竹倉蔵本 - MMDAgent

開発者向け。調査・考察メモ。テーマは、「MMDAgent」です。
※※※無期休止中※※※

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

MMDAgentのMDFパラメータ解釈法(初期設定方法)

2011-01-05 23:41:25 | MMDAgent仕様確認
【本記事の概要】
MMDAgentは、MDFファイルに設定されている各パラメータ(オプション)の値をもとに、
初期起動時の状態を構築します。
本記事では、MDFファイルの各パラメータの概要を、紹介します。
なお、MDFファイルの各パラメータは、テキストエディタ(ex.メモ帳)で編集できます。
※本記事は、アルファ版の仕様説明です。ベータ版には適用できない可能性があります。
※本記事には、未検証の情報が含まれます。そのため、本記事の内容の正当性は、保証できません。


【MDFファイルのパラメータ】

MDFファイルのパラメータについては、下記のコメントをご参照ください。

#【モデル】
#・初期モデルのファイル名 --Initial model file names (*.pmd)
#model_file=モデルファイル(.pmd)のパス
#
#・初期モデルのモデル変数名 --Initial model alias
#initial_model_alias=モデル変数名
#
#
#【モデルの表示】
#・OpenGLの最大マルチサンプル数(輪郭の滑らかさ) --Maximum value of anti-aliasing [0|2|4|8|16]
#opengl_multisample_maxnum=サンプル数(0/2/4/8/16)
#
#・OpenGLの最大マルチサンプル色数(グラデーションの滑らかさ) --Maximum number of color for OpenGV (If NVIDIA, force MSAA)
#opengl_multisample_color_maxnum=サンプル数?
#
#・モデルの枠線の表示ON/OFF --Cartoon rendering flag [true|false] ※初期設定:true
#cartoon_rendering=true/false
#
#・MMDAgentオリジナル枠線の使用ON/OFF --Use MMDAgent original cartoon [true|false] ※初期設定:false
#cartoon_original=true/false
#
#・モデルの枠線の横幅 --Edge width for catroon (> 0.0) [float]
#cartoon_edge_width=横幅
#
#・初期モデルの位置? --Initiali model position (x, y, z)
#model_pos=X座標,Y座標,Z座標
#
#・モデルの回りこみ? --Initial model rotation (w, x, y, z)
#model_rot=幅?,X座標,Y座標,Z座標
#
#・ズーム? --Zoom [float]
#model_scale=倍率?
#
#
#【モデルの表示の調整】
#・枠線の横幅の単位 --Cartoon edge step [float]
#ui_cartoon_edge_step=小数
#
#
#【モーション】
#・初期モーションファイル名 --Initial model alias
#initial_motion_file=モーションファイル(.vmd)のパス
#
#・初期モデルの位置 --Initial model position (0.0,0.0,0.0)
#initial_model_position=(X座標,Y座標,Z座標)
#
#・カーソル目線ON/OFF? ※未定義(2011/01/04現在)
#lookatcursor=true/false?
#
#
#【モーションの調整】
#・フレーム間の最大間隔 --Frame interval [float]
#frame_max_interval=小数
#
#・モーション調整時間 --Motion adjust frame [int]
#motion_adjust_msec=数値(ミリセカンド秒?)
#
#・移動時の単位 --Translate step [float]
#ui_translate_step=小数
#
#・回転時の単位 --Rotation step [float]
#ui_rotate_step=小数
#
#
#【ステージ】
#・床のテクスチャ --Floor texture file (*.bmp, *.png, *.tga, or *.pmd)
#floor_bmp=画像ファイル(.bmp/.png/.tga/.pmd)のパス
#
#・床の幅 --Floor width [float]
#floor_width=横幅
#
#・床の奥行き --Floor depth [float]
#floor_depth=縦幅
#
#・床のタイル数 --Number of tiles for floor [int]
#floor_pattern_num=タイル数
#
#・背景のテクスチャ --Background texture file (*.bmd, *.png, *.tga)
#back_bmp=画像ファイル(.bmp/.png/.tga)のパス
#
#・背景の高さ --Background height [float]
#back_height=高さ
#
#・背景色 --Background color (0.0~1.0) [r, g, b]
#background_color=赤,緑,青
#
#
#【ステージの表示】
#・視覚範囲(FROM) --Viewpoint to near frustum [float]
#viewport_frustum_near=距離
#
#・視覚範囲(TO) --Viewpoint to far frustum [float]
#viewport_frustum_far=距離
#
#・モデルからカメラまでの距離 --Viewpoint from model position [float]
#viewport_camera_z=-距離
#
#・カメラの高さ --Viewpoint of model offset [float]
#viewport_y_offset=-高さ
#
#
#【ステージの表示の調整】
#・ズーム時の単位 --Scale step [float]
#ui_scale_step=小数
#
#
#【照明・影】
#・照明の位置 --Light direction [float]
#light_direction_from=X座標,Y座標,Z座標,影の大きさ
#
#・照明の強さ(直接光) --Light power (diffuse) (0.0-1.0)
#light_intensity=比率
#
#・照明の強さ(間接光) --Light power (ambient) (0.0-1.0)
#light_intensity_ambient=比率
#
#・照明の色 --Light color (0.0-1.0)
#light_color=赤,緑,青
#
#・影の濃さ --Floor shadow rate (0.0-1.0) [float]
#shadow_density=比率
#
#・シャドウマッピング使用ON/OFF --Use shadow mapping [true/false]
#shadow_mapping=true/false
#
#・深度用テクスチャのサイズ(シャドウマッピング) --Depth texture size for shadow mapping [int]
#shadow_texture_size=サイズ数
#
#・セルフシャドウの精度(シャドウマッピング) --Self shadow rate for shadow mapping [float]
#shadow_self_density=精度
#
#・アルファ値への優位性付与ON/OFF(シャドウマッピング) --Give priority to texture alpha for shadow mapping [true/false] ※初期値:true
#shadow_mapping_light_first=true/false
#
#
#【バックミュージック】
#・初期BGM --Initial music file (*.wav, *.mp3)
#music_file=音楽ファイル(wav/mp3)のパス
#
#
#【ウィンドウ】
#・全画面表示ON/OFF --Full screen [true/false]
#fullscreen=true/false
#
#・ウィンドウの横幅 --Window width [pixel]
#window_width=ピクセル数
#
#・ウィンドウの縦幅 --Window height [pixel]
#window_height=ピクセル数
#
#・ウィンドウの常時最上面表示ON/OFF --Top most [true/false]
#top_most=true/false
#
#
#【デバッグモード】
#・ログパネルの調整? --Log panel setting (width, height, x, y, z, scale)
#log_window_param=横幅,縦幅,x座標(始点),y座標(始点),z座標(始点),倍率?
#
#・FPS表示ON/OFF(1秒ごとの表示画像数の表示ON/OFF) --Display FPS [true|false]
#display_fps=true/false
#
#・FPS表示位置 --Position of FPS (x, y, z)
#display_fps_pos=X座標,Y座標,Z座標
#
#・BulletPhysics用のFPS --FPS for Bullet Physics
#bullet_fps=数値
#
#
#【システム】
#・アプリケーションデータの場所 --Application data directory from MMDAgent.exe [dir] ※初期設定:AppData
#system_data_dir=相対パス(EXEファイルからのもの)
#
#・プラグインの場所 --Plugin data directory from MMDAgent.exe [dir] ※初期設定:Plugins
#plugin_dir=相対パス(EXEファイルからのもの)


本記事は、下記のファイルの内容をもとに、作成しました。
詳細な仕様(データ型・初期値等)を確認したい場合は、下記のファイルをご参照ください。
・MMDAgent-alpha\MMDAgent\UserOption.cpp(ソースファイル)

--

//編集履歴
2011/01/06
・system_data_dir ※初期設定:Plugins→※初期設定:AppData
・plugin_dir ※初期設定:AppData→※初期設定:Plugins
2011/01/08
・小数点→小数
2011/02/11
・注意事項の強調・追加
コメント