名古屋市名東区 赤帽タケフジ運送の「ふみ箱」

赤帽タケフジの車窓から見える光景

名古屋市名東区の赤帽運送はタケフジへご用命下さい
052-772-5880

刀を抜いた時・・半分は失敗

2021年06月02日 | 世間のこと
 朝刊に東大卒で陸自のトップに立った吉田圭秀(よしひで)氏の言葉があった。刀を抜かないために真剣に刀を研ぐ、が持論。決して戦争を起こさぬよう努力する。
「刀を抜いた時には、半分、任務は失敗している」と。
 
 自衛隊創設時の宰相・吉田茂が防衛大学での送辞?で語った言葉。
「自衛隊が国民から歓迎されちやほやされる事態とは、外国から攻撃されて国家存亡の時とか、災害派遣の時とか、国民が困窮し国家が混乱に直面している時だけなのだ。君たちが日蔭者である時のほうが、国民や日本は幸せなのだ」。

自衛隊が半分失敗してる道に踏み込むことなく・・また自衛隊に、日の当る時代があらぬことを・・・
コメント   この記事についてブログを書く
« 掃除のお爺さん | トップ | 今週も・・・ »

コメントを投稿

世間のこと」カテゴリの最新記事