウ(クローバー)属、地中海沿岸地域原産の1年草、

学名:Trifolium stellatum、英名:Starry Clover(星空のクローバー)、仏名:trèfle étoilé、

2014年4月23日、2015年4月29日、5月5日、ポルトガル、コスタ・アズール地方で撮影

 

日当たりの良い岩場や荒地、谷などに自生。これは星型になる前の新鮮な花。

 

草丈は8cm~25cmほど。

 

これは花の後のドライフラワー状態。

 

直径は1,5cmほど。

 

まだ咲き始めの新鮮な花も混ざっている。

 

アナガリス・モネリ Anagallis monelliなどと一緒に。

 

種小名のstellatumはラテン語のstellaria=星のような、の意。

 

まだ顎は緑色の状態。徐々に赤く色づく。 

 

トリフォリウム・ステラツムTrifolium stellatumでした。

©2015  MUZVIT

 

ポルトガルの野の花もくじ

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シレネ・ラティフォリア Silene latifolia

2015-07-24 08:56:35 | ポルトガルの野の花

ナデシコ科、シレネ(マンテマ)属、地中海沿岸地域原産、2年草、

学名:Silene latifolia、

和名:ヒロハノマンテマ(広葉マンテマ)、マツヨイセンノウ(待宵仙翁)、

英名:White Campion、

2011年3月10日、ポルトガル、コスタ・アズール地方で、2014年5月19日、エストレマドーラ地方で、2015年6月13日、ベイラ地方で撮影

 

枝分かれしてまばらな円錐花穂を出し、短い柄の上に白花をつけ、夕方開花して香気を出す。

 

茎は直立し、茎毛密生、茎上部腺毛白あり、雌雄異株。

 

高さは40~80センチほど。

 

花茎の先に3センチほどの花弁に裂け目のある白い花をつける。

 

種小名のラティフォリアlatifoliaは「幅の広い葉」という意味。

 

ポプリ、サラダ、野菜料理、スープなどに利用。

 

日本には明治時代初期に観賞植物として渡来したものが帰化している。

 

和名のマツヨイセンノウ(待宵仙翁)は夕方から花が開くので、同様に夕方から開くマツヨイグサの名を借り、また同じナデシコ科のセンノウの名を借りたものだという。

 

シレネ・ラティフォリアSilene latifoliaでした。

©2015  MUZVIT

 

ポルトガルの野の花もくじ

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミクロメリア・グラエカ Micromeria graeca

2015-07-22 09:49:38 | ポルトガルの野の花

シソ科、ミクロメリア属、地中海沿岸地域原産、

学名:Micromeria graeca、英名:Greek Savory、

2010年4月29日、2014年4月23日、5月10日、2015年4月29日、ポルトガル、コスタ・アズール地方で撮影、

 

ミクロメリア・グラエカMicromeria graecaの花。

 

地中海地方の矮性の芳香性低木。

 

開花期は4月から7月。

 

不毛な草原や崖、岩が多い地帯に生息。

 

背丈は10~50センチほど。

 

ミクロメリア・グラエカMicromeria graecaでした。

©2015  MUZVIT

 

ポルトガルの野の花もくじ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マルバ・パルビフロラ Malva parviflora

2015-07-21 10:15:37 | ポルトガルの野の花

アオイ科、ゼニアオイ(マルバ)属、地中海沿岸地域原産、

学名:Malva parviflora、和名:ウサギアオイ(兎葵)、ハイアオイ(這い葵)

英名:Least Mallow、Cheeseweed、Cheeseweed Mallow、Egyptian Mallow、Little Mallow、Marshmallow、Small-flowered Mallow、Small-flowered Marshmallow、Smollflower Mallow、

2015年7月19日、20日、ポルトガル、コスタ・アズール地方で撮影

 

花弁の長さ4~5㎜の小さな白色~淡紅色の5弁花、柄が短く、数個、固まってつく。

 

萼は長さ約3㎜。

 

茎は直立~斜上する。

 

葉は幅2~8㎝、互生し、長柄がつき、掌状に浅く5~7裂し、鈍い鋸歯縁。

 

果実は直径5~7㎜、扁平で、普通、10個に分果し、背面が網状となり、短毛がある。(wikipediaより)

 

 

 

ポルトガルでは真夏の枯れ野原で強烈な太陽にさらされながら、頑張って咲いていた。

 

オーストラリアや北アメリカなどに帰化し、害草となっている。

 

マルバ・パルビフロラMalva parvifloraでした。

©2015  MUZVIT

 

ポルトガルの野の花もくじ

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カルリナ・コリムボサ Carlina corymbosa

2015-07-17 09:32:01 | ポルトガルの野の花

キク科、カルリナ属、地中海沿岸地域原産、

学名:Carlina corymbosa、和名:カルリナ・コリムボサ、

英名:Clustered Carline Thistle、葡名:Cardo-amarelo、

2008年8月、2014年7月29日、8月3日、2015年7月4日、ポルトガル、コスタ・アズール地方で撮影

 

カルリナ・コリムボサCarlina corymbosaの花。

 

花の直径は4cmほど。

 

草丈は10~90cmほど。

 

羽状の葉がロゼットに広がり硬い棘が非常に多い。

 

まるで枯れ草かドライフラワー。

 

葉は枯れてしまっているが未だ蕾は残っている。

 

大西洋の水平線が見える平原に群生するカルリナ・コリムボサCarlina corymbosa。

 

草丈はほんの10cmほど。一つの花をつける。

 

カルリナ・コリムボサCarlina corymbosa別名ドライアンドラでした。   

©2015  MUZVIT

 

ポルトガルの野の花もくじ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビスクテラ・ラエビガタ Biscutella laevigata

2015-07-16 12:19:11 | ポルトガルの野の花

アブラナ科、ビスクテラ属、

学名:Biscutella laevigata、英名:Buckler Mustard、仏名:Biscutella a lunettees、

2015年6月13日、ポルトガル、ベイラ地方で撮影

 

高山性の菜の花。

 

5~8月に開花。

 

草丈は10~30cm。

 

葉は細長く根元から。

 

花は4~8mmの淡黄で4弁の小花が茎頂に咲く。

 

種子は扁平でメガネ形。

 

種小名のlaevigataは「無毛、平滑な、磨いた」の意。

 

 

 

ビスクテラ・ラエビガタBiscutella laevigataでした。

©2015  MUZVIT

 

ポルトガルの野の花もくじ

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ペディクラリス・シルヴァチカ Pedicularis sylvatica

2015-07-15 09:10:15 | ポルトガルの野の花

ゴマノハグサ科、シオガマギク属、

学名:Pedicularis sylvatica、英名:Lousewort、仏名:Pediculaire des bois、

2009年6月21日、2015年6月13日、ポルトガル、ベイラ地方で撮影

 

高山の湧き水の近くに咲いていた。

 

草丈3センチほど。

 

 

 

背丈の低い草の中に埋もれるように咲いている。

 

 

 

 

 

ピントが合わせづらい。

 

ペディクラリス・シルヴァチカ Pedicularis sylvaticaでした。

©2015  MUZVIT

 

ポルトガルの野の花もくじ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒペリクム・カルシヌム Hypericum calcynum

2015-07-14 08:49:12 | ポルトガルの野の花

オトギリソウ科、オトギリソウ属、小アジア、ヨーロッパ南部原産、常緑小低木、

学名:Hypericum calcynum、和名:セイヨウキンシバイ(西洋金糸梅)、ヒペリカム・カリシナム、

英名:Rose of Sharon、Aaron’s Breard、Great St-john’s Wort、Jerusalem Star、

2014年6月21日、2015年6月13日、ポルトガル、ベイラ地方で撮影

 

明るい黄色の花を咲かせる。

 

常緑小低木で枝は垂れ、地下茎を伸ばして繁殖していく。

 

花期は6~7月頃。

 

属名のHypericumはギリシア語で聖像の上の意。古代ヨーロッパで悪霊を払うために聖像の上にこの植物をつり下げたところからついた名という説がある。

 

なお、ヨーロッパにおける聖ヨハネ祭(夏至の日にあたる)では、ドイツやイギリスの一部で現在でも悪霊を追い払うためにセイヨウオトギリを窓辺に挿す風習があるという(「週刊朝日百科 世界の植物」朝日新聞社 1975 より)。

 

種小名のcalycinumは萼が残るの意。

 

挿し木でふやして背を低く仕立て、グランドカバーのように植えられることが多い。

 

ヒペリクム・カルシヌムHypericum calcynumでした。

©2015  MUZVIT

 

 

ポルトガルの野の花もくじ

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ガリウム・モルゴ Galium mollugo

2015-07-13 09:18:25 | ポルトガルの野の花

アカネ科、ガリウム属、ヨーロッパのデンマークからポルトガルまでとモロッコに分布、

学名:Galium mollugo、和名:トゲナシムグラ(刺無葎)、ヤセイアカネ(野生茜)、カスミムグラ(霞葎)、

英名:White Bedstraw、Hedge Bedstraw、False Baby’s Breath、White Madder、

2015年6月13日、ポルトガル、ベイラ地方で撮影

 

ガリウム・モルゴGalium mollugo の花。草丈は15cmから1メートル。

 

葉は長楕円形で6~8枚輪生する。

 

枝先の円錐花序に、径3mmほどの白色の花をつける。

 

ポルトガルでは高山地帯の道路脇などで多く見られる。

 

葉は表裏無毛で、縁にのみ刺状の短毛。茎、果実は無毛。

 

這い拡がる多年草。

 

小さなかわいい花。

 

ガリウム・モルゴGalium mollugoでした。

 ©2015  MUZVIT

 

ポルトガルの野の花もくじ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キナラ・スコリムス Cynara scolymus

2015-07-12 09:22:12 | ポルトガルの野の花

キク科、チョウセンアザミ(キナラ)属、地中海沿岸地域原産の耐寒性多年草、

学名:Cynara scolymus、和名:チョウセンアザミ(朝鮮薊 )、アーティチョーク、

英名: Artichoke, Globe artichoke、伊名:Carciofo、仏名:Artichaut、葡名:Alcachofra、

2015年6月23日、ポルトガル、コスタ・アズール地方で撮影

 

地中海沿岸やカナリー諸島が原産。大きな蕾のなかにある軟らかい萼と花托が食用にされ、とくにフランスやイタリアではポピュラーな食材。

 

草丈は1~2.5メートルにもなり巨大、葉は羽状に深く裂ける。

 

夏に大きな頭状花序をだし、淡い紫色の筒状花を咲かせる。

 

古代から栽培されてきたキク科のハーブで、多くの種類がある。カールドンという野生の大アザミが原種といわれ、最初はセロリのように葉柄を食べていたが、花も美味しいと気付き、15世紀のイタリアで改良された。以後欧米で盛んに育てられている。

 

食用とするには、まずつぼみをレモンなどと共に茹でるか、蒸す。そして、花及び果実の冠毛になる繊毛を取り除き、蕚状の苞片を外から剥き、苞片基部の肉質部分を歯でしごくように食べ、最後に花托部分を切り分けて食用とする。食用部分はでんぷんに富んでおり、食感はいもに似ている。水溶性食物繊維に富む。

 

葉にはシナリンを含み、肝臓の解毒に効果がある。 シナリンには味蕾の甘味受容体の働きを阻害し、アーティチョークを食べたあとに食べるものの味をなんでも甘く感じさせてしまう働きがある。そのため、アーティチョークに上質なワインは合わないとされている。

 

日本には江戸時代にオランダから渡来した。

 

19世紀末からイタリア移民のグループがカリフォルニアで大規模にアーティチョークを栽培し、ニューヨークのイタリア系マフィアの資金源となっていた。1920年代、マフィアの封じ込めに力を注いでいたニューヨーク市長ラガーディアは市にアーティチョーク禁止令を出したが、アーティチョークの魅力に抗えず1週間後には取り下げられた。(Wikipediaより)

 

キナラ・スコリムスCynara scolymus でした。   

©2015   MUZVIT

 

ポルトガルの野の花もくじ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ルメックス・インデュラツス Rumex induratus

2015-07-11 08:42:22 | ポルトガルの野の花

タデ科、スイバ(ギシギシ)属、多年草、

学名:Rumex induratus、西名:Acedera Redonda、葡名:Azeda-das-paredes、

2015年6月13日、ポルトガル、ベイラ地方で撮影

 

花の時期は5月から8月。

 

タデ科には50–60属、約1100種があると言われている。

 

ポルトガル名は「壁につく酸っぱいもの」という意味?スイバ(ギシギシ)属Rumexには約200種があり、北半球の温帯を中心に世界的に分布する。日本にも3-12属約70種が自生または帰化している。

 

花は子房上位で放射相称、萼と花弁の区別はなく花被片は4から6個で、花後も宿存して果実を包むものが多い。総状または穂状花序をなす。

 

果実は偏平または3稜形で種子を1個含む。托葉があり、鞘状に茎を抱くものが多いが、広がって本物の葉と同じくらい大きくなるものもある。

 

属名 のRumexは、槍の一種を示すラテン語で、スイバのように葉の形が槍の穂先に似ていることから命名されたもの。

 

スイバ(ギシギシ)属Rumexは湿地または水分の多い土地に生えるものが多い。革質ないし多肉の葉をロゼット状に出し、茎を伸ばして先に円錐花序をつける。茎につく葉は基部の葉より小さく形が異なることが多い。

 

花は風媒花で、両性または単性、さらにスイバなど雌雄異株のものもある。スイバは性染色体により性が決まることが知られている。花は緑色または赤褐色。花被片は6個あり、内側の3個は花後大きくなり、果実を包む。雄蕊は6本、雌蕊の花柱は3本に分かれ先は房状になる。果実は種子を1個含む三稜形の痩果。

 

スイバ属のスイバ、ヒメスイバ、ギシギシは、食用として利用されることがある。ヨーロッパなどの一部の国ではこれらを野菜として栽培する。シュウ酸を多く含むので酸味がある。また民間薬として用いられたものもある。エゾノギシギシの葉はヨーロッパでバターを包むのに用いられた。(wikipedia)

©2015  MUZVIT

 

ポルトガルの野の花もくじ

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加