The wild flowers of Portugal. ポルトガルの野の花 

学名など判ったものだけ明記しています。和名などをご存知の方はどうか教えてください。

ケンタウリウム・プルケリマ Centaurium pulcherrima

2022-05-30 09:53:20 | ポルトガルの野の花

リンドウ科、Gentianaceae、シマセンブリ(ケンタウリウム)属、ヨーロッパ原産、多年草、

学名:Centaurium pulcherrima、

和名:コマチリンドウ(小町竜胆)、

英名:Lesser Centaury、

2014年6月12日、2016年6月5日、9日、2020年5月21日、28日、ポルトガル、コスタ・アズール地方で撮影、

 

花の直径は3mmほどで、写真のピントが取りづらいほど小さい。日当たりの良い草むらや道端に咲く。

 

草丈は5~7cmほど。花冠は5つに裂ける。

 

葉は楕円形で、向かい合って生える(対生)。開花時期は5月から9月。

 

リンドウ科シマセンブリ属(ケンタウリウム属)の越年草。ケンタウリウム属は世界に30種くらい分布する。属名の Centaurium はギリシャ神話に登場する「ケンタウルス(Centaurus)」に由来する。

 

ケンタウリウム・プルケリマ Centaurium pulcherrima でした。

©2022   MUZVIT

 

(GKZ植物事典より) 属名は、古代ギリシャ語の植物名 kentaurion に由来していると言う。種小名は、「美しい」の意。

ケンタウリア・プルケリマはリンドウ科の多年草である。草丈は5~7㎝程度。葉は楕円形で、全縁、鋭頭、無柄で茎に対生する。5~9月頃、茎頂に円錐花序を出し、径3㎜程度でピンクの筒状花をつける。花冠は5裂する。(GKZ植物事典より) 

 

ポルトガルの野の花 ブログもくじへ


コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« サルビア・プラテンシス Sal... | トップ | ティムス・セルピルム Thymu... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ポルトガルの野の花」カテゴリの最新記事