武井武雄をあいする会

童画家武井武雄が妖精ミトと遊んだ創作活動の原点である生家。取り壊し方針の撤回と保育園との併存・活用を岡谷市に求めています

松本 猛氏による特別講演会開催のお知らせ

2013年11月24日 17時26分56秒 | あいする会
武井武雄をあいする会の設立趣旨入会申込み生家の保存・活用を求める署名生家保存・活用のための募金


 武井武雄をあいする会では、武井武雄が日本の童画家に与えた影響を具体的に知るため、ちひろ美術館常任顧問、絵本学会会長の松本 猛氏による特別講演会を下記のとおり開催します。
 武井武雄が挿絵を描いた絵本「コドモノクニ」は、当時大評判になり、日本中に武雄ファンが広がりました。武雄の絵のインパクトは、のちの世代に大きな影響を与えました。その一人が いわさきちひろ さんです。絵本のモデルにもなった松本 猛氏からお話をうかがいます。
 大勢の皆様のご参加をお待ちしております。



1 日 時  平成25年12月12日(木)
         午後6時から7時30分まで
         受付・開場  午後5時30分から

2 場 所  岡谷パークホテル SONOMAホール
        長野県岡谷市中央町1-7-13
         TEL:0266-24-0100
          ホームページはこちら


3 講 師  松本 猛氏
          プロフィールはこちら

4 演 題  「武井武雄といわさきちひろ」

5 その他  どなたでも参加できます。参加費は無料です。

6 お問い合わせ先  小口基實 電話 080(3732)3069
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
« タッシェン(TASCHEN)のアンデ... | トップ | 黒柳徹子さんから応援メッセ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

あいする会」カテゴリの最新記事