竹倉蔵本 - MMDAgent

開発者向け。調査・考察メモ。テーマは、「MMDAgent」です。
※※※無期休止中※※※

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

MMDAgentベータ版の動作確認用FSTスクリプト[Ver.1.00]-01

2011-02-08 20:58:48 | MMDAgent仕様確認
【本FSTスクリプトの説明】
本FSTスクリプトは、MMDAgentベータ版のFSTコマンドの解釈を確認するためのものです。
主要なFSTコマンドの解釈を、数値キー(1~8)を押すことで、確認できます。


【本FSTスクリプトの使用方法】
[1]MMDAgentのインストールを行います。
[2]"MMDAgent_Example"フォルダの"MMDAgent_Example.fst"ファイルのバックアップを行います。
※MMDAgent、および、MMDAgent_Exampleは、公式サイトからダウンロードできます。ライセンスは、こちらから確認できます。
[3]"MMDAgent_Example.fst"ファイルの中の全スクリプトを削除します。
[4]上記のファイルの中に、本FSTスクリプトを追加します。
[5]"MMDAgent_Example"フォルダの直下に、任意のMP3ファイルをコピーします。
[6]上記のMP3ファイルの名前を、「test.mp3」にします。
※test.mp3は、SOUND_STARTコマンド(音楽再生命令)の確認で使用します。
[7]"MMDAgent_Example"フォルダの"MMDAgent_Example.mdf"を、"MMDAgent"フォルダのMMDAgent.exeにドラッグ&ドロップします。
[8]MMDAgentが起動します。
※メイが話している間は、数値キーやハテナキーを押さないでください。また、物音を立てるのも、出来る限り避けてください。


【FSTスクリプト本体】


【FSTスクリプトの再配布条件】
本FSTスクリプトは、
商業目的・非商業目的を問わず、自由に加工・再配布していただいて構いません。
本ブログへのリンクの設定も不要です。
ただし、MMDAgent開発元のクレジットは、明記してください

《注意》
・本FSTスクリプトは、2011年2月7日(月)に作成されたものです。現在の状況では、適用できない可能性があります。
・本記事の内容に基づく行為、および、FSTスクリプトによって生じた損害について、著者は責任を負いません。FSTスクリプトを利用する場合は、自己責任での利用をお願いいたします。

--

//コメント
FSTスクリプトの表示・配布に不安が残ります。
権利関係上の問題がありましたら、ご連絡いただきたいです。

--
コメント   この記事についてブログを書く
« [ニュース]MMDAgentのβ版が... | トップ | MMDAgentベータ版の動作確認... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

MMDAgent仕様確認」カテゴリの最新記事