The wild flowers of Portugal. ポルトガルの野の花 

学名など判ったものだけ明記しています。和名などをご存知の方はどうか教えてください。

オルニソプス・ペルプシルス Ornithopus perpusillus

2018-08-03 09:09:41 | ポルトガルの野の花

マメ科、Fabaceae、ツノウマゴヤシ(オルニソプス)属、アイルランド・イギリス・イタリア・オランダ・スイス・スウェーデン・スペイン・デンマーク・ドイツ・フランス・ベルギー・ポルトガル・ルーマニア原産、

学名:Ornithopus perpusillus、

和名:ヒメツノウマゴヤシ、英名:Little White Bird's-foot、

葡名:Senradela-brava、Serradela-brava、Serradela-miúda

2016年6月16日、2017年5月23日、2018年6月20日、ポルトガル、ベイラ地方で撮影、

 

オルニソプス・ペルプシルス  Ornithopus perpusillus  の花。

 

標高 1500 メートル付近で確認。

 

花は極小で 5 ミリほどしかない。

 

草丈は 10 センチほど。

 

英名は小さな白い鳥の足。

 

 

 

 

 

 

 

オルニソプス・ペルプシルス  Ornithopus perpusillus  でした。

©2018 MUZVIT

 

GKZ植物事典より 和名は、小形種のツノウマゴヤシの意から。属名はギリシャ語のornis(=鳥)とpus(=足)の合成語から。莢果の様子を示している。種小名は「非常に小さい」の意。

ヒメツノウマゴヤシはマメ科の一年草である。草丈は30㎝程度となる。葉は羽状複葉で、小葉は長さ2~8㎜程度の楕円形で、7~13対がつく。小葉は、全縁、鋭頭~鈍頭、無柄で、両面に長細毛を持つ。6~9月頃、白色~淡桃色で喉部に赤色の条線模様が入った長さ3~6㎜程度のマメ科特有の蝶形花が枝先に数個が散形状につく。花後には線状の莢果をつけ、4~7節にくびれを見せる。果実の先端は尾状に伸びて嘴状となる。種子は赤褐色の腎臓形。本種は、原産地の項に記したように西ヨーロッパが原産地であるが、牧草と一緒に世界各地に移動し、今や温帯地域の各国では帰化状態にある。我が国でも、1950年代以降、帰化植物として定着を見ている。 オルニソプス・ペルプシルス GKZ植物事典より 

 

オルニソプス・ペルプシルス  Ornithopus perpusillus (1)へ

 

ポルトガルの野の花 もくじへ

 

ジャンル:
植物
コメント   この記事についてブログを書く
« クレピス・ビエンニス Crepi... | トップ | ゲラニウム・ロベルチアヌム... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ポルトガルの野の花」カテゴリの最新記事