必勝!合格請負人 宅建試験編

資格講座の講師をしています。役立つ情報を提供します。

ワンポイント解説(宅建業法・瑕疵担保履行法)

2013-10-26 | Weblog
宅建業法

問26   役員が道路交通法違反で罰金刑=欠格事由でないので、法人も免許を取り消されることはない

問27   免許の取消処分を受けた場合でも、営業保証金を取り戻すことは可能

問28   登録番号、いつ(年月日)、いくら(取引価格)を通知する。アは「誤り」、イ・ウは「正しい」

問29   管理人(会社)の名前(商号又は名称)、住所(主たる事務所の所在地)は借主に説明・・・「戦艦隊」

問30   建物の貸借でも「危ないところにあるときは、その旨

問31   イ・ウのみ「正しい」 アは「自ら貸借」、エは業者間取引においても適用

問32   イ・ウのみ「正しい」 (貸借の媒介・代理契約は“規制対象外”なので違反しない、ウは確認済なので違反しない

問33   売買の媒介で「共用部分」に関する規約の定め(案を含む)が「あるときは説明」しなければならない

問34   代理・媒介の依頼を受けていない事務所は“事務所等”ではない 月曜から起算して8日目は、翌週の月曜

問35   イ(引渡しの時期)とウ(借賃の額、時期、方法)は“必要的記載事項”「陶磁器製の大仏!」

問36   主任者しかできないのは37条書面の“記名押印”だけ “交付”は主任者以外でも可

問37   違反しないのはウのみ 2倍、2倍

問38   損害賠償の予定額と違約金の額を合算した額が代金の10分の2Justは可

問39   1.保証協会がやってくれる 2.還付充当金は保証協会に納付 3.加入しようとする日までに

問40   プロ対プロは待ったなし! 宅地建物取引業者である買主

問41   事務所には、「標識」の掲示義務

問42   登録消除処分ができるのは登録先の知事だけ この場合は甲県知事

問43   不正または不誠実な行為をするおそれが明らかな者は免許不可  

問44   アみんな(30日以内に)届出 イ免許 ウ専任? エ主任者証を提出しなかったら10万円以下の過料


瑕疵担保履行法

問45   1.宅建業者でない 2.基準日の翌日から起算して50日経過以後 3.売買契約を締結するまで「前説」

は得点していただきたかった問題


【宅建個別相談会】のお知らせ

10/27(日)  13:00~16:00 @立川本校
10/30(水)  17:00~20:00 @甲府本校
11/02(土)  13:00~16:00 @水道橋本校
11/03(日)  13:00~16:00 @新宿エルタワー本校
11/04(月・祝)13:00~16:00 @渋谷駅前本校

コメント   この記事についてブログを書く
« 【宅建個別相談会】のお知らせ | トップ | ワンポイント解説(法令上の... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事