名古屋市名東区 赤帽タケフジ運送の「ふみ箱」

赤帽の車窓から見える光景

名古屋市名東区の赤帽運送はタケフジへご用命下さい
052-772-5880

大事に乗るつもり

2011年11月30日 | 私のなりわい・運送のこと

 先週土日に二度目の車検に入れる。

現在の赤帽車は五台目です。いずれも三十数万キロ見当走行しました。今回の車は最も走ってないです。四年で二十万キロいってません。仕事量、内容が変化してるんです。

 この車は四十万キロくらいいきたいと思っている。あと四年?でしょうか。体のほうが先にいかれるんとちゃいますか?・・・自分の稼ぎでは130万円の赤帽車を四年で償却はできません。年30万円以上になってしまいますから。

 今回消耗部品(オイル・ブレーキパット)の交換以外、ほとんどいじるところはなかった。タイミングベルト・ダイナモ・プラグ・ウオーターポンプ・バッテリー等・・日頃メンテをしっかりやってるから?・・・でしょうか。車検整備代金は五万五千円ですむ。予想以下でした。でもこれからがイロイロでてくるんでしょうね。体もこれくらい注意してやりましょう。

 次の車はスバルサンバーではない。ダイハツは赤帽のハードドライビングに耐えられるでしょうか。・・・サンバーレベルの期待はムリであろうから、この車をできるだけ整備して乗っていきたい。

コメント

仕事つながる

2011年11月29日 | 私のなりわい・運送のこと

11/28

 AM何もなし。PM続けて3件。6時からミニ引越し。簡単ではあるが相棒もあり。荷を下ろしを始めたら、石川県白山市行きの依頼あり。急いで引越しを済ます。相棒を頼んでいて幸運でした。一人ならば時間がかかり、石川県へはいけませんから。

 荷を取ったのは7時。急ぎでそこそこ飛ばす。着は10時半でした。工場の機械がとまってました。着時間が予定通りでしたので喜んでいました。よかったです。帰りは眠し。少しづつ仮眠しつつ帰宅は3時半でした。

 眠いのを我慢して走る仕事は久しぶりでした。眠る時は眠り、走れるときは走りましょう。

 

コメント

宝くじ当たり!!!

2011年11月27日 | 朝な夕なのこと

11/27

 本日は母の三回忌の法要でした。法要を終え、酒席の場で特別ビッグなハナシがありました。

 500万円宝くじで当たったというものだ!。二年前の葬儀に参列したある縁者が、帰りに名古屋駅のチヤンスセンターにて年末ジャンボを買いました。それが当たったんです。彼の言では、亡くなった私の母のおかげだと・・。

 スゲェ~~うらやましぃ~

 さらに、さらにその続きがすばらしかった。東北津波大震災へ50万円の寄付をしたとのこと!!・・・・感動しました。まことによき法要でした。このような縁者をもってほんとうに幸せ。まことの供養でしょう。母の死が回りまわって被災地のお役にたてたと思うとなおさらです。

コメント

無事帰ってこそ

2011年11月26日 | 私のなりわい・運送のこと

11/25

 本日は基本料金仕事2本と、甲府市までの3本でした。今月は200キロを越える走行は初めてです。今月いまんとこチョイトショボイです。

 甲府市行きは、3時に小牧市で荷を取り走りました。中央道です。恵那山トンネルまでは、調度傾きかけた陽が岐阜の山々を染め見事な色あいでした。トンネルを越えたころは夕焼けでした。南アルプス連山の雪が、あかく染まりこれまた絶景でした。仕事の過程でこれだけ楽しめるのは、運送屋名利につきますね。

 帰りは伊北ICまで下走り。道中ボンヤリで急ブレーキを踏む。久しぶりのドッキリでした。安全第一、最優先でなければいけません。

コメント

初体験・・「人前結婚式」

2011年11月22日 | 朝な夕なのこと

 親類の結婚式が土曜日にありました。これが「人前結婚式」というもので、始めてでした。普通は神式・仏式・キリスト教等なんですが・・。色々ありますね。

 式次第は、神式なら神の御前で二人が誓い合うわけです。今回の人前結婚は、新郎新婦の親族以外の人が、婚姻の「証人」となり、署名をする。そして新郎新婦が参列者の前にて婚姻を誓うわけだ。

 あとの演出は変わりない。極めてシンプルです。節約コースでもあります。冠婚葬祭は、人智を超える何か畏怖するものの前で頭を垂れ誓い祈るもの・・・と思う、古い人間にとっては物足りない感もあります。・・ま・・しかし今風ですね。

 宗教色を好まぬ人もあり、またこれを味気なしと感ずるひともありです。私は後者ですが・・二人の幸せを願う思が色あせることはないですよ。一人ではくじけてしまうことも、二人でなら越えられる。支えあってよき家庭をつくってね。

 

 

 

コメント

仕事の前に「音楽法要」

2011年11月20日 | 仏法

11/20(日)

 今月はことのほか長い仕事がない。もっぱら近場でうろうろしてる。

 本日は久しぶりの100キロ以上の走りでした。京都での引き取りでした。午後からです。朝まだきうちに家を出て、東本願寺の「親鸞聖人七百五十回御遠忌」の音楽法要に参列する。

 平成の大修理が終わった御影堂、なにかキラキラしてました。そのなかでの音楽は荘厳そのものでした。真宗ではおなじみの正信偈(しょうしんげ)の現代和訳は新鮮でした。

 冒頭の帰命無量寿如来(きみょうむりょうじゅにょらい~)とムツカシイ言葉が「光といのちきわみなき」「弥陀のほとけを仰がなん」・・・ですから。

 時々あげる正信偈をこの和訳でおこなおうかと思う。

 昼をすまし、荷を引き取り即刻帰る。充実した日となりました。仕事先にて調度いきたかったところへ行けたんですから。なんだかとても儲かったキモチです。

 京都はいいですね。もすこししたら・・・自転車であっちこっちしたいです。<もう少し>とはいつのことになるでしょうか・・・・わかりません

コメント

寒いのは苦手

2011年11月16日 | 私のなりわい・運送のこと

11/16

 寒くなってきました。苦手です。14~15日は定期と足場やさんの3件の運送と、ミニ家具移動,生花の花器運送等7件の仕事でした。件数だけはにぎやかでした。

 昨日朝一に血液・尿検査に行く。尿は異常なし。血液の結果は明日以降にわかる。尿に多少蛋白がでることがあり、今回も気にしてたがよかったです。「一病息災」でやってきたんですが、一病では済まなくなってくるんでしょうね。 医院を出るときに足場屋さんからTELあり。一日仕事が繋がりました。

コメント

平凡な週・・・これもヨシ

2011年11月12日 | 私のなりわい・運送のこと

11/12 

 毎度の変わりばえのせぬ運送日記です。面倒なので一週分まとめての概略。

 今週は本日分を含めて、13件の運送をする(定期を含む)。いずれもコマイものです。上が80キロ~50キロ程度のが4本、あとは細かいものです。長い仕事は頭の上を飛んでいきました。めぐり合わせが今ひとつです。しかし変哲もない平凡な日々は幸せだ。

 11月下旬は2度目の車検と婚礼・法事と目白押しです。お金が頭の上を飛んでいきます。

 週末はこの間連続で天気が悪かった。今日明日はよさそう。今から一つ午前中にすまして、あとは休み?・・・・。

コメント

たるみに鞭!

2011年11月07日 | 私のなりわい・運送のこと

11/7

 足場屋さんの仕事。朝一にTELあり。一宮の現場まで足場の金具60個の運送。伝票もなし。パレットに山積みのを車に放り込んで出かけようとした。構内でそれを出した方が「勘定したか?」と尋ねられた。今回はしてない。「足りなかったら運送屋の責任になるよ」と・・・。自分の怠慢を愧じる。改めて数をする。間違いなしだが、指摘されたとおりだ。

 ここの仕事は、足場のパーツ他、パイプとか梯子などだ。金具は通常袋にはいっており、数する必要はない場合がほとんどだ。また受け取る現場でも60個を確認することはない。そのクセが今回も「まぁ~いいか」となってしまったわけだ。

 「たるみ」である。注意してくれた人に、自分の非を認め指摘してくれたことに感謝しました。

 運送屋のイロハさえも忘れることがある自分に鞭!の日でした。

 

コメント

デカイ・・ミツバチを運ぶ

2011年11月04日 | 私のなりわい・運送のこと

11/4

絵画・彫刻などの造形物をギャラリーまでの運搬でした。午前中に済まして、のち定期の予定でした。

 毎度の仕事ですので作品を出す方・運ぶ方もさしたる荷の確認なしに出かけた。絵画と焼き物は積めたんですが、造形物がデカイ。2メーターちかくある蜜蜂がありました。

 コリャ1台ではどうにもならん。ギヤラリーは時間制限がほぼないので2回戦で運ぶこととなる。またその蜂が製作途上なので、時間がかかるようだ。一回納めて、その足で定期を・・とも考えたがすこしキツイと判断し、定期は仲間に依頼した。

 2回戦には時間があるのでゆっくり昼食。やっとでき、製作者と共にギヤラリーへ納めました。終了は4時近くでした。一日仕事になりました。結果定期も出来たんですが・・・用心深いというか、やったるぞ・・という気概がないというか・・・でした。

コメント

65年住む

2011年11月04日 | 世間のこと

11/3

穏やかな文化の日、引越しの残り物の運搬でした。大きなものはなし、ダンボールのみ。町並みが古く、軽自動車一台が通るのがやとの路地裏でした。

 長屋が2棟あり、その一番奥の住人でした。ここに住んで65年、終戦直後からです。建物の解体が前の棟から始まっていました。戦後ですから建物は古いの一言です。畳は湿気で反り返えり、床もぐわぐわしてました。移転先は近くの公団の3Fでした。ここが彼女のついのすみかとなるんでしょうか。部屋は比較にならぬ快適さではありますが、人生の大半を過ごした家をあとにする一抹の寂しさがあるように感じられた。

 足腰が弱っているらしく、弟さんが懸命に手伝ってくれました。運賃の他こころずけまで頂きました。

 お体ご自愛下さい。

 

 

コメント

さて11月・・・

2011年11月02日 | 私のなりわい・運送のこと

11/1

 月が変わりました。10月後半はナカズトバズでした。さて11月はどないでしょうか・・・

 定期もこの間休みなので、図書館で暇つぶししてました。そんな時にTELあり。依頼が年に一度ありなしのお客さんでした。浜松まで着払いで・・の仕事でした。天竜川土手が見える工場まででした。運賃を頂きました、それも千円札で。財布が分厚くなりました。

 帰りは急ぐこともない。いつもの「姫街道」で帰る。三ケ日を通る。奥浜名湖は穏やに光ってました。ミカンや柿販売の出店が多い。秋ですね。

 

コメント