終日暖気

雑記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Jの悲劇

2006-10-24 | 映画

『ENDURING LOVE』2004年イギリス

初見。先日せっかくBSで放映されたのに、録画に失敗したこの作品。
リス・エヴァンス目当てに借りたのをようやく見ることができました。あらすじは→コチラ 
(以下ネタバレあり)

えーと・・・。
めっちゃコワイんですけど、これ!!(涙)
昔から、『危険な情事』とかとても苦手で、途中で挫折してばかりなのです。コワイ(涙)
全然話が通じない、自分だけの世界の中で生きている人間がつきまとってくる恐怖。
久々に見ながら顔が歪む映画で、終始(うわぁぁ~)と助けを呼びっぱなしでした。
とってもうまい!リス・エヴァンス。なんて不気味な!!『悪女』先に見ていてよかった(笑)
原題は「愛に耐えてます」・・でしょうか?
ある日突然起こった信じられないような出来事に巻き込まれた人々の、愛ゆえに湧き出す疑念と妄執に耐え続ける悲劇。
邦題の「Jの悲劇」も巧いと思います。ジョン・モーガン、ジョーイ、ジェッドの連鎖する悲劇。

もう~!ボンド(ダニエル・クレイグ・・ここではジョーイ)ったら、なんでビル・ナイに相談しないのだ!
私、てっきりジェッドはクレアに・・なのか思いました、最初。
でも、こういうのに男も女もないですね。
カメラの動きが面白かったです。これ誰の視点?と誰かに見られているような不安に陥るのです。
ピアノの旋律も不気味でしたし。
ファーストシーンの、斜めの芝生のショットも気持ち悪かったなあ。
気球の浮遊感がわりとそこかしこで反復するのも、思いきり不安を煽るのと同時に、ボンドの心情をよく表してるように感じました。
ボンドは無神論者なのかな、こういう時にすがるものがないのですよね。
理論づくめで無理矢理理解しようとして。指摘されても問題をすり替えるのが得意。
”考えるな、感じろ”がわからない大学教授。
お腹は血ばかり大量に出て驚くけどなかなか○なな
くて痛いばっかりなのよ、と言っていたナースの母の言葉が忘れられない私は、(そういうわけだから頑張るよーにクレア)と思いつつも、なんとも微妙な気持ちになりましたワ。
それにしたって、偏執狂ジェッドのぶっ飛んだ言動に接するたびに、「何が?」「つまり??」と頭に大きな?マークが飛んで目が点になるボンドのお顔が可笑しい~。ちょっと吹いてしまいました。いや、気の毒なんですけども。(ビル・ナイの彫刻も実はちょっと吹いてしまったワタシ。だってビル・ナイなんだもの!)
心って本当にコワイですね。
みんないうなれば想像と妄想で苦しみから逃れられないわけで。
お医者のジョン・モーガン一家、これでシンクも綺麗になるし、ママの笑顔も戻るしで良かったねぇこどもたち、というところでしょうか。
ボンドの受難はいつまで続くのか・・・
当たり前だと思っていた日常が、ジワジワと壊れていく恐怖、思い込みの偏執に愛が絡んだときのおぞましさがよくよく感じられるサスペンスでした

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« ニュー・ワールド | トップ |   
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ゾクゾクしたわ・・。 (みみこ)
2006-10-25 11:55:27
お邪魔します。
あ・・危険な情事はダメでしたか・・
私・・劇場まで観にいっちゃいましたよ。
恐かったけど・・・笑
で・・このお話・・・冗談でしょ・・君~~
って感じですよね(意味不明・・)
完全に思い込んでいる彼なのでお話になりませんよね。ラスト・・・ぞぞぞ~~としませんでしたか。
どこかで自分も見られているのかしら・・・と
考えちゃったり。嫌~~な感じもしましたわ。
悪女のリス・エヴァンス・・はここにはいなかったね・・笑
みみこさま♪ (武田)
2006-10-25 22:04:00
こんばんは

TBとコメントをいただき、ありがとうございます♪

おお!「危険な情事」観にいかれましたか!スゴイです。いかがでしたか?

私、結局途中までしか知らないままなんです…

あの、グレン・クローズがよくよく見たら手首切ってるんじゃ!?というシーンで(もうやめてぇぇぇ)と(笑)



それにしても、このお話!

いやーん、気持ち悪かったですね~~

そうそう、あのラストも、ゾゾゾ~っと。。

>冗談でしょ・・君~~

はい、まったくその通りでしたわ(笑)

まさかリス・エヴァンスがあんなあんな…(ギャ)

とっても奇妙でキモチのワル~~イ男になりきっていて、こちらを先に見ていたら絶対に「悪女」を見ても変てこな気分になってしまったと思います。

なかなか見応えはありましたよね。

でも、やっぱり「悪女」の彼のほうがいい~~。

また、お邪魔させてくださいね♪





この怖さったら・・・ (悠雅)
2006-10-25 22:29:07
武田さん、こんばんは。

ご覧になれたのはいいけれど、思った以上にビビっちゃった武田さん。

そういえば、『パトリオット』だって相当頑張ったんだもんねぇ。

あれは、「あ~~ん。ヒースがこんなに素敵なら、もっと早く観とくんだった~~ん」だったけど、

こっちは「何で観てしもたんやろ」な怖さね。

これは何としても、『家族のかたち』でぼわ~~んとした彼を観て、お口直ししてもらわんとあかんなぁ。。。

あれこれ思い返すに・・・やっぱり怖かったですわ。

気ぃつけんと、明日は何があるかわからない???



それから。

武田さん、バトンをひとつお持ちしました。

お時間のある時で結構です。どうかよろしくお願いします。

(そう言えば、とってもうきうきなバトン、寝かせてあるんだわね、お互い)
悠雅さま♪ (武田)
2006-10-25 23:45:33
こんばんは♪

TBとコメントをいただき、ありがとうございます。

そうなんです!

もう昨夜は怖くて怖くて鳥肌立てて見てしまいました。

面白いしよくできているのだけど、やっぱり怖くて。リス・エヴァンス、なんでこんなに気持ち悪くなれるのぉ?と泣きそうでした(笑)

「家族のかたち」と「愛しい人が眠る間に」、メモを握り締めいくつかレンタル店を回ってみたのですけど置いてないんですよ。も~、梅田まで出ようかな、と考えています。

いい奴のリス・エヴァンスを見直さないと、あの「ジョ・ジョ」と笑う彼ですべてが駆逐されてしまいそうです(笑)



ところで、先ほどお邪魔させていただいたのですけど、うわぁ、これまた素敵なバトンが・・・

嬉しいです♪しっかり受け取らせていただきました。

もうひとつのバトンも、にんまり考え中です♪

映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事