The wild flowers of Portugal. ポルトガルの野の花 

学名など判ったものだけ明記しています。和名などをご存知の方はどうか教えてください。

プテロケファリディウム・ディアンドゥルム Pterocephalidium diandrum

2018-08-05 10:38:31 | ポルトガルの野の花

マツムシソウ科、Dipsacaceae、プテロケファリディウム属、イベリア半島の固有種、一年草、

学名:Pterocephalidium diandrum、

英名:Two-stamen scabiosa

2011年6月10日、2016年7月13日、ポルトガル、ベイラ地方で、2017年6月13日、アレンテージョ地方で撮影、

 

プテロケファリディウム・ディアンドゥルム  Pterocephalidium diandrum の花。

 

イベリア半島の固有種。

 

草丈 70 センチほど。

 

 

 

 

 

葉は細い。

 

 

 

花の咲き終ったあとは、綿毛状になる。

 

プテロケファリディウム・ディアンドゥルム  Pterocephalidium diandrum でした。

©2018 MUZVIT

 

和名は、学名の音読みから。属名はギリシャ語のptero(=翼)とcephal(=頭)の合成語から。種小名は「2雄蘂の」の意。

プテロケファリディウム・ディアンドルムはスイカズラ科(←マツムシソウ科)の1年草である。本種はイベリア半島の固有種で、概して砂壌地に自生する野草である。草丈は30~70㎝程度となる。茎は直立し、上部で分枝をする。葉は、殆ど棒状になった線形で、茎に対生する。葉は主脈部位を中心に湾曲し舟底形となる。葉の裏面には白色の細毛がつく。6~7月頃、葉腋から20㎝程度の長さの花柄を出し、その先に径6~14㎜程度で桃紫色の筒状花を散形状に多数つける。花冠は3裂し,上唇は更に2裂する。学名に示されるように雄蕊は2個となる。開花後には、径7~8㎜程度の盃状となり、縁部に白色の毛様体状翼を多数つける。やがて、最終的には15㎜程度の刺状突起と化し、色も赤紫色となる。 プテロケファリディウム・ディアンドルム 

 

プテロケファリディウム・ディアンドゥルム Pterocephalidium diandrum(1)へ

 

ポルトガルの野の花 もくじへ

 

ジャンル:
植物
コメント   この記事についてブログを書く
« ゲラニウム・ロベルチアヌム... | トップ | フォエニクルム・ヴルガレ F... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ポルトガルの野の花」カテゴリの最新記事