The wild flowers of Portugal. ポルトガルの野の花 

学名など判ったものだけ明記しています。和名などをご存知の方はどうか教えてください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

サルビア・ミクロフィラ Salvia microphylla

2017-09-23 08:55:16 | ポルトガルの野の花

シソ科、Lamiaceae、サルビア(アキギリ)属、アメリカ、テキサス州~メキシコ原産の落葉低木、

学名:Salvia microphylla、和名:チェリー・セージ、

英名:Cherry Sage、Baby Sage、Graham’s Sage、Blackcurrant Sage、葡名:Rapazinhos、

2014年4月17日、2017年7月12日、ポルトガル、アレンテージョ地方で、2015年1月12日、コスタ・アズール地方で撮影

 

メキシコ北部のチワワ州が原産。

 

高さは1.5メートルほどになり、茎の基部は木質化。

 

葉は卵形で対生し、縁には鋸歯がある。

 

4月から11月ごろ、茎頂や葉腋から花序をだし、赤色の花を咲かせる。

 

茎先や葉の脇から総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、赤い唇形の花をつける。

 

葉は小さな卵形で、向かい合って生える(対生)。

 

花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)である。

 

英名でいうチェリー・セージはサルビア・ミクロフィラ(Salvia microphylla)を指す。

 

属名の Salvia はラテン語の「salvare(治療)」からきている。薬用になるものが多いことから名づけられた。

 

種小名の microphylla は「小さい葉の」という意味である。サルビア・ミクロフィラSalvia microphylla でした。 

©2017 MUZVIT

 

GKZ植物事典より 和名は学名の音読みから。属名は、salvo(=健康でいる)に由来し、この属には薬草として用いられる植物が多いため。種小名は「小葉の」の意。

サルビア・ミクロフィラは、シソ科の半常緑樹である。日本の園芸界ではサルビア・グレッギー種と共に、本種も「チェリー・セージ」名で流通している。樹高は1~1.5m程度。葉は卵形で、縁部には鋸歯を持ち、先端部は鈍頭で茎に対生する。4~10月頃、茎上部に穂状花序を出し、径1~1.5㎝程度で赤色の唇花をつける。本種の葉や茎には芳香がある。 日本への渡来時期不詳。 サルビア・ミクロフィラ GKZ植物事典より 



ポルトガルの野の花 ブログもくじへ 

 

ジャンル:
植物
コメント   この記事についてブログを書く
« ペルシカリア・ロンギセタ P... | トップ | フランケニア・ラエヴィス F... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ポルトガルの野の花」カテゴリの最新記事