goo

破門・破産(2018/7/14)

2018-07-14 17:12:46 | どん底に落ちたとき
永安左エ門全集 第3 月報 より

 終戦の混乱時、奥村綱雄が45、6の若さで野村證券の社長に就任、得意満面の表情で松永に報告した。すると松永は「人間、その一生涯で病気、失恋、駆け落ち、勘当、落第、破門、破産等等、失敗を一つでも多く重ねた人間でなければ本当の成功は出来ない。君はいま程度の成功を鼻にかけている様では、前途遼遠だ」と言い切った。

(14年前、T社リストラを言い渡された当時、「破門された」が実感。しかし、この失敗は本当の成功への第一歩だとの、この一節は、勇気を与えてくれた。以来6年、「釣りだ畑だ山登り」と毎日充実した日々で、これで目出度し、目出度しと思っていたら、7年前から次男が会社を4か月で辞めて、我が家に出戻り。親子で失敗を重ねることと、なった。それが峠を越えると、また次のウソー、また次のウソーで窮地に陥りで、なるようになるさの気分。takeda)
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。