竹倉蔵本 - MMDAgent

開発者向け。調査・考察メモ。テーマは、「MMDAgent」です。
※※※無期休止中※※※

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

MMDAgentのFSTコマンド解釈法(シナリオ作成方法) _単語編

2011-01-02 18:17:38 | MMDAgent仕様確認


【FSTコマンドの単語】
MMDAgentのFSTコマンドには、下記の八カテゴリーのコマンド・イベントが用意されています。
 ・モデル ・モーション ・移動/回転 ・音楽/画像 ・カメラ/照明 ・音声認識 ・音声合成 ・その他

それぞれのカテゴリーの内容については、下記のコメントをご参照ください。

# [モデル]
#  --command
#  ・モデル追加           MODEL_ADD|モデル変数名|モデルファイル(.pmd)|相対座標|相対回転|基準モデル変数名|ボーン
#  ・モデル変更           MODEL_CHANGE|モデル変数名|モデルファイル(.pmd)
#  ・モデル削除           MODEL_DELETE|モデル変数名
#  --event
#  ・モデル追加時         MODEL_EVENT_ADD|モデル変数名
#  ・モデル変更時         MODEL_EVENT_CHANGE|モデル変数名
#  ・モデル削除時         MODEL_EVENT_DELETE|モデル変数名
# [モーション]
#  --command
#  ・モーション追加       MOTION_ADD|モデル変数名|モーション変数名|モーションファイル(.vmd)|FULL/PART|ONCE/LOOP|ON/OFF|ON/OFF
#  ・モーション変更       MOTION_CHANGE|モデル変数名|モーション変数名|モーションファイル(.vmd)
#  ・モーション削除       MOTION_DELETE|モデル変数名|モーション変数名
#  --event
#  ・モーション追加時     MOTION_EVENT_ADD|モデル変数名|モーション変数名
#  ・モーション変更時     MOTION_EVENT_CHANGE|モデル変数名|モーション変数名
#  ・モーション削除時     MOTION_EVENT_DELETE|モデル変数名|モーション変数名
# [移動・回転]
#  --command
#  ・移動開始             MOVE_START|モデル変数名|x座標,y座標,z座標|GLOBAL/LOCAL|移動速度
#  ・移動終了             MOVE_STOP|モデル変数名
#  --event
#  ・移動開始時           MOVE_EVENT_START|モデル変数名
#  ・移動終了時           MOVE_EVENT_STOP|モデル変数名
#  --command
#  ・二次元回転開始       TURN_START|モデル変数名|x座標,y座標,z座標|GLOBAL/LOCAL|回転速度
#  ・二次元回転終了       TURN_STOP|モデル変数名
#  --event
#  ・二次元回転開始時     TURN_EVENT_START|モデル変数名
#  ・二次元回転終了時     TURN_EVENT_STOP|モデル変数名
#  --command
#  ・三次元回転開始       ROTATE_START|モデル変数名|x軸回転角,y軸回転角,y軸回転角|GLOBAL/LOCAL|回転速度
#  ・三次元回転終了       ROTATE_STOP|モデル変数名
#  --event
#  ・三次元回転開始時     ROTATE_EVENT_START|モデル変数名
#  ・三次元回転終了時     ROTATE_EVENT_STOP|モデル変数名
# [音楽・画像]
#  --command
#  ・音楽再生開始         SOUND_START|サウンド変数名|音楽ファイル(wav/mp3)
#  ・音楽再生終了         SOUND_STOP|サウンド変数名
#  ・床・背景の変更       STAGE|ステージファイル(.xpmd)
#  ・床・背景の変更       STAGE|床画像ファイル(bmp/png/tga),背景画像ファイル(bmp/png/tga) --2011/01/02現在
#  --event
#  ・音楽再生開始時       SOUND_EVENT_START|サウンド変数名
#  ・音楽再生終了時       SOUND_EVENT_STOP|サウンド変数名
# [カメラ・照明]
#  --command
#  ・カメラレンズの色変更 LIGHTCOLOR|赤,緑,青
#  ・照明の位置の変更     LIGHTDIRECTION|x座標,y座標,z座標
# [音声認識]
#  --event
#  ・音声認識開始時       RECOG_EVENT_START
#  ・音声認識終了時       RECOG_EVENT_STOP|認識対象の文字列
# [音声合成]
#  --command
#  ・音声合成開始         SYNTH_START|モデル変数名|ボイス定数名(定義場所:"同名".ojt)|合成対象の文字列
#  ・音声合成終了         SYNTH_STOP|モデル変数名
#  --event
#  ・音声合成開始時       SYNTH_EVENT_START|モデル変数名
#  ・音声合成終了時       SYNTH_EVENT_STOP|モデル変数名
#  --command
#  ・口パク開始           LIPSYNC_START|モデル変数名|音素列(時間情報付き)
#  ・口パク終了           LIPSYNC_STOP|モデル変数名
#  --event
#  ・口パク開始時         LIPSYNC_EVENT_START|モデル変数名
#  ・口パク終了時         LIPSYNC_EVENT_STOP|モデル変数名
# [その他]
#  --command
#  ・タイマー開始         TIMER_START|カウントダウン変数名|カウント数
#  ・タイマー終了         TIMER_STOP|カウントダウン変数名 
#  --event
#  ・キー入力時           KEY|キー
#  ・タイマー開始時       TIMER_EVENT_START|カウントダウン変数名
#  ・タイマー終了時       TIMER_EVENT_STOP|カウントダウン変数名

主要なコマンドの使用例は、
"記事:MMDAgentの動作確認用FSTスクリプト[Ver.0.01]"(FSTコマンドチュートリアル)にあります。

※未実装のコマンド・イベントがある可能性があります。(Ex.TIMER_START)
※FSTコマンドは、"MMDAgent_Example"フォルダの"MMDAgent_Example.fst"に記載されています。
  "MMDAgent_Example"フォルダについては、"記事:インストール方法"に記載があります。
※本記事は、MMDAgentのα版の仕様について、説明したものです。(2011/01/02現在)

--

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« MMDAgentのFSTコマンド解釈法... | トップ | MMDAgentのMDFパラメータ解釈... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

MMDAgent仕様確認」カテゴリの最新記事