終日暖気

雑記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ベルベット・レイン

2005-10-18 | 映画
今日は、念願の『ベルベット・レイン』を観ることができました。

<以下、興奮して思わずネタバレしたら悪しからず>

先日観に行った友人が「うーん、いまいち物足りなかったかも、私には」とメールをくれていたんで、たいして期待せずに行ったんですが、自分としては意外なほど よいなぁ、好きだなぁと思える映画でした。(たとえ同じでなくても色々な意見を話し合える友人はありがたいですナ)

原題の『江湖』(世捨て人の集う場所から転じて「黒社会」の意)そのものズバリな内容で、もうどうにも哀しい、やるせない話なわけですが。
(中国では上映禁止になったらしいけど、黒社会讃歌の欠片もない因果応報話なのに何故だ??)

嬉しいキャスティングのせいで、『いますぐ抱きしめたい』のジャッキーとアンディが蘇えってきたり、『逃避行』のその後の二人なんだ、これは・・・と思いたくなったり。
なかなか斬新で美しい画を眺めながら、つい感慨深くなってしまいました。
ン・シンリンさんが、とても姉御で切れ者らしいボス妻にピッタリ!もー、貫禄ですな。
彼女が妻ならアンディも安心だよ、みたいな。しかし、途中なぜアンディは口パクになるのだ??

ショーン・ユーとエディソン・チャンは、なるほどそうきたか、という。
今回、おじさま達がほどよく引いていて、この二人を盛り立ててるなぁと感じました。(まぁ、色というか皆様の濃いぃすてきオーラは消しようがないんですが。)
香港映画の今後をよろしく頼む、バックアップは任せろ!みたいな、次世代を羽ばたかせるために兄貴達燃えてるねぇ~!的な熱いものを強く感じて、映画の中ではひたすら走り続けてきた青年期との決別みたいなところもあるんで、それも重なって勝手にまたジーンとしてしまったんでした。
(なんつって、全然見当違いだったらスミマセン。パンフ買えばよかったワ)

編集のしかた等かなり凝ってますが、観ていて特別混乱するわけでなし、音楽も主張が激しくなくて聴きやすかったです。(画を打ち壊すつもりなのか!?というのが意外に多いから)
確かに不思議?な箇所もあるけど、画も綺麗で見ていて面白かったなー。ソファの色合いと模様だとか、料理をもっとよく見せてほしー、とか。
あ、アンディの林檎の皮のむき方は外人さんのようだ。いや、彼は外国の人だが。
(一瞬神経が林檎に集中してるような気合いが見え隠れしないこともなかったけど、スルスルと上手で慣れてるんですねー。皮の幅も均一でお母さん?みたいな)
欲を言えば、ラストもう少し傘を差したまま雨の中を歩いて欲しかったかも。万感込めて黙って歩く二人の画を。

ともあれ、可愛い赤ん坊やチャップマンさん、林雪さんまで観られていい一日でした。
やっぱり映画を観にいくと、疲れもふっとびます。
来年早々、杜峰監督の『ブレイキング・ニュース』(予告面白そうでした!)と
『イエスタディ、ワンスモア』(やはり日本語字幕はありがたいし)も公開されるそうで、嬉しいことこの上ない。
『ブレイキング~』は、ニック・チョンさんが出ているみたいだけど、真面目な役なんだろうか!?

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 決まった!! | トップ | ヘイフラワーとキルトシュー »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
江湖★ (パフィン)
2005-10-19 15:16:27
ブログにコメントありがとうございます!



「アンディの逃避行」ご覧になっていると

この映画は世代交代、因果応報を描いて

いるので感情移入できますでしょう。



アンディの奥さん、ン・シンリンさんだったと教えていただき、嬉しいです



香港映画は必ず観るようにしているので、

これからも感想を交換したりできたら

「ブレーキング・ニュース」の時も

感想交換できるでしょう!!



香港映画好きな方が集まっておりますので、自由にTBでつながりませんか?



相手の記事の下にあるTB用URLをコピーして、自分の記事のTB欄に張ると、相手のブログに入り口ができます。

よかったらTBしてください
TBありがとうございました (武田)
2005-10-19 16:27:04
パフィンさま、コメント&TBしていただきありがとうございました。



TBのやり方も教えていただいてしまって

さっぱりわからなかった(恥)ので、とても助かりました。



ン・シンリンさん、たおやかで凛としていて、いい歳の重ね方をしておられる女優さんですね。

映画を観て初めて気づいたので、余計にじわーんときてしまいました。



今後ともどうぞ宜しくお願いいたします

映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事