The wild flowers of Portugal. ポルトガルの野の花 

学名など判ったものだけ明記しています。和名などをご存知の方はどうか教えてください。

トリフォリウム・アングスティフォリウム Trifolium angustifolium

2018-08-07 11:20:44 | ポルトガルの野の花

マメ科、Fabaceae、シャジクソウ属、地中海沿岸地方原産、1年草、

学名:Trifolium angustifolium、和名:トガリバツメクサ(尖葉詰草)、

英名:Narrowleaf Crimson Clover、Narrow Clover、Narrow-leaved Clove、

葡名:Rabo-de-gato、Trevo-de-folhas-estreitas、Trevo-massaroco、

2010年4月15日、5月16日、2012年6月3日、2015年5月7日、ポルトガル、アレンテージョ地方で、2016年5月31日、2018年5月23日、コスタ・アズール地方で撮影、

 

トリフォリウム・アングスティフォリウム Trifolium angustifolium の花。

 

穂の長いクローバーの仲間。葉もとても細長い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トリフォリウム・アングスティフォリウム Trifolium angustifolium でした。

©2018 MUZVIT

 

GKZ植物事典より 和名は、学名の直訳から。属名は、「三葉の」の意。種小名は「狭葉の、細葉の」の意。

トガリバツメクサはマメ科の1年草である。本種は、全草が短黄褐色の細毛に覆われている。茎は直立し、草丈は、10~50㎝程度となる。葉は3出複葉で、 小葉は線形で、先端部は鋭頭、縁部は全縁、基部は葉柄に連なり茎に互生する。5~7月頃、茎頂に穂状花序を出し、短桃色の小花を多数つける。花は蝶形花で あるが、縦長となる。萼片は、銀白色の軟細毛に覆われる。 本種は、現在、世界各地で帰化状態にあり、日本でも例外ではなく、各地で野生化していることが報告されている。トリフォリウム・アングスティフォリウム GKZ植物事典より 

 

トリフォリウム・アングスティフォリウム Trifolium angustifolium (1)へ

 

ポルトガルの野の花 もくじへ

 

ジャンル:
植物
コメント   この記事についてブログを書く
« フォエニクルム・ヴルガレ F... | トップ | トリフォリウム・ヴェシクロ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ポルトガルの野の花」カテゴリの最新記事